ジープの新型エントリーモデル「パトリオット」【ニューヨークショー06】

2006.04.11 自動車ニュース
【ニューヨークショー2006】ジープの新型エントリーモデル「パトリオット」

【ニューヨークショー06】ジープの新型エントリーモデル「パトリオット」

ダイムラー・クライスラーは、2006年4月12日〜23日に開催されるニューヨークショーに、ジープの新しいエントリーモデルとなるコンパクトSUV「パトリオット」を出展する。




【ニューヨークショー2006】ジープの新型エントリーモデル「パトリオット」

■本格コンパクトSUV

パトリオットが最初に出展されたのは、2005年のフランクフルトモーターショー。2006年のNYショーに出展されるのは、ほぼ製品版だ。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4411×1756×1637mm、ホイールベースは2635mm。「日産・エクストレイル」より小さく、「トヨタ RAV4」よりちょっと大きい(幅は狭い!)、まさにコンパクトSUVである。エンジンはバルブタイミングコントロール機構を備える2.4リッター(172ps)とし、トランスミッションにCVTを組み合わせるなど、エントリーモデルにふさわしい敷居の低さも特徴といえるだろう。




【ニューヨークショー2006】ジープの新型エントリーモデル「パトリオット」

もちろん、ジープがジープたるゆえんのオフロード性能にもこだわりを見せる。
標準車の4WDシステムは「Freedom Drive I」と呼ばれる、前後駆動配分&ロック機構付きのフルタイム4WD。“オフロードパッケージ”には、ローレンジモードを搭載する「CVT2L」がついた「Freedom Drive II」を採用した。アプローチアングルは29度、デパーチュアアングルは33度を確保するなど、山あり谷ありの難オフロードコース「ルビコン・トレイル」を走れなければジープ製品として認めない……そのポリシーは受け継がれているようだ。ちなみに、北米市場では、FFモデルも販売される。

ESPや悪路向けのABS、坂道をゆっくり下ることができる「ヒルディセントコントロール」など、装備面からも安全性と使いやすさが追求された。

(webCGオオサワ)

ジープ・ジャパン:http://www.jeep-japan.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る