直5ターボ搭載、ニュー「フォーカスST」登場
あわせてハイパフォーマンス「STシリーズ」を一新

2006.04.25 自動車ニュース

直5ターボ搭載、ニュー「フォーカスST」登場あわせてハイパフォーマンス「STシリーズ」を一新

フォード・ジャパン・リミテッドは、「フィエスタ」「フォーカス」「モンデオ」に設定されるハイパフォーマンスモデル「STシリーズ」のラインナップを一新。新型に生まれ変わって初の「フォーカスST」を登場させる。発売は、フォーカスSTと「モンデオST220」が2006年6月1日から、「フィエスタST」は6月下旬にリリースする予定。


【写真上】フォーカスST
【写真下】フィエスタST

フォードのSTシリーズは、モータースポーツなどにも関わるフォード・チームRSがエンジンや足まわりなどをチューニングしたハイパフォーマンスモデル。今回の目玉は、2005年8月から日本市場に投入された、新型フォーカスのSTが初登場することだ。

新しいフォーカスSTのパワーソースは、2.5リッター直列5気筒にターボチャージャーを装着したもので、最高出力225ps/6000rpm、最大トルクは32.6kgm/1600-4000rpmを発生する。NAの2リッター直4を搭載した先代に較べると、52psと12.7kgmもアップした。トランスミッションは6MTが組み合わされる。
ボディサイズはノーマルより全長が20mm長く、全長×全幅×全高=4370×1840×1455mm、ホイールベースは2640mmと同値である。車重は現行の2リッターモデルに較べて100kg重い1430kgだが、それを補ってあまりあるパワーの持ち主、ともいえそうだ。


モンデオST220

2005年に投入された「フィエスタST」「モンデオST220」は、内外装をリファインして登場する。
新型フィエスタSTは、ヘッドランプ、リア・コンビネーション・ランプなどのデザインを変更。インテリアは、インストルメントパネルやメータークラスターなどを一新し、「よりスポーティでスタイリッシュに仕上げた」という。
新しいモンデオST220も、内外装を変更。テールランプにクロームのアクセントを加えたほか、リフレクター付きリアバンパーを採用し、スポーティさと高級感をさらに向上させたと謳う。

価格は、フォーカスSTが320.0万円、フィエスタSTが249.0万円、モンデオST220は450.0万円。

(webCGオオサワ)

フォード・ジャパン:http://www.ford.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。