シートヒーターなどを初採用
「マツダ・アテンザ」生産100万台突破記念車

2006.04.19 自動車ニュース

シートヒーターなどを初採用「マツダ・アテンザ」生産100万台突破記念車

マツダは、「アテンザ(海外名:Mazda6)」の世界累計生産台数が100万台を超えたことを記念して、特別仕様車「23EX Brown Leather style(ブラウンレザースタイル)」を設定。2006年4月19日に発売した。


写真のボディカラーは、専用色のサンライトシルバーメタリック

世界戦略車としてリリースされたアテンザは、2002年2月から2006年2月末までの累計生産台数が100万台を突破。これを記念して、特別仕様車「23EX Brown Leather style(ブラウンレザースタイル)」が設定された。
2.3リッターモデルをベースに、専用のブラウン色本革シートを採用。「アテンザでは初」という前席シートヒーターや、メッキのアウタードアハンドルなどを標準で備える。

価格は、5ドアハッチ「スポーツ」が267.0万円、セダンが248.0万円、スポーツワゴンは267.0万円。

(webCGオオサワ)

マツダ・アテンザ:http://www.atenza.mazda.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る