ブリヂストン「ポテンザ RE050」をポルシェに納入

2006.04.06 自動車ニュース

ブリヂストン「ポテンザ RE050」をポルシェに納入

ブリヂストンは、「ポルシェ・ボクスター」「ケイマンS」の新車装着タイヤとして、「ポテンザ RE050」の納入を始めたことを、2005年4月5日に発表した。

これにより、欧州、米国、日本で販売される上記車種の標準装着タイヤは「ポテンザ RE050」となる。日本国内では「スバル・レガシィ」や「マツダ・アテンザ」などのスポーティモデルが採用していたモデルだ。

RE050は、イン側でウェット、アウト側はドライ性能を追求した“左右非対称パターン”を採用する高性能タイヤ。欧州で重視されるウェット性能に配慮しつつ、乾いた路面でも優れたハンドリングを両立させたという。

(webCGオオサワ)

ブリヂストン:http://www.bridgestone.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。