【スペック】全長×全幅×全高=4565×1785×1470mm/ホイールベース=2575mm/車重=1410kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、20.4kgm/3500rpm)/価格=289.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ジェッタ 2.0(FF/6AT)【ブリーフテスト】

フォルクスワーゲン・ジェッタ 2.0(FF/6AT) 2006.04.01 試乗記 ……289.0万円総合評価……★★★★輸入車が幅を利かせるスポーティセダンセグメントにVWが投入したのは、「ゴルフ」ベースのセダン「ジェッタ」。ベーシックグレード「2.0」に試乗し、トランクルームの広さにとどまらないセダンとしての使い勝手のよさと、その走りを検証した。


ブランドではなくプロダクトとしてのドイツ車を選ぶ人へ

1979年に初代がデビューした「VWジェッタ」は、トランクルームが付いた「ゴルフ」という成り立ちのクルマだった。でもその後、「ヴェント」や「ボーラ」と名を変えたあげく、5代目でまたジェッタに戻った新型は、その公式が通用しないクルマになっていた。
スペックを比べると、ゴルフと共通なのはホイールベースだけ。長さはもちろん、幅も高さも違う。おかげで顔以外に、ゴルフの面影はない。それどころか、どこの国のクルマかわからないぐらい個性がない。駐車場で探すのに苦労する。でも乗ればVWそのものである。こういうクルマをありがたがる人はぜったいいると思う。
輸入車を買ったと自慢するつもりはない。むしろ知られたくない。でも室内の仕上げがよく、安定した走りのセダンがほしい。つまりブランドではなくプロダクトとしてドイツ車を選ぶ。時計は国産ですませるけれど、鉛筆はファーバーカステルを愛用する。そんな人にジェッタは似合いそうだ。
なかでも289万円で買える2.0は、いまやレガシィとあまり変わらないボディサイズを考えると、お買い得にさえ思えた。ガイシャのブランド化が進むなかで、貴重な存在だ。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
初代「ゴルフ」デビューの5年後、1979年にハッチバックのゴルフをベースとした3ボックスセダンとして誕生したのが「ジェッタ」。以後20数年間で世界累計660万台以上が販売された。名を「ヴェント」または「ボーラ」と変えながら、2006年1月、再びジェッタとして一新された。
後に登場する「パサート」とともに、フォルクスワーゲンブランドの上級セダンに位置づけられる。
フロントマスクは現行「ゴルフGTI」と似た、クローム処理のワッペングリルとなり、高いウエストラインとともにスポーティセダンらしさを演出する。日本に導入されるグレードは2種で、既にゴルフで採用されているエンジンと同じ、2リッター直噴の「2.0」と、同ターボチャージャー付き「2.0T」。2.0Tにはハンドリング性能向上を図ったスポーツサスペンションが装備される。
(グレード概要)
「2.0」はその名の通り、2リッターエンジン搭載グレード。直噴の「FSI」ユニットは、150ps/6000rpmと20.4kgm/3500rpmを発生する。DSG搭載の「2.0T」に対し、こちらはオーソドクスな6段AT。16インチタイヤ、ファブリックシートなどに差はあるものの、安全装備などは上級グレードと変わらず、ESPやカーテンエアバッグ、アクティブヘッドレストなどが標準で備わる。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
インパネはゴルフと共通。色気はないが隙もない。ルーフが50mm低いので、ウインドスクリーンの天地が詰められており、前方の眺めはゴルフとちょっと違う。グローブボックスの中には車検証入れ用の棚があって、角張った車検証入れがカチッとすき間なく収まる。あまりにもドイツ的。一方で夜間にA/Tセレクター周辺をともす照明はなんと赤。どこかのインジケーターが点灯しているのかと、誤解を招きやすい。
(前席)……★★★★
同じジェッタでもターボエンジンの2.0Tは、本革張り、電動調節、ヒーターつきのスポーツシートを装備するが、2.0は手動のファブリックシート。でもシートとしての機能はこれでじゅうぶん。硬めで張りのある着座感はいかにもVW。シートサイドを覆う樹脂パーツはけっこう高さがあって、降りるときに腿を圧迫するのが気になる。
(後席)……★★★★
足元のスペースはゴルフと同じで、このクラスでは広いほうになる。ルーフはゴルフより50mm低いが、頭上空間は余裕が残る。パシッと張ったファブリックは、これはこれで気持ちいい。ジェッタに限らずVW各車で気になるのは、リアのヘッドレストが大きいこと。パッシブセーフティを重視した結果かもしれないが、後方視界をさまたげるので、アクティブセーフティでは疑問が残る。乗り心地はやはり前席より一段落ちる。
(荷室)……★★★★★
かつてジェッタの代名詞ともいえたトランク容量は、現在はなんと527リッター。ゴルフが350リッターだから1.5倍だ。たしかに見た目にも広い。ただしトランクリッドの開口部は、寝かされたリアウィンドウのために奥行きがいまひとつ。ちなみに歴代(ヴェント、ボーラ含む)のトランク容量は初代から順に520/575/550/455リッターで、新型は銅メダルとなる。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
FSI(直噴)エンジンにトルコン式6段ATを組み合わせるパワートレインはゴルフGLiと共通。ATは発進が唐突なのが気になるが、DSGほどではない。走り出してしまえばスムーズで、1410kgのボディを自在に加速させてくれる。Dレンジ100km/hでのエンジン回転数は2300rpmと、6速という数字から想像するほど低くはないが、静かなクルージングが味わえる。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
以前乗った2.0Tと比べると乗り心地はまろやかだが、それでも段差などはゴツゴツ伝える。スプリングに対してダンパーの効きが弱いのか、高速になってもフラットにはならず、小刻みな揺れが残る。ハンドリングはゴルフよりも安定指向。トランクに大量の荷物を積んだときのことを想定しているのかもしれないが、レベルは高いもののおもしろみはない。直進安定性はVWらしく、文句のつけようがなかった。

(写真=河野敦樹)

【テストデータ】

報告者:森口将之
テスト日:2006年2月16日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2006年型
テスト車の走行距離:3026km
タイヤ:(前) 205/55R16(後)同じ(いずれもミシュランエナジー)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(7)
テスト距離:133.8km
使用燃料:15.5リッター
参考燃費:8.6km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジェッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ 2014.4.18 画像・写真 フォルクスワーゲンがNYショーで公開した新型「ジェッタ」を写真で紹介。
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ 2.0(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2006.4.1 試乗記 ……289.0万円
    総合評価……★★★★

    輸入車が幅を利かせるスポーティセダンセグメントにVWが投入したのは、「ゴルフ」ベースのセダン「ジェッタ」。ベーシックグレード「2.0」に試乗し、トランクルームの広さにとどまらないセダンとしての使い勝手のよさと、その走りを検証した。


  • フォルクスワーゲン・ジェッタTSIコンフォートライン(FF/2ペダル6MT)【試乗速報】 2007.10.17 試乗記 フォルクスワーゲン・ジェッタTSIコンフォートライン(FF/2ペダル6MT)
    ……293.0万円

    直噴ツインチャージャーエンジンを搭載したモデルがセダンにも登場。4車種目となる「ジェッタTSIコンフォートライン」に試乗した。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る