直噴ターボ採用!BMWの新型「3シリーズ・クーペ」発表

2006.04.24 自動車ニュース

直噴ターボ採用!BMWの新型「3シリーズ・クーペ」発表

独BMW AGは、2006年4月21日、「BMW 3シリーズ」の2ドアクーペモデルの写真と概要を発表した。デザインで差別化を図り、直噴ツインターボモデル(!)を用意した。

■パフォーマンスと軽量化の追求=直噴ツインターボ

3代目となる新型「3シリーズ・クーペ」は、一見して“変わった”ことがわかるデザインを纏う。フロントマスクからボンネット、サイドビューとエッジのきいたフォルムがつづき、リアもシャープな印象を強めた。

BMWといえばNAエンジンと誰もが思うゆえ、新開発の直噴ツインターボユニット採用は大きなニュースといえる。
3リッター直6エンジンにピエゾインジェクターを採用した直噴技術とツインターボを合体、306hpのパワーと40.8kgmのトルクを発生させる。

ツインターボ化は、より速いリアクションのため。そしてターボに打って出たのは、軽量化のためにとられた策という。エンジンにパフォーマンスを求めれば8気筒を選択せざるを得ないが、ターボなら6気筒で70kgは軽量化できる、ひいてはBMWが理想とする50:50の前後重量配分をキープできるというわけ。燃費にもいい効果が望める。

軽量化でいえば、ボディ一部にプラスチック素材を採用し、セダン比10kg減に成功したという。

同エンジン搭載「335i SE」は、0-62mph(約100km/h)加速で5.5秒、最高速はリミッター作動で約250km/hという、3シリーズ随一の性能を誇る。

またエントリーグレードとして「325i SE」も設定される。こちらの心臓部は、「バルブトロニック」「VANOS」などを盛り込んだ2.5リッター直6で、218hpと25.5kgmを発生。0-62mph加速で6.9秒、トップスピードは約245km/hという。

3シリーズ・クーペのトランスミッションはクロスレシオの6段マニュアルがメインだが、レスポンスが40%向上した、パドル付きATもオプションで用意される。

最新のトラコン「ダイナミック・スタビリティ・コントロール+」は標準搭載。ステアリング形式はコンベンショナルなラック・アンド・ピニオンが標準だが、速度に応じてレシオを変える「アクティブ・ステアリング・システム」も選ぶことができる。

なお今後は、NA3リッター直6「330iクーペ」やディーゼルモデル「330dクーペ」など続々とバリエーションが追加されるという。

(webCG 有吉)

 
直噴ターボ採用!BMWの新型「3シリーズ・クーペ」発表の画像


 
直噴ターボ採用!BMWの新型「3シリーズ・クーペ」発表の画像


 
直噴ターボ採用!BMWの新型「3シリーズ・クーペ」発表の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る