第259回:果報は寝て待て!! 「ベンツ SLRマクラーレン」ちょい乗り

2006.04.10 エッセイ

第259回:果報は寝て待て!! 「ベンツ SLRマクラーレン」ちょい乗り


第259回:果報は寝て待て!! 「ベンツ SLRマクラーレン」ちょい乗りの画像

第259回:果報は寝て待て!! 「ベンツ SLRマクラーレン」ちょい乗りの画像
燦然と輝く「Mclaren」のロゴ!
燦然と輝く「Mclaren」のロゴ!

■ラッキー! 超希少車に乗った

いんやー、果報は寝て待てっつうか、幸せは忘れた頃にやってくるというか、とにかくラッキーは突然やってくるもんです。って突然だからラッキーなのか!?それはともかく今、中期海外出張中なんだけど、予想外にも「メルセデス・ベンツ SLRマクラーレン」に乗れちゃいました。日本円でお値段、約6000万円(カタログでは5985万円)の超スーパースポーツ!5分程度のちょい乗りでしたけど。

今出張のハイライトは後で報告するけど、新型AMGラインナップの試乗&6月のサッカーワールドカップに合わせて、ドイツのシュトゥットガルトでオープンする『メルセデス・ベンツ・ミュージアム』のプレ取材。ただし、その間若干ヒマあるから「もしやスーパー大ゴージャス“ベンツSL系”試乗会ができるかも?」って話だったのだ。そしたら本当に実現しちゃいました。俺、日頃の行いがイイからかなぁ……ってホント!?!?!

当然、みなさんの大注目はSLRマクラーレン! 『NAVI』の高平編集長やらレーシングドライバーの方やら、並みいるモータージャーナリストが集まるなか、乗った経験があるのはドイツ在住の木村好宏センセーのみっつう超希少試乗会。ま、久々、青森・大間産一本釣りの本マグロを頂きます、って感じかな。ごっくん!

果たして、俺の率直な感想は○×△◇!?? ヒジョーに複雑で興味深いものでした。というのもまず気になったのは例のカーボンモノコックのお味。

エンジンルーム、右側のトコロ。もちろんカーボン製。
エンジンルーム、右側のトコロ。もちろんカーボン製。

第259回:果報は寝て待て!! 「ベンツ SLRマクラーレン」ちょい乗りの画像
「SLR」の刻印が刻まれるエンジン。「Mercedes Benz」ではない! マークはあるけど。
「SLR」の刻印が刻まれるエンジン。「Mercedes Benz」ではない! マークはあるけど。

■注目のカーボンモノコック

F1 やルマンカーなど一部のレースカーを除いて、ここまでフルでカーボンモノコックボディを採用したクルマって、実はすくないのだ。ライバルと言える「ポルシェ・カレラGT」ですら、エンジン回りは独特の鳥カゴ構造になっている。SLRみたいにボディ形状ほぼそのままがカーボンになっている例は珍しい。

たしかに626馬力を発生する5.5リッターV8ツインスーパーチャージャーエンジンにも注目だけど、パワートレインは5段ATも含め、ベンツの「CLK55 AMG」と基本共通だし、注目はやっぱフルカーボンのお味……でしょう。いまやプラットフォームがクルマの走り味を決定付けるのは常識。はたしてボディ丸ごとカーボンってどうなのか? たとえると“トロを一匹ぶん丸ごと食ったらどうなる?”って感じかな。……だいぶ違うけど(笑)。

率直な結論は、やたらボディが硬い(足じゃない)ってこと。当たり前の感想ですけど。でもまあとにかく、路面のデコボコを越える時に衝撃が「ボッ」っていうか、「ドッ」っていうか、とにかく短い時間で入って終わる。「ボコッ!」とか「ドン!」ではない。ボディの振動が伝わってる感じが全然ないのだ。一部、カーボン素材は振動減衰性が高いから衝撃すら伝わらない!? って仮説があったけど、そんなことはありません。内装が超高周波数でビリビリ震えるって話もあったけど、ソイツもなかった。

AMGの手になるエンジンは、すべて手で組み立てられる。組み立てた職人のサインが入るプレートは、AMG製だけのプレミアム。
AMGの手になるエンジンは、すべて手で組み立てられる。組み立てた職人のサインが入るプレートは、AMG製だけのプレミアム。
“ちゃんと使えそう”な荷室もある。
“ちゃんと使えそう”な荷室もある。

第259回:果報は寝て待て!! 「ベンツ SLRマクラーレン」ちょい乗りの画像

■“史上最強の直線番長”

それよっか衝撃的だったのが、エンジンがあまり快楽主義的でないこと。考えてみれば当たり前なんだけどね。ツインスーパーチャージャーで最大トルク 79.6kgmをシロモノだから、よく回るっていうより、もはやトルクの塊。アクセル踏んだ瞬間から、スーパーチャージャー独特の「ミョーン」って音とともに、爆発的かつ素直に加速する。まわせば回すほど天井知らずに伸びていく! って感じではないのだ。
ただし速さはハンパじゃなくて、その爆発的加速が延々と続く。木村センセー曰く「俺はアウトバーンで340km/h出したよ!」っていうから相当なもんです。

もうひとつの驚きは、ハンドリングが鷹揚だったこと。これまた考えてみれば当たり前で、626馬力のFRなんだから、そんなに極端にシャープな味付けはできない。もともとSLRマクラーレンは“ウルトラスポーツ”というより“スーパーグランドツアラー”に近い、ってこともあるしね。
ステアリングフィール自体はソリッドかつダイレクトだけど、かなり重めで安定指向だし、ノーズがやたら長いからちょっと「シボレー・コルベット」とか、昔の「マーコス・マンチュラクーペ」かなんかを運転しているようでもある。

だから思ったな、SLRマクラーレン。コイツは“史上最強の直線番長”じゃないかって。もちろん上手い人が乗れば、もっとコーナーで楽しく飛ばせるのかもしれないけど、俺レベルではまっすぐでドカンと踏むだけだし、そうでなくても超ハイパワー。こういう味付けがふさわしいといえるでしょう。

これに対抗するには、1001馬力でオーバー400km/h! お値段が1億6300万円の「ブガッティ・ヴェイロン」を買うしかない!(最近値上げしたってウワサもありますが……)。そんな感じのスゴイ奴でした。あー、面白かった〜!

(文と写真=小沢コージ/2006年4月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』