最高出力640ps! 「ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP640」予約受付開始

2006.04.05 自動車ニュース

最高出力640ps! 「ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP640」予約受付開始

2006年4月3日、ランボルギーニジャパンは、2006年2月のジュネーブモーターショーで発表したムルシエラゴのニューモデル「ランボルギーニムルシエラゴLP640」の予約受付を始めた。価格は、6MTが2990万円、2ペダル6MT「e-gear」仕様は3090万円。




現在のランボルギーニにおける最高峰「ムルシエラゴ」に、ハイパフォーマンス版たる「LP640」が加わる。06年2月のジュネーブモーターショーで発表した「LP640」の予約受付が、日本で始まった。

「Longitudinale Posteriore」=エンジンがリアに縦置きされた「640ps」を発生するのが「LP640」。580psの6.2リッターV12ユニットは、ボア・ストロークを拡大して6.5リッターとなったほか、シリンダーヘッドと吸気システムを全面的に変更。従来に較べて60psプラスの640ps/8000rpm、トルクは1kgm太くなり67.3kgm/6000rpmを発生する。0-100km/h加速が3.4秒、最高速度は320km/hを超えるパフォーマンスの持ち主だ。

エンジンのみならず、足まわりに新しいスプリングやスタビライザーを採用したほか、電子制御ダンパーをリニューアル。ブレーキシステムもパフォーマンスにあわせ向上させ、オプションでセラミック・カーボン・ブレーキも選択可能とした。4チャネルABS、電子ブレーキコントロール、トラクションコントロールも備わる。オプションとしてセラミック・カーボンブレーキや、ピレリ社のレース用タイヤ「P Zero Corsa」を用意するなど、ハイパフォーマンスを後押しするアイテムも揃う。

エクステリアは、前後バンパー形状を変更したほか、インテリアも変更。オプションでエンジンが外から見える透明ガラス製エンジンフードを設定するなど、内容は豊富だ。

ムルシエラゴは「ディアブロ」の後継として、2001年のフランクフルトショーで発表。これまでに約2000台、全世界で、年間約400台しか販売されない“スーパーカー”。LP640の内容をみてオリジナルの約100万円高と考えれば、リーズナブル……ではないだろうか。

(webCGオオサワ)

ランボルギーニ:http://www.lamborghini.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ムルシエラゴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 新デザインの「マセラティ・クアトロポルテ」発売 2017.1.16 自動車ニュース マセラティ ジャパンは2017年1月16日、マイナーチェンジでデザインや装備に変更が加えられた、4ドアセダン「クアトロポルテ」を発表。同日、国内販売を開始した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
ホームへ戻る