【F1 2006】第4戦サンマリノGP、跳ね馬復活!シューマッハー大接戦を制し久々の快勝

2006.04.23 自動車ニュース

【F1 2006】第4戦サンマリノGP、跳ね馬復活!シューマッハー大接戦を制し久々の快勝

F1世界選手権第4戦サンマリノGP決勝が、2006年4月23日、イタリアのイモラにあるエンツォ・エ・ディノ・フェラーリ・サーキット(4.959km)を62周して行われた。

ヨーロッパ・ラウンド開幕戦でフェラーリ&ミハエル・シューマッハーが復活。アイルトン・セナのポールポジション記録を抜いたシューマッハーが、若きチャンピオン、フェルナンド・アロンソ(ルノー)との大接戦を制し、起死回生の今シーズン1勝目を手に入れた。通算勝利記録は「85」に伸びた。

2位アロンソは今年全戦、2005年から数えて10戦連続の表彰台で、引きつづきチャンピオンシップをリード。3位にはファン・パブロ・モントーヤ(マクラーレン・メルセデス)が入った。

4番グリッドからスタートしたフェリッペ・マッサ(フェラーリ)はモントーヤのピット作戦に屈し4位、予選8位からキミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)が地味なレースを展開し5位でゴールした。

マーク・ウェバー(ウィリアムズ・コスワース)が6位、予選2位からまたもズルズルと後退、ピット作業での失敗で惨敗したジェンソン・バトン(ホンダ)7位、そして11番グリッドから追い上げたジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)が8位でフィニッシュし最後の1点を獲得した。

トヨタの2台、ラルフ・シューマッハーは9位完走、ヤルノ・トゥルーリはステアリングのトラブルでリタイア。スーパーアグリ・ホンダの佐藤琢磨、井出有治ともレースを終えることができなかった。

■巨星シューマッハーの(苦しい)復活劇

くしくも昨年のサンマリノGP同様、シューマッハーvsアロンソ、新旧チャンピオンによるつばぜり合いが繰り広げられたのだが、今回は追うもの、追われるものの立場が逆だった。

ポールポジションのシューマッハーは好スタートをきり1位の座を維持。いっぽう予選で前車に邪魔され5番グリッドに甘んじたアロンソは、狭いコースで進路を阻まれ4位までしかジャンプアップできず、トップのフェラーリに先行を許した。

シューマッハー久々の独走劇を予感させた前半戦だったが、最初のピットストップ後に事態が急変。一時は10秒以上あった首位シューマッハーとアロンソとのギャップが瞬く間に縮まり、ノーズ・トゥ・テールの緊迫した状態に一変した。

シューマッハーのブリヂストンタイヤはグレイニング(ささくれ)からリカバリーできず、グリップ不足から毎周2秒ものタイムを失っていた。

0.3秒まで差をつめたアロンソ。しかし追い抜きが事実上不可能とさえいわれるコースでの勝負に早々に見切りをつけ、ルノーはフェラーリに先んじて2度目のピットインを敢行。前方にフェラーリのいない状態でタイムを稼ぎ、シューマッハーを負かす作戦に打って出た。

しかし、アロンソの翌周にピットインしたシューマッハーがコースに戻ると、シューマッハーが引きつづき先行。接戦は終盤までつづいたが、トップ2台のオーダーに変化は見られず、チェッカードフラッグが振られた。

アロンソ/ルノーの先手作戦は失敗に終わったが、アロンソは2位8点追加=36点でチャンピオンシップで首位のまま。ランキング2位のシューマッハーとの差は15点と2点詰め寄られただけ、被害は最小限にとどめられた。

シーズンはまだ14戦も残されている。活躍よりも引退の二文字に注目が集まるGPの巨星シューマッハーの復活劇は、この15点差から始まろうとしている。

次戦は5月7日、ヨーロッパGPだ。

(webCG 有吉)

【F1 2006】第4戦サンマリノGP、跳ね馬復活!シューマッハー大接戦を制し久々の快勝の画像

アイルトン・セナが生涯最後のポールポジションを記録したのが、12年前のサンマリノGP。他界する前日のことだった。セナの最多ポールポジション記録「65回」を塗りかえたのが、12年前に同GPで勝利したシューマッハー。セナ亡き後のGP界をリードしつづけ、最多7回のワールドタイトルを獲得し、最多勝記録を更新中、そのほか多くのレコードを樹立したシューマッハーによる、ポールポジション記録更新の瞬間。(写真=Ferrari)

アイルトン・セナが生涯最後のポールポジションを記録したのが、12年前のサンマリノGP。他界する前日のことだった。セナの最多ポールポジション記録「65回」を塗りかえたのが、12年前に同GPで勝利したシューマッハー。セナ亡き後のGP界をリードしつづけ、最多7回のワールドタイトルを獲得し、最多勝記録を更新中、そのほか多くのレコードを樹立したシューマッハーによる、ポールポジション記録更新の瞬間。(写真=Ferrari)

ポールシッターのシューマッハー(手前)は好スタート。ルーベンス・バリケロのホンダを間に挟み、アロンソの青いルノーが5番グリッドからスタートしたが、狭いコースに行き場がなく、オープニングラップは4位どまり。レース序盤、このままシューマッハーが独走するかに思えたが……。(写真=Ferrari)

ポールシッターのシューマッハー(手前)は好スタート。ルーベンス・バリケロのホンダを間に挟み、アロンソの青いルノーが5番グリッドからスタートしたが、狭いコースに行き場がなく、オープニングラップは4位どまり。レース序盤、このままシューマッハーが独走するかに思えたが……。(写真=Ferrari)

最初のピット作業後、グレイニングによるグリップ不足に苦しむシューマッハー(左)にアロンソ(右)が追いつき、レース折り返し地点から終盤までノーズ・トゥ・テール状態がつづいた。
コンマ数秒差で迫るアロンソ。しかし追い抜きがいかに困難かは昨年のレースから理解していた。先んじて2回目のピットインを行ったルノーは、その翌周ピットに入ったシューマッハーを抜けずに作戦失敗。惜しくも2位に終わった。(写真=Renault)

最初のピット作業後、グレイニングによるグリップ不足に苦しむシューマッハー(左)にアロンソ(右)が追いつき、レース折り返し地点から終盤までノーズ・トゥ・テール状態がつづいた。コンマ数秒差で迫るアロンソ。しかし追い抜きがいかに困難かは昨年のレースから理解していた。先んじて2回目のピットインを行ったルノーは、その翌周ピットに入ったシューマッハーを抜けずに作戦失敗。惜しくも2位に終わった。(写真=Renault)

ホンダの憂鬱。予選では燃料を少なく積みジェンソン・バトン(左)、ルーベンス・バリケロが2、3位。だがバトンは2度目のピット作業中、完了を告げるロリポップマンのミスにより見切り発車してしまい給油ノズルをひきちぎるハプニングで後退、結果7位がやっと。バリケロは10位でレースを終えた。(写真=Honda)

ホンダの憂鬱。予選では燃料を少なく積みジェンソン・バトン(左)、ルーベンス・バリケロが2、3位。だがバトンは2度目のピット作業中、完了を告げるロリポップマンのミスにより見切り発車してしまい給油ノズルをひきちぎるハプニングで後退、結果7位がやっと。バリケロは10位でレースを終えた。(写真=Honda)

トヨタにとっても期待はずれの週末。予選6位のラルフ・シューマッハー(写真)は3回のピットストップ作戦でレースにのぞんだが、早々にセーフティカーが出され作戦にデメリットが生じ、また原因不明のグリップ不足に悩まされ、ポイント圏外の9位でゴールした。いっぽう地元で奮起したいヤルノ・トゥルーリは、ステアリング・コラムの不具合により5周でリタイアしなければならなかった。(写真=Toyota)

トヨタにとっても期待はずれの週末。予選6位のラルフ・シューマッハー(写真)は3回のピットストップ作戦でレースにのぞんだが、早々にセーフティカーが出され作戦にデメリットが生じ、また原因不明のグリップ不足に悩まされ、ポイント圏外の9位でゴールした。いっぽう地元で奮起したいヤルノ・トゥルーリは、ステアリング・コラムの不具合により5周でリタイアしなければならなかった。(写真=Toyota)

スーパーアグリは4戦目にして初めて2台揃ってリタイア。佐藤琢磨(写真)は44周目にマシンがいうことを聞かなくなり戦列を去った。さらに井出有治はオープニングラップでクリスチャン・アルバースと接触、アルバースのマシンは5回転して止まり、セーフティカーが導入された。井出のマシンは左フロント・サスペンションにダメージを負い、その後はメカニカルな問題に苦しみ23周目でコックピットを降りた。(写真=Honda)

スーパーアグリは4戦目にして初めて2台揃ってリタイア。佐藤琢磨(写真)は44周目にマシンがいうことを聞かなくなり戦列を去った。さらに井出有治はオープニングラップでクリスチャン・アルバースと接触、アルバースのマシンは5回転して止まり、セーフティカーが導入された。井出のマシンは左フロント・サスペンションにダメージを負い、その後はメカニカルな問題に苦しみ23周目でコックピットを降りた。(写真=Honda)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。