カーシェアリング専用車第2弾、「スズキ・ワゴンR」を発売

2006.04.06 自動車ニュース

カーシェアリング専用車第2弾、「スズキ・ワゴンR」を発売

スズキは、カーシェアリング(車両共同利用)システムに対応した「ワゴンR カーシェアリング専用車」を、2006年4月6日から、カーシェアリング事業者向けに受注生産で販売する。

「登録者専用レンタカー」のようなシステムのカーシェアリングは、複数の利用者がクルマを共有するというもの。税金など維持コストを抑えることができるほか、また渋滞や排出ガス低減など、社会問題を改善する方策のひとつともいわれている。
同社は2004年7月、カーシェアリング業者向けに「MRワゴン」を発売した。今回はその第2弾だ。

前回のMRワゴン同様、カーシェアリングシステムに対応すべく、ID認証を行うICカード読み取り機や、利用スケジュールなどを管理するデータセンターとの通信機器などを搭載。運用管理は、スズキが資本参加するカーシェアリング事業会社、シーイーブイシェアリング社が行う。

(webCGオオサワ)

スズキ:http://www.suzuki.co.jp/
シーイーブイシェアリング:http://www.cev-sharing.com/

 
カーシェアリング専用車第2弾、「スズキ・ワゴンR」を発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・ワゴンR FZ(FF/CVT)/ワゴンRスティングレー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.8 試乗記 モーターによる電動アシスト機能「S-エネチャージ」を備え、32.4km/リッターの燃費を実現した「スズキ・ワゴンR」。新機構の効能と、あえて「ハイブリッド」と名乗らなかったその思惑を探る。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る