最高出力640ps! 「ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP640」予約受付開始

2006.04.05 自動車ニュース

最高出力640ps! 「ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP640」予約受付開始

2006年4月3日、ランボルギーニジャパンは、2006年2月のジュネーブモーターショーで発表したムルシエラゴのニューモデル「ランボルギーニムルシエラゴLP640」の予約受付を始めた。価格は、6MTが2990万円、2ペダル6MT「e-gear」仕様は3090万円。




現在のランボルギーニにおける最高峰「ムルシエラゴ」に、ハイパフォーマンス版たる「LP640」が加わる。06年2月のジュネーブモーターショーで発表した「LP640」の予約受付が、日本で始まった。

「Longitudinale Posteriore」=エンジンがリアに縦置きされた「640ps」を発生するのが「LP640」。580psの6.2リッターV12ユニットは、ボア・ストロークを拡大して6.5リッターとなったほか、シリンダーヘッドと吸気システムを全面的に変更。従来に較べて60psプラスの640ps/8000rpm、トルクは1kgm太くなり67.3kgm/6000rpmを発生する。0-100km/h加速が3.4秒、最高速度は320km/hを超えるパフォーマンスの持ち主だ。

エンジンのみならず、足まわりに新しいスプリングやスタビライザーを採用したほか、電子制御ダンパーをリニューアル。ブレーキシステムもパフォーマンスにあわせ向上させ、オプションでセラミック・カーボン・ブレーキも選択可能とした。4チャネルABS、電子ブレーキコントロール、トラクションコントロールも備わる。オプションとしてセラミック・カーボンブレーキや、ピレリ社のレース用タイヤ「P Zero Corsa」を用意するなど、ハイパフォーマンスを後押しするアイテムも揃う。

エクステリアは、前後バンパー形状を変更したほか、インテリアも変更。オプションでエンジンが外から見える透明ガラス製エンジンフードを設定するなど、内容は豊富だ。

ムルシエラゴは「ディアブロ」の後継として、2001年のフランクフルトショーで発表。これまでに約2000台、全世界で、年間約400台しか販売されない“スーパーカー”。LP640の内容をみてオリジナルの約100万円高と考えれば、リーズナブル……ではないだろうか。

(webCGオオサワ)

ランボルギーニ:http://www.lamborghini.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6AT)【試乗記】 2010.7.8 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6AT)
    ……3052万2975円

    560psを誇るスーパーカーに試乗したら「ランボルギーニ・カウンタック」に憧れたあのころを思い出した。スーパーカーってやっぱり……。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)【試乗記】 2011.11.7 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)
    ……3377万4825円

    超軽量を意味する「スーパーレジェーラ」。ベース車の「LP570-4」と比較して70kg軽量化された「ガヤルド」は、一体どれだけ凶暴化したのか。猛牛で箱根を目指す!
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • メルセデスAMG GT S(FR/7AT)【試乗記】 2015.8.6 試乗記 メルセデスのスポーツモデルの最高峰「メルセデスAMG GT」に試乗した。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、アルミの骨格を持つGTの真骨頂は「軽さ」。足どりも軽やかな“ライトウェイトスーパーカー”に仕上がっていた。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ(MR/6AT)【試乗記】 2013.9.9 試乗記 デビューから11年目に入り、モデルライフの最終章にある「ガヤルド」。しかし、その走りの切れ味は今なお新鮮だ。ランボルギーニの創業50周年を祝うスペシャルモデルで、ワインディングロードに挑んだ。
ホームへ戻る