「スバル・インプレッサ」、米国で衝突安全性能の「ゴールド評価」獲得

2006.04.19 自動車ニュース

「スバル・インプレッサ」、米国で衝突安全性能の「ゴールド評価」獲得

富士重工業は、2006年4月17日、米国保険業界の非営利団体である「IIHS(ハイウェイ安全保険協会」が「スバル・インプレッサ」に衝突試験の最高安全評価である「トップセイフティピック・ゴールド賞」を与えたことを発表した。スバル車としては、05年12月のレガシィに続く2台目。

IIHSの衝突試験は、前面オフセット40マイル(約64km/h)、側面衝突が31マイル(約50km/h)、後方衝突は20マイル(約32km/h)で実施。米国の自動車安全基準「FMVSS(米国連邦自動車安全基準)」に較べて、厳しい内容になっているという。
ちなみに、IIHSはウェブサイト(http://www.iihs.org/)にて、結果が公開されている。各国のクルマの結果も掲載されており、興味深い内容だ。

(webCGオオサワ)

スバル:http://www.subaru.co.jp/


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」発表会の会場から 2016.10.13 画像・写真 富士重工業は2016年10月13日、東京・恵比寿の本社で、新型「スバル・インプレッサ」の発表会を開催した。会場の様子を写真でリポートする。
  • スバル、新型「インプレッサG4/スポーツ」を発表 2016.10.13 自動車ニュース スバルが5代目となる新型「インプレッサ」を発表した。同車はスバル次世代製品群の第1弾に位置づけられているモデルで、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」により、高い安全性能と動的・静的質感を実現しているという。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
ホームへ戻る