ニュー「アウディTTクーペ」の写真と概要を公開

2006.04.07 自動車ニュース

ニュー「アウディTTクーペ」の写真と概要を公開

独アウディは、2代目「アウディ TTクーペ」の写真と車両概要を、2006年4月6日に発表した。ちなみに、ロードスターの開発も進行中だという。日本への導入時期などは不明。




■よりダイナミックに

1998年に発表されたアウディTTクーペが、約8年を経て2代目に進化する。
新型は、デザインはもちろん、走りもダイナミックに生まれ変わったという。

デザインは、基本的にシンプルで、丸形やドーム形状をモチーフとした先代を受け継ぎつつ、進化させたもの。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4178×1842×1352mm。幅と長さは、先代比でそれぞれ137×78mm拡大された。長く、広くなったボディによって、停まっていても走っているようにダイナミックな印象を与えると謳う。

ボディ構造はアウディお得意のスペースフレーム「ASF」を採用するが、素材はアルミニウムとスチールを69:31%の割合で組み合わせてつくられた。これはアウディ初の試みだという。スチールは主にリアまわりに用いられ、シャシーバランスを向上。高速での安定性を高めるため、120km/hを超えるとリアスポイラーがせり出す仕組みを備えた。




インテリアは、丸形のエアコン吹き出し口などに「TT」たるデザインアイコンが見られるが、下部をフラットにしたステアリングホイールなどは、まさに最新アウディのスポーティモデルらしいものだ。スポーティカーらしく、ドライバーオリエンテッドながら、「完全に人間工学的に優れた」設計を標榜する。
シートレイアウトは、先代同様2+2。ラゲッジルームは290リッター、リアシートをフォールディングすると700リッターに拡大でき、2+2クーペとしては実用性も高そうだ。

エンジンと駆動方式は、最高出力200psの2リッター直4ターボのFFと、同250psを発する3.2リッターV6の「クワトロ」こと4WD。6MT仕様の場合、2リッターは0-100km/h加速が6.4秒、最高速度は240km/h。3.2リッターは、それぞれ5.7秒と250km/h(リミッターにより制限)に達するという。ギアボックスは6MTに加え「dynamic S tronic dual-clutch gearbox」、つまりDSGも選択できる。




足まわりはニューTT用にチューンされた、アウディダイナミックサスペンションを採用。ニュートラルから弱アンダーステアにしつけられたという。乗り心地にも配慮したことはもちろん、オプションで「アウディ・マグネティックライド・ダンパーシステム」が用意される。
ほかに、同社ジマンの「MMI(マルチメディアインターフェイス)」や、携帯電話用のブルートゥース接続ユニットなど、装備品も充実させた。

価格や日本への導入時期などは、まだ不明である。

(webCGオオサワ)

アウディ:http://www.audi.co.jp/

関連キーワード:
TTクーペアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
ホームへ戻る