ニュー「アウディTTクーペ」の写真と概要を公開

2006.04.07 自動車ニュース

ニュー「アウディTTクーペ」の写真と概要を公開

独アウディは、2代目「アウディ TTクーペ」の写真と車両概要を、2006年4月6日に発表した。ちなみに、ロードスターの開発も進行中だという。日本への導入時期などは不明。




■よりダイナミックに

1998年に発表されたアウディTTクーペが、約8年を経て2代目に進化する。
新型は、デザインはもちろん、走りもダイナミックに生まれ変わったという。

デザインは、基本的にシンプルで、丸形やドーム形状をモチーフとした先代を受け継ぎつつ、進化させたもの。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4178×1842×1352mm。幅と長さは、先代比でそれぞれ137×78mm拡大された。長く、広くなったボディによって、停まっていても走っているようにダイナミックな印象を与えると謳う。

ボディ構造はアウディお得意のスペースフレーム「ASF」を採用するが、素材はアルミニウムとスチールを69:31%の割合で組み合わせてつくられた。これはアウディ初の試みだという。スチールは主にリアまわりに用いられ、シャシーバランスを向上。高速での安定性を高めるため、120km/hを超えるとリアスポイラーがせり出す仕組みを備えた。




インテリアは、丸形のエアコン吹き出し口などに「TT」たるデザインアイコンが見られるが、下部をフラットにしたステアリングホイールなどは、まさに最新アウディのスポーティモデルらしいものだ。スポーティカーらしく、ドライバーオリエンテッドながら、「完全に人間工学的に優れた」設計を標榜する。
シートレイアウトは、先代同様2+2。ラゲッジルームは290リッター、リアシートをフォールディングすると700リッターに拡大でき、2+2クーペとしては実用性も高そうだ。

エンジンと駆動方式は、最高出力200psの2リッター直4ターボのFFと、同250psを発する3.2リッターV6の「クワトロ」こと4WD。6MT仕様の場合、2リッターは0-100km/h加速が6.4秒、最高速度は240km/h。3.2リッターは、それぞれ5.7秒と250km/h(リミッターにより制限)に達するという。ギアボックスは6MTに加え「dynamic S tronic dual-clutch gearbox」、つまりDSGも選択できる。




足まわりはニューTT用にチューンされた、アウディダイナミックサスペンションを採用。ニュートラルから弱アンダーステアにしつけられたという。乗り心地にも配慮したことはもちろん、オプションで「アウディ・マグネティックライド・ダンパーシステム」が用意される。
ほかに、同社ジマンの「MMI(マルチメディアインターフェイス)」や、携帯電話用のブルートゥース接続ユニットなど、装備品も充実させた。

価格や日本への導入時期などは、まだ不明である。

(webCGオオサワ)

アウディ:http://www.audi.co.jp/

関連記事
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】NEW 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る