【スペック】(欧州仕様)全長×全幅×全高=4382×1866×1255mm/ホイールベース=2600mm/車重=1570kg/駆動方式=FR/4.3リッターV8DOHC32バルブ(380ps/7000rpm、41.8kgm/5000rpm)

アストンマーティンV8ヴァンテージ(FR/6MT)【海外試乗記】

マイ・ネーム・イズ・アストン 2005.11.12 試乗記 アストンマーティンV8ヴァンテージ(FR/6MT)アストンマーティンの2シータースポーツ「V8ヴァンテージ」がいよいよ登場する。ラインナップの中で最小のボディを持ち、最もスポーティとされるモデルに試乗した。

しぶといブランド

アストンマーティンはなぜ潰れなかったのか?

1914年の創立以来、限られた好事家のために彼らが作り出した高性能GTカーの総数はトータルでたった2万台あまり。トヨタなら一日で生産できてしまう台数だ。さおだけ屋と同じ程度しかみかけないこのブランドのしぶとさについては、ベストセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の山田先生でも説明できないかもしれない。

いや、正確に言うとアストンマーティンはその91年の歴史の中で、7回も事実上の倒産を経験しているという。だがそのたびに救いの手を差しのべる人が現われ、不死身のジェームズ・ボンドのように何度でも甦ってきた。もちろん商売や利益のためではなく、ただ名門の名を惜しむがゆえである。そんなアストンマーティンは今やフォードPAGグループの最も輝かしい星である。およそ5年前、ヴァンキッシュとともに始まった復活プロジェクトは、待望のベイビー・アストン、V8ヴァンテージのデビューとともに、いまその完成を見ようとしている。

リアルなスポーツカー

名門の復活といっても、自動車は生半可なブランドビジネスではない。伝統の名前をリバイバルさせただけでは成功は覚束ない。現在のアストンが注目されているのは、伝統的なスタイルに先進技術や現代的な洗練を加え、あくまでリアルなスポーツカーとして形になっているからだ。プラットフォームの大半を共用するという兄貴分のDB9より全長で30cmあまり、ホイールベースで14cm短いV8ヴァンテージの2シーターボディは、ロングノーズ・ショートデッキのごくオーソドックスなスタイルだが、クールかつエレガントでありながらメトロセクシャルなニューリッチ層を狙った商品にありがちな居心地の悪さを感じないのは、本物のスポーツカーとしての秘めた実力を滲ませているからに違いない。

たとえばアルミのエンジンフードを開けてみれば、それは一目瞭然。エンジンブロックは同じグループのジャガー譲りながら、コンロッドやピストンなど8割以上を新設計したという4.3リッターV8エンジン(380ps/7000rpm、41.8kgm/5000rpm)は、頑丈そうな鋳造アルミのストラットタワーの後方、いわゆるフロントミドシップに搭載されている。

しかも、オイルタンクが独立したドライサンプ方式を採用して可能な限り低く積まれているうえに、フェラーリと同じグラツィアーノ社製の6段マニュアルギアボックスもトランスアクスル式。おかげで前後重量配分は49:51と理想的な数字を実現している。また、そのけれん味のない端整な外皮の下には、特殊接着剤で組み上げたアルミニウム製メインシャシーや、アルミ鍛造アームを持つ四輪ダブルウィッシュボーンサスペンションなどが隠されている。要するに、カッコだけではないのだ。







911の真のライバル

鈍く光るアルミの空調ダイヤルが並ぶセンターコンソールの真ん中に嵌め込まれたスターターボタンを押すと、V8ヴァンテージは一声高く吼えて本性を露にする。室内ではさほどでもないが外で聞くエグゾーストノートは明らかに勇ましく、さらに排気系のバイパスバルブが開く4000rpmぐらいから上ではより獰猛なサウンドを発しながら、反時計回りのレヴカウンターの針は7300のリミットめがけて一気に上り詰める。アルミやカーボンコンポジットを多用して1570kgに抑えた車重に対して、380psのピークパワーは絶対的に不足がないだけでなく(0-100km/h加速は5.0秒という)、中低回転域のピックアップも素晴らしい“手ごたえ”のあるエンジンだ。

V8ヴァンテージは、フロントエンジン後輪駆動クーペの手本のような、ごくリニアなハンドリングを持つ。リアにハッチゲートを持ちながらもボディは非常に剛性感が高く、DB9よりアンダーステアは明らかに軽いうえにコントローラブル。試乗会が開かれたトスカーナ地方の狭い山道でも持て余すことはなかった。惜しむらくは、6MTのシフトフィールがややネットリしており素早いチェンジを苦手としている。トランスアクスルの宿命ともいえるが、それを気にする向きは来年には追加発売されるというセミAT仕様を待つという手もある。

いまだに旧本拠地のニューポート・パグネルで文字通り手作りされているフラッグシップのヴァンキッシュに比べれば、V8ヴァンテージは年3000台の目標を掲げる桁違いの量産モデル。現在の本社ゲイドンでの生産が軌道に乗る来年以降は、アストンマーティンはなんと年産5000台メーカーになるという。とはいえ、一般のクルマに比べればV8ヴァンテージも手作りであることには違いはなく、実際サイドシルには「Hand build in England」のプレートが誇らしげに貼ってある。本物のスポーツカーとしての野性味と都会的な洗練、そして実用性と希少性。来年早々には1455万4000円の値札を下げて日本でもデリバリーが始まる。久しく現れなかったポルシェ911の真のライバルの登場である。

(文=NAVI高平高輝/写真=アストン・マーティン/2005年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V8ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • 第8回:夢の世界をちょこっと拝見!
    輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~
    2017.3.22 JAIA輸入車試乗会2017 ベントレーの「フライングスパー」に「ベンテイガ」、アストンマーティンの最新モデル「DB11」、「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動バージョン……。お値段2000万円オーバーの高級車の中から、webCG編集部員が注目モデルの走りをリポートする。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • 第410回:ランボルギーニ開発のキーマン
    “最速の猛牛”「ウラカン ペルフォルマンテ」を語る
    2017.5.11 エディターから一言 ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのノルドシュライフェ(北コース)で、量産車の最速ラップタイムを保持している「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。“最速の猛牛”の強さの秘密はどこにあるのか? ランボルギーニの研究・開発部門担当取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏に聞いた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
ホームへ戻る