【スペック】TSI(欧州仕様):全長×全幅×全高=4205×1760×1480mm/ホイールベース=2575mm/車重=1271-1429kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ スーパーチャージャー+ターボチャージャー付き(170ps/6000rpm、24.5kgm/1750-4500rpm)(写真左)

フォルクスワーゲン・ゴルフGT TSI(FF/6MT)/TDI(FF/2ペダル6MT)【海外試乗記】

日本で乗れない高性能 2006.04.07 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフGT TSI(FF/6MT)/TDI(FF/2ペダル6MT)フォルクスワーゲン「ゴルフGT」に、新たに2種のエンジンが追加された。高出力、低燃費を狙った「1.4TSI」と「2.0TDI」の実力を、ドイツのウォルフスブルグから報告する。

いずれも最高出力170ps

「ゴルフGT」。日本ではすでにおなじみのグレード名だが、今回まだ厳しい寒さの続くドイツはウォルフスブルグにて試乗してきたのは、それとはまったくの別のモデルである。まずは「R32」や「GTI」と共通の、しかしボディ同色とされた逆台形グリルや17インチホイールを履く外観に目が行くところだが、何より注目すべきは、その心臓だ。ゴルフGTが搭載しているのは、最高出力170psを発生する「TSI」ガソリン・ツインチャージャーと、「TDI」直噴ディーゼル・ターボの、いずれも最新のエンジンなのである。

TSIユニットのツインチャージャーとは、機械式スーパーチャージャーとターボチャージャーのこと。このふたつの過給器は、排気量1.4リッターの小さな直噴FSIエンジンに組み合わされる。狙いは高出力と低燃費の両立。それだけ聞くとありきたりなお題目という感じもするが、最高出力170ps/6200rpm、最大トルク24.5kgm/1750-4500rpmというスペックと、リッターあたり約13.9kmという低燃費ぶりを見ると、目を見張らないわけにはいかない。

7000rpmを超えて一気に回る

燃費向上に大きく貢献するのは、排気量の小ささとFSI。一方、パワー獲得にはターボチャージャーが搭載されているが、1.4リッターのエンジンには170psを発生させるだけの大きなタービンを回すのは荷が重い。そこで低速域ではクランクシャフトから直接駆動される機械式スーパーチャージャーによって、ラグなしで必要なだけのトルクをもたらすというのが大まかな構成である。ちなみに、その出力値は従来ボーラやパサートが積んでいた2.3リッターV5と肩を並べ、一方で燃費は約20%優れているというのがセールスポイントだ。

実際のパワー感も、基本的には2.3リッターあたりの自然吸気エンジンのようにナチュラル。それでいて、アクセルを踏み直した時などに素早くグッと立ち上がるトルクの頼もしさなど、過給ユニットらしい旨味もしっかり味わえる。無論、GTIの2.0リッターT-FSIと較べれば線は細いのだが、ショートストローク小排気量ということで回転上昇はより軽く、実際、回転計のレッドゾーンもGTIの6500rpmからに対して7000rpmからとされている。しかも踏み続けていると、その7000rpmを超えて7500rpmあたりまで一気に回ってくれるのだ。

この回すほどにパワーの高まる味わいは、個人的にはGTIより軽快でゴルフに合っていると思った。唐突に大トルクが立ち上がらない分、DSGとのマッチングもさらに良いに違いない。

ディーゼル人気の理由

もう1台のGTが積むTDIユニットは、最高出力の170psはTSIと同じだが、最大トルクは何と35.7kgmにも達する。もちろんDPF(ディーゼル微粒子フィルター)は標準装備で、排出ガスはクリーン。特にCO2排出量は、TSIに対して1割近く少ない。そして燃費もリッター当たり約17.0kmという好数値を実現している。

そんなデータ以上に驚かされるのが、そのパフォーマンスだ。DSGを1速に入れてアクセルを踏み込むと、回転の高まりを待つまでもなく、すぐさま強大なトルクが立ち上がり、まさにのけぞるような加速が始まる。4500rpmのレブリミットに到達すると、DSGが瞬時にシフトアップして、息つく間もなくどんどん速度が上がっていく。何しろ、溶け出した路肩の雪で路面がちょっとでも濡れていようものなら、3速だろうとホイールスピンが起こり、ESPランプがめまぐるしく点滅するほどの強烈なトルクなのである。

音や振動は従来より大幅に洗練されたものの、まだTSIほど静かではない。しかし、この力強さを味わってしまうと、あまり静か過ぎるよりかえってそれっぽいという気すらしてくる。ヨーロッパのディーゼル人気の理由が、改めてよくわかった。

このゴルフGT、日本導入についてはまだ未定だが、TSIについては「真剣に検討中」との回答を得た。ただし、今でもゴルフはすでに4つのエンジンを抱えているだけに、これ以上種類を増やすなら、ユーザーが混乱しないような手立てが必要だろう。一方、そのことを脇に置いて考えれば、TDIもぜひ日本で乗りたいと思わずにはおれない。とは言え、それは今後の状況次第ではあるが、しばらくは望み薄と思わざるを得ないのが、ちょっと残念である。

(文=島下泰久/写真=フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン/2006年4月)

「TSI」ガソリン・ツインチャージャーエンジン

「TSI」ガソリン・ツインチャージャーエンジン


フォルクスワーゲン・ゴルフGT TSI(FF/6MT)/TDI(FF/2ペダル6MT)【海外試乗記】の画像


フォルクスワーゲン・ゴルフGT TSI(FF/6MT)/TDI(FF/2ペダル6MT)【海外試乗記】の画像
【スペック】
TDI(欧州仕様):全長×全幅×全高=4205×1760×1480mm/ホイールベース=2575mm/車重=1328-1480kg/駆動方式=FF/2.0リッター直4ディーゼル ターボチャージャー付き(170ps/4200rpm、35.7kgm/1750-2500rpm)

【スペック】TDI(欧州仕様):全長×全幅×全高=4205×1760×1480mm/ホイールベース=2575mm/車重=1328-1480kg/駆動方式=FF/2.0リッター直4ディーゼル ターボチャージャー付き(170ps/4200rpm、35.7kgm/1750-2500rpm)
「TDI」直噴ディーゼル・ターボエンジン

「TDI」直噴ディーゼル・ターボエンジン


フォルクスワーゲン・ゴルフGT TSI(FF/6MT)/TDI(FF/2ペダル6MT)【海外試乗記】の画像
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る