【スペック】2.2 JTS:全長×全幅×全高=4660×1828×1425mm/ホイールベース=2700mm/車重=1540kg/駆動方式=4FF/2.2リッター直4DOHC16バルブ(185ps/6500rpm、23.4kgm/4500rpm)

アルファ・ロメオ・アルファ159スポーツワゴン 2.2JTS(FF/2ペダル6MT)/3.2V6 Q4(4WD/6MT)【海外試乗記】

どこまでもスタイル優先 2006.09.02 試乗記 アルファ・ロメオ・アルファ159スポーツワゴン 2.2JTS(FF/2ペダル6MT)/3.2V6 Q4(4WD/6MT)この夏、日本では3.2 V6 Q4が導入された「アルファ・ロメオ159」。来年早々にも日本に導入予定のワゴンモデルに試乗。一足早くイタリア・シチリア島から報告する。

ラインナップはセダンと同じ

最近日本の路上で見かけるアルファ・ロメオ(以下、アルファ)は、かつての定番の赤ではなくて、シルバーだったり、紺だったりとボディーカラーが他の色であることのほうが多い。それがヨーロッパの路上で見かけるアルファのようで(あくまで自己測定値)、もはやアルファが昔ながらのオタク車、もとい、エンスーなクルマではなく、広く一般に受け入れられるようになったひとつの証だと思う。さらに近い将来、その間口を広げるであろうクルマが今回試乗した159スポーツワゴンである。

新型「アルファ・スパイダー」の試乗会が行われたイタリアのシチリア島で、われわれ日本人プレスのために用意された「159スポーツワゴン」の試乗車は、2.2JTSと3.2 V6 Q4という、日本における159セダンと同じラインナップ。いずれも6段MTが組み合わされる。

走りもセダンと……

さっそく先ほどの言葉とは矛盾するようだが、「159」は先代モデルたる「156」よりひとまわり大きくなっても赤がよく似合う。さすがはアルファだ!? シチリアのまぶしい日差しの下で見た159スポーツワゴンも、上下に薄いテールゲートのおかげで、とにかくスタイリッシュである。最近日本で発売されたクライスラー300Cツーリングもルーフが低く、やはり”薄”カッコイイのだが、やはりこちらのほうがスタイリッシュ。僕は世界で一番かっこいいステーションワゴンだと思う。

果たして試乗した印象は、セダンとほとんど同じものであった。それはつまり、けっして小さくないテールゲートや荷室を備えるのにもかかわらず、セダンと同等のボディ剛性を持っているということでもある。簡単に言ってしまえば、2.2は軽快、対する3.2V6は重厚である。古くからのアルファ・ファンは受け入れがたいのかもしれないが、GMと共同開発したプラットフォームのおかげもあるだろう。静かで快適、かつ大きくなったアルファ・ロメオをして、GMのアルファだ、とか、歌わないアルファ(©NAVI副編アオキ)だとか言われてはいるが、昔のアルファへのこだわりがない分、僕は素直に受け入れられる。ハンドリングをはじめ、走らせればそこにドライビングプレジャーがある。それはドイツ車や日本車とは明らかに違う世界だ。

荷室はほぼカラのまま試乗したが、荷物積載を考えて、空荷だとリアサスペンションがちょっと硬め、という印象もほとんどなかった。開発者いわく、フロントサスペンションはセダンと共通、リアサスペンションもバネだけをワゴン用に改良したという。

2.2JTSは静粛性の高さが目立つが軽快なハンドリングが楽しめる。対する3.2V6のほうは、3000〜6000rpmあたりだと、GM由来のエンジンとはいえ、やはりアルファらしい音と力強さが魅力で、ついつい低めのギアで引っ張ってしまう。

トレードオフ

リアシートに座ると、スタイル優先で、テールゲートに向かってルーフラインが下りてくるため、頭上空間の余裕は少なくなる。しかし左右に余裕があるので、けっして閉塞感はない。足元の広さもセダンと同じだ。もっとも、GMと共同開発し、結果的にアルファだけが使うことになったこのプラットフォーム(セダン、ワゴン、ブレラ、スパイダーが共用する)では、これ以上クルマを小さくできないのだとか。

ラゲッジスペースはテールゲート開口部が決して低くないので、重いモノの出し入れが辛くなるシーンが出てくるかもしれない。また、リアシート・バックは分割可倒式でも、座面は固定されたままなので、持ち上げてフロアーをフルフラットに……という使い方はできない。
とはいえ、こうしたポイントも、すべてこのスタイルを優先したため……と考えれば納得できるのではないだろうか。ラゲッジスペース優先ならほかにいくらでも選択肢はある。

最大の魅力

とはいえ、スタイルはもとより、このクルマの最大のトピックは、“セダンより荷室が広い”ということにある。フツーのクルマであれば当然の事実である。しかし、先代モデルたる156スポーツワゴンはスタイル優先のために、セダンより荷室が狭かったのである。カッコよければいいじゃない、荷室は一応あるんだし……って、イタリア車ってなんて素敵なんでしょう。それが一転、159は荷室がセダンよりも40リッター広く、156スポーツワゴンより85リッター広くなった。それでいてやっぱりスタイリッシュなのだから、アルファってすばらしい。

さて、この159スポーツワゴン、日本では、2007年初頭に2.2JTSと3.2 V6 Q4が導入される予定である。前者にはセレスピードが、後者には新開発のアイシン製6段AT、「Qマチック」が組み合されて上陸するようだ。特に6段ATの導入は、純粋なアルファ・ファンや、ドイツ車へのアンチテーゼとしてだけでなく、新しいアルファ・ファンを得るという重要な役割を担うことになる。2.2の軽快感にするか、3.2V6のパワーと四駆性能を選ぶか。妙な位置に備わるテールゲートのオープナーに慣れたなら、颯爽と乗りこなしてほしい。

(文=NAVI中村昌弘/写真=フィアット・オート・ジャパン/2006年9月)

【スペック】
3.2 V6 Q4(写真右):全長×全幅×全高=4660×1828×1425mm/ホイールベース=2700mm/車重=1730kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(260ps/6200rpm、32.8kgm/4500rpm)

【スペック】3.2 V6 Q4(写真右):全長×全幅×全高=4660×1828×1425mm/ホイールベース=2700mm/車重=1730kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(260ps/6200rpm、32.8kgm/4500rpm)
インパネまわりのデザインもセダンと共通。リアハッチゲートのオープナーはルームミラーの手前についている。

インパネまわりのデザインもセダンと共通。リアハッチゲートのオープナーはルームミラーの手前についている。
ツインフェイザーとは、アルファ・ロメオの可変バルブタイミング機構の名称。2.2、3.2リッターともGM由来のエンジンである。写真は3.2リッターエンジン。

ツインフェイザーとは、アルファ・ロメオの可変バルブタイミング機構の名称。2.2、3.2リッターともGM由来のエンジンである。写真は3.2リッターエンジン。


アルファ・ロメオ・アルファ159スポーツワゴン 2.2JTS(FF/2ペダル6MT)/3.2V6 Q4(4WD/6MT)【海外試乗記】の画像


アルファ・ロメオ・アルファ159スポーツワゴン 2.2JTS(FF/2ペダル6MT)/3.2V6 Q4(4WD/6MT)【海外試乗記】の画像
ラゲッジスペースはセダンの405リッターに対し445リッター。156スポーツワゴンの+85リッター。6:4分割可倒式のリアシートを倒すと最大で1235リッターになる。リアシート座面は固定式なのでラゲッジスペースのフロアはフルフラットにはならない。写真をクリックするとシートが倒れた様子が見られます。

ラゲッジスペースはセダンの405リッターに対し445リッター。156スポーツワゴンの+85リッター。6:4分割可倒式のリアシートを倒すと最大で1235リッターになる。リアシート座面は固定式なのでラゲッジスペースのフロアはフルフラットにはならない。写真をクリックするとシートが倒れた様子が見られます。


アルファ・ロメオ・アルファ159スポーツワゴン 2.2JTS(FF/2ペダル6MT)/3.2V6 Q4(4WD/6MT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルファ159の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 2016.7.6 試乗記 アルファ・ロメオにとって久々のFRセダン「ジュリア」が、いよいよデビューを果たした。本国イタリアでの試乗を通して見えてきた、ドイツのライバルとも、これまでのアルファとも違うスポーティネスの形をリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • パリモーターショー2016の会場から(その4) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。FCAは「アルファ・ロメオ・ジュリア」の高性能グレード「ヴェローチェ」を公開した。「フィアット124スパイダー アメリカ」や、「フィアット500リヴァ」なども展示された。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ 2016.9.28 画像・写真 FCAはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で、「アルファ・ロメオ・ジュリア」の新しいバリエーション「ジュリア ヴェローチェ」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る