「メルセデス・ベンツ Eクラス」マイナーチェンジ【ニューヨークショー06】

2006.04.12 自動車ニュース
【ニューヨークショー2006】「メルセデス・ベンツ Eクラス」マイナーチェンジ

【ニューヨークショー06】「メルセデス・ベンツ Eクラス」マイナーチェンジ

ダイムラー・クライスラーは、2006年4月12日〜23日に開催されるニューヨークショーで、メルセデス・ベンツ「Eクラス」の新型を初公開する。




【ニューヨークショー2006】「メルセデス・ベンツ Eクラス」マイナーチェンジ

フルモデルチェンジではないが、同社によると新しいEクラスは「アッパーセグメントの技術的なトレンドセッター」であり、「同セグメントにおける、かつてない安全性」を誇るモデル。メルセデス・ベンツにとって基幹車種ともいえるEクラスだけに、力が入っているであろうことは当然といえるだろう。欧州では06年6月初頭から、米国でもその数週間後からデリバリーされる予定。




【ニューヨークショー2006】「メルセデス・ベンツ Eクラス」マイナーチェンジ

新型の目玉は、プリセーフシステムを追加したことによる安全性。「Sクラス」などが採用する、最新の技術である。
もう一つは、「ワールドプレミア」を謳う新しいインテリジェントヘッドライトシステムだ。オプションとして設定される予定の同システムは、運転状況や天候に応じたライトの照らし方を進化させ、90km/hを超えると光軸の幅が自動的に変更。従来品に較べて約50メートル先まで視界を確保できるというもの。もちろん、ステアリングホイールの切れ角に応じてライトの照射角を変えるコーナリングライトや、急ブレーキ時にブレーキランプを点滅させるシステムなども備わる。

(webCGオオサワ)

メルセデス・ベンツ:http://www.mercedes-benz.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る