【スペック】全長×全幅×全高=4845×1850×1450mm/ホイールベース=2760mm/車重=1810kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC40バルブ(340ps/7000rpm、42.8kgm/3400rpm)/車両本体価格=915.0万円)

アウディS6(5AT)【試乗記】

「決して粗野でなく」 2000.09.08 試乗記 アウディS6(5AT) ……915.0万円 アウディA6のサイドメンバーを80mm延長、A8用4.2リッターV8を押し込んだスーパーサルーンS6に、CG編集部 塚原久が乗った。谷田部でのテストを経て、裏磐梯の山道へ。


ツインカム5バルブを利して

これまで日本には、2.4、2.8リッター、2種類のV6モデルしか導入されていなかったアウディA6。そこに、4.2リッター自然吸気V8を搭載したモデルが登場した。A6をベースとしたスーパーサルーンS6である。
パワーとトルクは、340ps/7000rpm、42.8kgm/3400rpm。アウディ得意のDOHC5バルブヘッドを利して、より排気量の大きなAMG E55やBMW M5に匹敵するスペックを実現している。価格は915万円だ。



2500rpmを超えるあたりから

谷田部は日本自動車研究所で、アウディS6をテストした。単純な加速性能は期待したほどではなかった。最高速は楽々と250km/hを超えたものの、0 −400m=15.0秒という記録は、4リッタークラスのセダンにとって常識的なものでしかない。
計測時の高温多湿なコンディションが不利だったことは事実としても、ボトムエンドから暴力的なパンチを感じさせるE55などとはひとクラス違うことは認めざるを得ないだろう。
もっとも、適度にジェントルなパワーこそ、S6というクルマの真骨頂とも言える。発進時こそ「並」でしかないV8ユニットの印象も、タコメーターの針が2500rpmを超えるあたりから劇的に爽快かつシャープに変化し、レブリミットの7000rpmまでまったくストレスなく吹け上がる。車重1.8トンの重量級サルーンとは思えないほどの軽快感がある。5段ティプトロニックのATを活用して中高回転域を積極的にキープすると、決して粗野でなく、実に心地よい加減速を味わえるのだ。

バランスのよいスポーツセダン

フルタイム4WDであるクワトロシステムを駆動系に採用した足まわりは、どんな高速域でも文句なしに高いスタビリティを実現しているのはもちろん、山道でのハンドリング性能も優秀だ。特に限界に近いコーナリングスピードでスロットルを戻したときの姿勢変化は、S6と同じ方式のクワトロシステムを備えるS4ほど安定志向が強すぎず、一方で同ハルデックスデフを用いたTTほどピーキーでもない。アウディS6は、スポーツセダンとして最適なバランスを実現している。

(文=CG編集部 塚原久/写真=河野敦樹)

関連キーワード:
S6アウディ試乗記

あなたにおすすめの記事