シートヒーターなどを初採用
「マツダ・アテンザ」生産100万台突破記念車

2006.04.19 自動車ニュース

シートヒーターなどを初採用「マツダ・アテンザ」生産100万台突破記念車

マツダは、「アテンザ(海外名:Mazda6)」の世界累計生産台数が100万台を超えたことを記念して、特別仕様車「23EX Brown Leather style(ブラウンレザースタイル)」を設定。2006年4月19日に発売した。


写真のボディカラーは、専用色のサンライトシルバーメタリック

世界戦略車としてリリースされたアテンザは、2002年2月から2006年2月末までの累計生産台数が100万台を突破。これを記念して、特別仕様車「23EX Brown Leather style(ブラウンレザースタイル)」が設定された。
2.3リッターモデルをベースに、専用のブラウン色本革シートを採用。「アテンザでは初」という前席シートヒーターや、メッキのアウタードアハンドルなどを標準で備える。

価格は、5ドアハッチ「スポーツ」が267.0万円、セダンが248.0万円、スポーツワゴンは267.0万円。

(webCGオオサワ)

マツダ・アテンザ:http://www.atenza.mazda.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • 第380回:新型「マツダCX-5」が狙ったモノ
    ここでも見つけたマツダ理想主義!
    2016.11.21 エッセイ マツダはロサンゼルスオートショー2016で新型「CX-5」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発陣に聞いた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る