【スペック】全長×全幅×全高=4540×1750×1440mm/ホイールベース=2700mm/車重=1240kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4SOHC16バルブ(140ps/6300rpm、17.7kgm/4300rpm)/価格=206万8500円(テスト車=243万750円/HDDインターナビシステム=24万1500円/ディスチャージヘッドライト=5万7750円/VSA=6万3000円)

ホンダ・シビック1.8GL(FF/5AT)【試乗記】

街乗りだけじゃもったいない 2006.04.13 試乗記 ホンダ・シビック1.8GL(FF/5AT)……243万750円1972年に誕生した「シビック」は、今や世界160ヶ国で販売されるグローバルモデル。8世代目に進化し、ミドルクラスセダンにランクアップした新型シビックの、ベーシックな1.8リッターガソリンモデルに乗った。

ハイブリッドが本命なのか?

私が大学生の時、友達がクルマを買った。中古の「ワンダーシビック(3代目)」だった。サークルの先輩が新車を買った。「スポーツシビック(5代目)」だった。

そんな若者に好まれた「シビック」も今は昔。2005年9月に発表された現行8代目シビックは、そんな彼らの選択肢からはちょっとはずれそうな、セダンのみのラインナップになった。コンパクトカーとしての立場を「フィット」に譲り、「アコード」にも迫る勢いで上方移行をした新型シビックは、ホンダラインナップでのミディアムセダンを担う存在となった。クラスアップしたボディはついに3ナンバー化し、全長×全幅×全高=4540(+70)×1750(+55)×1440(0)mm、ホイールベース=2700(+80)mmとなった(カッコ内は先代シビックフェリオ比)。2リッタークラスのボディサイズだと思っていたら、つい先日2リッターモデルも追加された。

ガソリンエンジンのほか、ハイブリッドが用意されるあたりは、先代同様。しかしいかにも空力が良さそうなモノフォルムボディを見ると、「今作はハイブリッドが本命か」と思わせる。そんな先入観を持ちながら乗り込んだのは、1.8リッターガソリンモデルの装備充実グレード「1.8GL」である。

インテリアは好き嫌いが分かれるところ

乗り込んで真っ先に目に入るのは、他のホンダ車とも共通する飾り気の無いインテリア。スピードメーターとタコメーターが上下に分かれたマルチプレックスメーターや、独特の形状を持つステアリングホイールなどは好き嫌いが分かれるところかもしれない。ATセレクターレバーの位置は、先代のパネルからフロアに移された。

座面が低いシートは、肩までおよぶサイドサポートのおかげでホールド性が高く、ヘッドレスト形状も頭にフィットする。足元も広く、座った感じは快適だ。大きく傾いたウインドシールドと、広いダッシュボードが目の前に広がる。相対的にスカットル位置が高くなることと、フロント周りがラウンドした形状などで、ボディの見切りに不安がつきまとうが、フロントオーバーハングはそれほどないので、ことさら心配する必要はない。チルト&テレスコピックも全グレードに標準装備。さらにセレクターレバーをパーキングの位置に移動すると、ドアロックが解除される仕掛けなどは歓迎されるべき装備で、是非とも多くのクルマで採用してほしい。

一通りインテリアを見渡し、エンジンを始動する。シビックは最近流行りのプッシュ式ではなく、オーソドックスなコラムにキーを差し込んでひねるタイプ。火の入ったエンジンはアイドリングで700rpmを示し、静粛で不快な振動は感じない。





ピシッとしたハンドリング

オルガン式に生えたアクセルペダルを踏み込み高速道路を走ると、直進安定性の高さが際立つ。ホンダ流のクイックなギア比(2.6回転)を持つステアリングホイールではあるが、ちょこちょことした修正は不要だ。さらに電動パワステの感触も良い。速度や切れ角などにかかわらず適度な重さがあり、路面の状態を感じやすい。段差でのショックもうまく吸収するし、乗り心地も絶妙の加減だ。

山道でコーナーに近づき、舵を切ると、ノーズはスパっと切れ込む。ロールが少なく、旋回中の安定感が高い。タイヤに依存せず、サスペンションがしっかりと地面に追従している足まわりのセッティングである。なお、VSAはこのグレードではオプションとなるが、およそちょっと攻め込むぐらいでは出番は無さそうだ。それほどコーナーでの安定感がある。

まるで「フォード・フォーカス」や「VWゴルフ」などドイツ車のような、ビシッとしたハンドリング。そして乗り味。このクラスの国産セダンとしては、抜群にスポーティである。「日産ブルーバードシルフィ」「トヨタ・プレミオ/アリオン」などのおっとりとした味付けとは全く違うクルマだ。

このクラスの国産セダンは、とかく落ち着いた印象をアピールしがちである。その中にあって、異彩を放つシビック。スポーティなクルマとは謳っていないが、運転に特別興味がないお父さんでも、「よく走るなぁ」と口走るんじゃないだろうか。

ハッチバックがなくなり、若者がシビックを選ぶ時代ではなくなった。しかしなにげなくシビックを選んだお父さんは、気持ちがちょっと若返るような気がする。そのうち「街乗りだけではもったいない」と思うようになりそうだ。

(文=webCG本諏訪裕幸/写真=荒川正幸/2006年4月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・シビック Siプロトタイプ 2016.11.24 画像・写真 本田技研工業はロサンゼルスショー2016(開催期間:2016年11月14日~27日)で、北米向け新型「ホンダ・シビック」シリーズのスポーティーモデル「シビック Siプロトタイプ」を展示している。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る