ハイブリッドサルーン「レクサス LS600h」がワールドプレミア【ニューヨークショー06】

2006.04.13 自動車ニュース
【ニューヨークショー2006】ハイブリッドサルーン「レクサス LS600h」がワールドプレミア

【ニューヨークショー06】ハイブリッドサルーン「レクサス LS600h」がワールドプレミア

レクサスは、2006年4月12日〜23日に開催されるニューヨークショーで、「LS」(従来のセルシオ)のハイブリッドバージョン「LS600h」を世界初公開する。




【ニューヨークショー2006】ハイブリッドサルーン「レクサス LS600h」がワールドプレミア

日本で「GS450h」がデビューしたばかりだが、2006年のニューヨークショーに、レクサスの目玉ともいえるフラッグシップサルーンのハイブリッドバージョンがお目見えする。

注目のパワーユニットは、5リッターV8をベースにしたハイブリッドシステムで、最高出力は435馬力以上を発生。技術的には「GS450h」のものを流用したが、大排気量エンジンにあわせてモーターを強化、バッテリーは大型化され、「パフォーマンスはV12並み、燃費はコンベンショナルなV8並み」と謳われる。
トランスミッションはE-CVT、駆動方式は4WDを採用し、スムーズな走りと安定感あるハンドリングを獲得したという。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=5030×1875×1475mm、ホイールベースは2970mmと、現行のセルシオより一回り以上大きい。他の詳細やリリース時期は不明だが、欧州では2007年にデリバリーされる予定だ。

(webCGオオサワ)

レクサス:http://lexus.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを発表 2017.3.7 自動車ニュース レクサスがジュネーブショーで新型「LS」のハイブリッドモデル「LS500h」を発表。パワープラントには3.5リッターV6エンジンと、2基のモーターに有段変速機構を組み合わせた「マルチステージハイブリッドシステム」を採用している。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その6) 2017.3.8 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。レクサスは新型「LS」のハイブリッドモデル「LS500h」を世界初公開した。
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
ホームへ戻る