シートヒーターなどを初採用
「マツダ・アテンザ」生産100万台突破記念車

2006.04.19 自動車ニュース

シートヒーターなどを初採用「マツダ・アテンザ」生産100万台突破記念車

マツダは、「アテンザ(海外名:Mazda6)」の世界累計生産台数が100万台を超えたことを記念して、特別仕様車「23EX Brown Leather style(ブラウンレザースタイル)」を設定。2006年4月19日に発売した。


写真のボディカラーは、専用色のサンライトシルバーメタリック

世界戦略車としてリリースされたアテンザは、2002年2月から2006年2月末までの累計生産台数が100万台を突破。これを記念して、特別仕様車「23EX Brown Leather style(ブラウンレザースタイル)」が設定された。
2.3リッターモデルをベースに、専用のブラウン色本革シートを採用。「アテンザでは初」という前席シートヒーターや、メッキのアウタードアハンドルなどを標準で備える。

価格は、5ドアハッチ「スポーツ」が267.0万円、セダンが248.0万円、スポーツワゴンは267.0万円。

(webCGオオサワ)

マツダ・アテンザ:http://www.atenza.mazda.co.jp/

関連キーワード:
アテンザセダンマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 「水野和敏的視点」 vol.70 「スバルWRX STI」 2014.10.10 mobileCG
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記