「スバル・インプレッサ」、米国で衝突安全性能の「ゴールド評価」獲得

2006.04.19 自動車ニュース

「スバル・インプレッサ」、米国で衝突安全性能の「ゴールド評価」獲得

富士重工業は、2006年4月17日、米国保険業界の非営利団体である「IIHS(ハイウェイ安全保険協会」が「スバル・インプレッサ」に衝突試験の最高安全評価である「トップセイフティピック・ゴールド賞」を与えたことを発表した。スバル車としては、05年12月のレガシィに続く2台目。

IIHSの衝突試験は、前面オフセット40マイル(約64km/h)、側面衝突が31マイル(約50km/h)、後方衝突は20マイル(約32km/h)で実施。米国の自動車安全基準「FMVSS(米国連邦自動車安全基準)」に較べて、厳しい内容になっているという。
ちなみに、IIHSはウェブサイト(http://www.iihs.org/)にて、結果が公開されている。各国のクルマの結果も掲載されており、興味深い内容だ。

(webCGオオサワ)

スバル:http://www.subaru.co.jp/


「スバル・インプレッサ」、米国で衝突安全性能の「ゴールド評価」獲得の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る