最高出力640ps! 「ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP640」予約受付開始

2006.04.05 自動車ニュース

最高出力640ps! 「ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP640」予約受付開始

2006年4月3日、ランボルギーニジャパンは、2006年2月のジュネーブモーターショーで発表したムルシエラゴのニューモデル「ランボルギーニムルシエラゴLP640」の予約受付を始めた。価格は、6MTが2990万円、2ペダル6MT「e-gear」仕様は3090万円。




現在のランボルギーニにおける最高峰「ムルシエラゴ」に、ハイパフォーマンス版たる「LP640」が加わる。06年2月のジュネーブモーターショーで発表した「LP640」の予約受付が、日本で始まった。

「Longitudinale Posteriore」=エンジンがリアに縦置きされた「640ps」を発生するのが「LP640」。580psの6.2リッターV12ユニットは、ボア・ストロークを拡大して6.5リッターとなったほか、シリンダーヘッドと吸気システムを全面的に変更。従来に較べて60psプラスの640ps/8000rpm、トルクは1kgm太くなり67.3kgm/6000rpmを発生する。0-100km/h加速が3.4秒、最高速度は320km/hを超えるパフォーマンスの持ち主だ。

エンジンのみならず、足まわりに新しいスプリングやスタビライザーを採用したほか、電子制御ダンパーをリニューアル。ブレーキシステムもパフォーマンスにあわせ向上させ、オプションでセラミック・カーボン・ブレーキも選択可能とした。4チャネルABS、電子ブレーキコントロール、トラクションコントロールも備わる。オプションとしてセラミック・カーボンブレーキや、ピレリ社のレース用タイヤ「P Zero Corsa」を用意するなど、ハイパフォーマンスを後押しするアイテムも揃う。

エクステリアは、前後バンパー形状を変更したほか、インテリアも変更。オプションでエンジンが外から見える透明ガラス製エンジンフードを設定するなど、内容は豊富だ。

ムルシエラゴは「ディアブロ」の後継として、2001年のフランクフルトショーで発表。これまでに約2000台、全世界で、年間約400台しか販売されない“スーパーカー”。LP640の内容をみてオリジナルの約100万円高と考えれば、リーズナブル……ではないだろうか。

(webCGオオサワ)

ランボルギーニ:http://www.lamborghini.co.jp/

関連記事
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ(MR/6AT)【試乗記】 2013.9.9 試乗記 デビューから11年目に入り、モデルライフの最終章にある「ガヤルド」。しかし、その走りの切れ味は今なお新鮮だ。ランボルギーニの創業50周年を祝うスペシャルモデルで、ワインディングロードに挑んだ。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸NEW 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
ホームへ戻る