第257回:中村史郎さんと突撃〜!代官山『マイレバノン』攻略大作戦

2006.03.29 エッセイ

第257回:中村史郎さんと突撃〜!代官山『マイレバノン』攻略大作戦


第257回:中村史郎さんと突撃〜!代官山『マイレバノン』攻略大作戦

■インド料理とイタリア料理の中間?

えー、『マイレバノン』知ってますか? 日産&ルノー社長のカルロス・ゴーン氏の奥様、リタ・ゴーンさんがやってる日本では数少ないレバノン料理店。残念ながら当日、ご本人はいませんでしたけど。
で、以前、なんかのイベントで日産の常務デザイン本部長、中村史郎さんとお会いした時に「一緒にマイレバノンを攻略しよう!」ってハナシになったのだ。確か1年以上前の約束で、それが遂に先日決行されたってわけ。はたしてその首尾は……。

場所は代官山の有名な3差路交差点ソバ。店内に入ると、入口にはレバノン産とおぼしき民芸品がゴロゴロ転がってて、さらに土曜日ってこともあってか、結構空いてて一瞬「大丈夫か?」って感じ。だけど、料理は意外にも(!?)グー!“レバノン”ってことで漠然とスパイシーかつ味濃い目で、馬とか羊とか馴染みの薄い食材ばかり出てくるかと思いきや、ほぼ鳥や豚中心で全然問題ナシ! 唯一、パセリをみじん切りにしてオイルであえたパテみたいのに驚いたけど、それもことのほか苦味なく食べやすい。
作法としては、そういった練り物や肉を炒めた風のを“ピタ”っつうのか、インドのナンの小さいのみたいので挟んで食すんだけど、感想は「まさしく食はシルクロードを渡ってきた!」ってな具合。

大雑把にいえば、インドのカレー料理の辛さを取って、オリーブオイルを多用した地中海料理風のシロモノなのだ。インド料理とイタリア料理の中間っていうかな? 穀類系をあまり取らなかったんで、全貌は見えなかったけど、驚くほど日本人でもすんなり馴染めるお味。
史郎さん曰く、「レバノンはその昔、レバノンGPってあったくらいで、僕らが考える以上に栄えていたし、それにゴーンさんじゃないけど、文化的にすごく多様性がある」んだそうな。写真撮るのを忘れちゃったのが残念だけど、俺たちはかなり気に入って「美味いじゃん!」を連発。


第257回:中村史郎さんと突撃〜!代官山『マイレバノン』攻略大作戦

■視覚快楽の魔術師に

ところで史郎さんとのハナシで、なにが印象的だったかっつーと「視覚は人間の感覚の大部分を支配する」っていう真理。これまた酔っ払ってて詳細はいい加減だけど、デザイナーだか芸術の世界には「視覚第一、触覚第二、嗅覚第三」みたいなセオリーがあるそうな。つまり、人間に入ってくるほとんどの情報は視覚から得られるということである。
ヘンな話だけど、「自分の感覚でなにを奪われるのがイヤかって視覚。つまり最後に残すのは“目”でしょう」と。確かにそうだよね。俺自身、痛さがわからなくなることや、味がわからなくなることより、目が見えなくなるのが一番怖いもん。

ところでこの春から史郎さんは「CCO」、つまり“チーフ・クリエイティブ・オフィサー”なる役職に付くんだそうな。これは“日産に関して、人間の視覚に入るすべてのものをコントロールする仕事”だそうで、具体的にはクルマはもちろん、建物、カンバン、カタログ、書類、ミスフェアレディの制服などなどすべてを管理するってこと。

「事実上、いままでもそうだった」そうなんだけど、時にデザイナーとはそういう成長をするものなのね。俺は、カーデザイナーのトップってのは、てっきり雑誌の編集長よろしく、自らデザインをするかたわら、部下の仕事のチェック及びコントロールをするのがメインだと思ってたんだけど、それだけじゃない。延長として「ブランド(日産)に関する“視覚領域”すべてを管理する」のである。言ってみれば、“視覚快楽の魔術師”ってことよね。優れた料理人がメインディッシュだけでなく、デザートやドリンクまでコントロールするように、デザイナーはもはやカタチ、色、雰囲気、などなどすべて操ろうとする。

「人は手、耳、舌、肌で味わう前にまず“目”で味わう」とはよく言われるけど、ホントのこと。つくづく“デザイン”って奥深いですなぁ。

(文と写真=小沢コージ/2006年3月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』