【F1 2006】ガスコイン、トヨタ離脱が正式に決まる

2006.04.07 自動車ニュース

【F1 2006】ガスコイン、トヨタ離脱が正式に決まる

トヨタF1チームのシャシー部門テクニカルディレクター、マイク・ガスコインのチーム離脱が、2006年4月6日に正式発表された。

第3戦オーストラリアGP後に突如噂が流れた大物テクニカルディレクターの離脱。ドイツのトヨタF1チームは、ガスコインを「停職」扱いとしたのち、正式にその職を解いた。2006年10月までの契約は有効だが、ガスコインがトヨタのユニフォームを着てパドックにあらわれることはない。

ガスコインは、トヨタの2年間を「大いなる前進」と評価したうえで、「友好的に(両者が)別れる適切な時期であり、私にとってはイギリスに戻り家族と時間を過ごす時期であると思った」とコメント。冨田務チーム代表は、「我々は別々の道を進むことについて合意に至ったが、マイクの過去数年の多大なるチームへの貢献には感謝している」「彼の幸運を願っている」と述べた。双方、意見の不一致があったものの、両者の関係が円満に終結したことを強調した。

なお、ガスコインの後任については明らかにされていない。

(文=webCG 有吉/写真=トヨタ自動車)

【関連記事】
【F1 2006】敏腕テクニカルディレクター、トヨタF1を離脱か?
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018029.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。