ジープの新型エントリーモデル「パトリオット」【ニューヨークショー06】

2006.04.11 自動車ニュース
【ニューヨークショー2006】ジープの新型エントリーモデル「パトリオット」

【ニューヨークショー06】ジープの新型エントリーモデル「パトリオット」

ダイムラー・クライスラーは、2006年4月12日〜23日に開催されるニューヨークショーに、ジープの新しいエントリーモデルとなるコンパクトSUV「パトリオット」を出展する。




【ニューヨークショー2006】ジープの新型エントリーモデル「パトリオット」

■本格コンパクトSUV

パトリオットが最初に出展されたのは、2005年のフランクフルトモーターショー。2006年のNYショーに出展されるのは、ほぼ製品版だ。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4411×1756×1637mm、ホイールベースは2635mm。「日産・エクストレイル」より小さく、「トヨタ RAV4」よりちょっと大きい(幅は狭い!)、まさにコンパクトSUVである。エンジンはバルブタイミングコントロール機構を備える2.4リッター(172ps)とし、トランスミッションにCVTを組み合わせるなど、エントリーモデルにふさわしい敷居の低さも特徴といえるだろう。




【ニューヨークショー2006】ジープの新型エントリーモデル「パトリオット」

もちろん、ジープがジープたるゆえんのオフロード性能にもこだわりを見せる。
標準車の4WDシステムは「Freedom Drive I」と呼ばれる、前後駆動配分&ロック機構付きのフルタイム4WD。“オフロードパッケージ”には、ローレンジモードを搭載する「CVT2L」がついた「Freedom Drive II」を採用した。アプローチアングルは29度、デパーチュアアングルは33度を確保するなど、山あり谷ありの難オフロードコース「ルビコン・トレイル」を走れなければジープ製品として認めない……そのポリシーは受け継がれているようだ。ちなみに、北米市場では、FFモデルも販売される。

ESPや悪路向けのABS、坂道をゆっくり下ることができる「ヒルディセントコントロール」など、装備面からも安全性と使いやすさが追求された。

(webCGオオサワ)

ジープ・ジャパン:http://www.jeep-japan.com/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • 「ジープ・ラングラー」に特別仕様車「JK」が登場 2017.6.30 自動車ニュース 「ジープ・ラングラー」に特別なデザインの限定モデル「JK」が登場。車名の「JK」は、3代目となる現行型ラングラーのコードネームにあやかったもので、ボディーカラーには「チーフ」(ブルー)と「ゴビ」(カーキ)の2色が用意されている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
ホームへ戻る