赤毛のアンと「ルート66」“米国31州 1万マイルの旅”(笹目二朗)(その6) 旅の終わりにも、いろいろあった

2006.04.15 From Our Staff

赤毛のアンと「ルート66」“米国31州 1万マイルの旅”(笹目二朗)(その6) 旅の終わりにも、いろいろあった

1万マイル以上にもおよぶ旅も、もう終わり。予想外のモノに出くわすハプニングがあるも、ルート66の終点であるサンタモニカで夕日を眺めながら、次の旅に思いをはせる。

■真っ暗闇で「フリーズ!」

アリゾナは思ったほど砂漠状態ではなく、IS40周辺ではサボテンも多く見られなかった。カリフォルニアに近づくにつれ、残された旅をもっと引き延ばして楽しみたいような気持ちになる。観光地の大御所たるラスベガスには元より興味も無いので、その反対側の南に外れ、トウェンティナイン・パルムス経由でサン・ベルナルディーノに出るルートをとった。ここももちろんヒストリックロードの一部だ。

ところがR66のロードスタンプはあったものの、行けども行けども何も無い。そのうち暗くなって、反射するものが無いからヘッドライトを点けていても真っ暗闇。やがて三日月がでてきてそれも地平のかなたへと消えた。90km/h くらいで3時間ほど走って、遠くにボーッと明るい光のかたまりが見えてくる。やっと町に入れてやれやれとそこに近づいたら、小屋があって兵隊さんらしき人が立っていた。「なんか、ヘンだな?」とは思ったが、大きな交差点なのだろうと手を挙げて通過したら、大声で怒鳴る声が聞こえ、銃を構えた兵隊さんに止められ職務質問が始まった。なんと、軍隊のベースキャンプに侵入してしまったのだ……。R66の地図などを見せて誤解を解き、ホテルやコンビニを教えてもらって幕。射殺されなくて、良かった。

■旅の終わりは、旅の始まり

サン・ベルナルディーノの街を抜ければいよいよロサンゼルスだ。TVでも報道されていた山火事はまだ鎮火していないようで、周辺一帯は焼け焦げる臭いが漂い、けむりによるものか視界さえもボーッと霞んでいる。山の斜面には、風力発電のための風車が無数に林立している。これだけの規模は世界中でも珍しく、中国新僵のものよりも多いかもしれない。ロッキー山脈越えはそれほど自覚しないまま、アリゾナから緩く下降する感じで終点を迎える。やはりカリフォルニアの風は暖かい。

ルート66の終点、サンタモニカの海岸には夕方に着。砂浜に腰を下ろして海に沈む夕日を眺める。その先は日本だ。事故も無く無事に終わって良かった……と旅の反省をする時は、さあ次はどこへ行こうかと考える時でもある。

・旅の集計

PTクルーザーの総走行距離=1万791マイル=1万7363km
29日間の1日当たり平均走行距離=598.7km
消費燃料=1716.02リッター
平均燃費=10.1km/リッター

(文と写真=笹目二朗/2006年4月)

赤毛のアンと「ルート66」“米国31州 1万マイルの旅”(笹目二朗)(その6) 旅の終わりにも、いろいろあったの画像
サンタフェ鉄道が道路と絡みながら敷設されており頻繁に列車を目にする。そのほとんどは90〜130両と長く長く連結されている。
サンタフェ鉄道が道路と絡みながら敷設されており頻繁に列車を目にする。そのほとんどは90〜130両と長く長く連結されている。
R66ショップ。店の前には50年代の古い車などをならべて人目を引く。なかにはR66グッズがいっぱい。
R66ショップ。店の前には50年代の古い車などをならべて人目を引く。なかにはR66グッズがいっぱい。
インディアンのテント型のモーテル。1959年型シボレーがさりげなく置いてある。
インディアンのテント型のモーテル。1959年型シボレーがさりげなく置いてある。
赤毛のアンと「ルート66」“米国31州 1万マイルの旅”(笹目二朗)(その6) 旅の終わりにも、いろいろあったの画像
HackBerryのみやげ物ショップ。当時は車の修理からガソリンの販売、食事や食料品、衣類などの雑貨を販売していたようだ。
HackBerryのみやげ物ショップ。当時は車の修理からガソリンの販売、食事や食料品、衣類などの雑貨を販売していたようだ。
カリフォルニアにはPTクルーザーがたくさん走っていた。
カリフォルニアにはPTクルーザーがたくさん走っていた。
ルート66の終点サンタモニカの浜辺と、夕日。
ルート66の終点サンタモニカの浜辺と、夕日。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。