「マツダ・スピアーノ」をマイナーチェンジ

2006.04.18 自動車ニュース

「マツダ・スピアーノ」をマイナーチェンジ

マツダは、軽自動車「スピアーノ」をマイナーチェンジして、2006年4月18日に発売した。

スピアーノは、「スズキ・アルト ラパン」のOEM車。ラパンが06年4月12日にマイナーチェンジしたことをうけ、スピアーノも変更された。
従来の「X」グレードが、丸目ヘッドランプや車体下部のシルバー装飾などを採用した「XF」になった。さらに、これまでの最上級グレード「Turbo」は、最高出力&トルクをアップ。専用フロントグリルや14インチアルミホイールなどを装着した「SS」グレードに生まれ変わった。

今回のマイナーチェンジにより、ラインナップは「G」「XF」「SS」の3種類になった。価格は、「G」(FF/4AT)の99万7500円から、「SS」(4WD/4AT)の138万6000円まで。

(webCGオオサワ)

マツダ:http://www.mazda.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る