「ジャガーSタイプ」ラインナップが変わる

2006.03.29 自動車ニュース

「ジャガーSタイプ」ラインナップが変わる

ジャガー&ランドローバージャパンは、ジャガーのミディアムクラスサルーン「Sタイプ」のラインナップを新しくし、2006年4月1日に発売する。

2006年1月に販売が始まった「Sタイプ3.0 Executive」(3リッターV6/595.0万円)を含む4車種がラインナップされる。

3.0 Executiveのひとつ上にあった同じ3リッターモデル「3.0 V6 SE」がなくなり、替わりに「3.0ソブリン」(695.0万円)を設定。
4.2リッターV8搭載の「4.2ソブリン」(795.0万円)がトップグレードとなり、406psのスーパーチャージャー付き4.2リッターV8に専用チューンの足まわり「CATS」(電子制御アダプティブダンピング)や「DSC」(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)などを組み合わせたスポーツモデル「R」(945.0万円)が用意される。

(webCG 有吉)

ジャガー:
http://www.jaguar.co.jp/jp/ja/home.htm

関連キーワード:
Sタイプジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXF 20d ピュア(FR/8AT)/XF 25t プレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.26 試乗記 ボディーにアルミニウムを大々的に採用し、先進的なインフォテインメントシステムを搭載するなど、大きく飛躍したジャガーの新型「XF」。2リッターディーゼルエンジン搭載車と、同じく2リッターガソリンエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【レビュー】 2016.4.15 試乗記 “新世代ジャガー”の嚆矢(こうし)として、2007年にデビューした4ドアセダン「XF」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、独自の立ち位置と最新のボディーやエンジンを武器にドイツのライバルと渡り合うことができるのか? その実力を試す。
ホームへ戻る