「マツダ・スピアーノ」をマイナーチェンジ

2006.04.18 自動車ニュース

「マツダ・スピアーノ」をマイナーチェンジ

マツダは、軽自動車「スピアーノ」をマイナーチェンジして、2006年4月18日に発売した。

スピアーノは、「スズキ・アルト ラパン」のOEM車。ラパンが06年4月12日にマイナーチェンジしたことをうけ、スピアーノも変更された。
従来の「X」グレードが、丸目ヘッドランプや車体下部のシルバー装飾などを採用した「XF」になった。さらに、これまでの最上級グレード「Turbo」は、最高出力&トルクをアップ。専用フロントグリルや14インチアルミホイールなどを装着した「SS」グレードに生まれ変わった。

今回のマイナーチェンジにより、ラインナップは「G」「XF」「SS」の3種類になった。価格は、「G」(FF/4AT)の99万7500円から、「SS」(4WD/4AT)の138万6000円まで。

(webCGオオサワ)

マツダ:http://www.mazda.co.jp/

「マツダ・スピアーノ」をマイナーチェンジの画像

関連キーワード:
スピアーノマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「マツダAZ-ワゴン」に上質装備の特別仕様車 2011.12.21 自動車ニュース マツダは2011年12月21日、軽乗用車「AZ-ワゴン」に、特別仕様車「XSリミテッド」と「カスタムスタイルXSリミテッド」を設定し、販売を開始した。
  • 新型「AZ-ワゴン」はワゴンRのマツダ版 1998.10.14 自動車ニュース マツダは軽の新規格に適合させた、新型「AZ-ワゴン」を10月13日に発売した。新型スズキ・ワゴンRのマツダ版兄弟車である。先代の「AZ-ワゴン」は1994年、スズキから旧型ワゴンRのOEM供給を受けて登場したモデルだ。今回の新型「AZ-ワゴン」も、スズキから新型のワゴンRの供給を受けて生産される。従ってエンブレム以外、外観上の相違点がない兄弟車となっている。ボディタイプは5ドアのみで、スポーティな外観の「RR」もラインナップに加わっているが、ワゴンRに設定される「1プラス2ドア」は用意されない。搭載されるエンジンは直3SOHC、同ターボ、直3DOHC(LEV) 、同ターボの4種。ワゴンRにあるDOHC・VVT仕様は設定されない。トランスミッションは5MTと3ATのみで、ワゴンRにあるCVTの設定はない。駆動方式はFFと4WDが用意される。安全装備はデュアルエアバッグ、プリテンショナーつきシートベルト、ブレーキアシストつきABSを一部グレードに標準装備、他は5万円でセット・オプション設定する。価格は87.5〜138.7万円で、ワゴンRと実質的に同様である。AZ-ワゴンの方が、ワゴンRより納車が早かったり、値引きがいいかもしれません(?)。(Web CG スヤマ)
  • ホンダのSUV「ヴェゼル」がマイナーチェンジ 2018.2.15 自動車ニュース 本田技研工業は2018年2月15日、マイナーチェンジしたSUV「ヴェゼル」を発表した。同年2月16日に販売を開始する。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.2.13 試乗記 フルモデルチェンジで4代目となった、新型「アウディRS 4」に試乗。最高出力450psのV6ターボエンジンを得て、ハイパフォーマンスワゴンの走りはどう変わったのか。スペインはマラガから報告する。
  • スズキ・スペーシア ハイブリッドX/スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ【試乗記】 2018.1.29 試乗記 目指したのは「家族や仲間と楽しく使える軽ハイトワゴン」。2代目となる「スズキ・スペーシア」に試乗した。同じカテゴリーに“日本で一番売れているクルマ”という明確なライバルがいる状況で、スズキが投入した新型の出来栄えは?
ホームへ戻る