【スペック】全長×全幅×全高=4150×1765×1400mm/ホイールベース=2520mm/車重=1460kg/駆動方式=4WD/1.8リッター直4DOHC20バルブ(210ps/5800rpm、27.5kgm/2100から5000rpm)/車両本体価格=420.0万円(テスト車=同じ)

アウディS3(6MT)【ブリーフテスト】

アウディS3(6MT) 2001.01.22 試乗記 ……420.0万円総合評価……★★★★
 

クールでホット

「S3」は、スペシャルな「A3」。空力バンパーとフォグランプで表情キリリ。225/45R17と、インチアップされたホイールと薄いタイヤで、足もとを引き締める。太く丸い握りのギアレバーのシフトパターンには、「6」まで数字が振られる。つまり6MT。
A3クワトロより60ps(!)アップの1.8リッター5バルブターボは軽々と回り、油断すると、たちまち4000、5000rpmに。直線的な、しかし過給器の加勢を感じる力強いパワーの盛り上がり。加速はクールだが、フィールはホット。ライブリィなエンジンサウンドと排気音が、「運転している」気にさせる。
回転落ちの遅さは、細かく刻んだギアレシオでカバー。小気味よく走れる。すこしでもスロットルペダルを踏み込むと、「ヒーン」とタービン音が響いて、ドライバーを奮いたたせる。
硬めの足まわり。高い速度域に合わせたのか、制動力の立ち上がりが早いブレーキ。革とアルカンタラの華やかなインテリア。ステアリングホイールを握るヒトに、常に「S」を意識させるプレミアムコンパクト。そうでなければ、A4の6気筒モデルに迫る価格のハッチバックを、手に入れる意味がない。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
アウディの「Sモデル」は、各「Aモデル」を、よりスポーティに仕立てたもの。S3、S4、S6、そしてS8がラインナップされる。いずれも、高出力エンジン、「クワトロ」こと4WDシステム、豪華な内装、を特徴とする。S3はA3より遅れること3年、1999年のジュネーブショーでデビューした。
(グレード概要)
S3は、A3「1.8Tクワトロ」の5バルブターボをチューン、150psから210psにパワーが引き上げられた。ギアボックスには、1速多い6段MTが奢られる。「レカロ」スポーツシート、革巻きステアリングホイール、8スピーカーのステレオなど、装備も贅沢。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
37cmとやや小径なステアリングホイールのせいか、水平基調のインストゥルメントパネルが、やたら幅広に感じる。整然と配された、メーター、ブロワー、センターコンソールのスイッチ類。ゲルマンの「整理整頓」。ちょっと冷たい印象が……。夜間、ライトをつけると、赤いバックライトがキレイだ。
(前席)……★★★★
外観よりよほど魅力的な室内。Recaroシートには、革とアルカンタラがふんだんに使われる。見た目より硬い座り心地で、バックレストのサイドサポートも、スポーツモデルらしくシッカリしている。ハイト、リクライニングは電動だが、前後スライドは手で行う。
(後席)……★★★
ダブルフォールディング可能なリアシート。背もたれは立ち気味で、後席の住人は、背筋を伸ばして座ることになる。サイドがえぐられており、ヒジを置くことが可能。足もと、頭上とも充分なクリアランスがあるが、絞り込まれたグリーンハウスゆえ、頭斜め上は、やや圧迫感あり。
(荷室)……★★★
床面最大幅100cm、奥行き76cmと、やや小ぶりなラゲッジルーム。しかし、スクエアな形状で、使い勝手は良さそうだ。後席のバックレストを倒すと、奥行きが140cmになる。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★★
アウディ自慢の5バルブユニット。TTクワトロの225psをわずかにデチューン、それでも210psと、ハイパワー。過給機付きエンジンながら、スムーズに回転を上げ、ターボバンのない、力強く直線的なアウトプットを見せる。0-100km/hのカタログデータは、わずか6.9秒だ。シフトは軽くスムーズ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
「スポーツプレミアムコンパクト」と謳われるだけに、乗り心地は硬い。しかし、直接的な突き上げは抑えられるので、(すくなくともステアリングホイールを握っているかぎり)不快に感じることはない。ハンドリングは明快で素直。運転が楽しい。個人的には、TTクワトロより好ましく感じた。

(写真=阿部ちひろ)

 

【テストデータ】

報告者:web CG 青木禎之
テスト日:2001年1月12日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:2753km
タイヤ:(前)225/45R17 91Y/(後)同じ(いずれもMichelin Pilot SX)
オプション装備:-
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(7)
テスト距離:362.7km
使用燃料:41.5リッター
参考燃費:8.7km/リッター


 

 

 

 

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • アウディ、A3/S3などの車両価格を改定 2015.9.1 自動車ニュース アウディ ジャパンは2015年9月1日、「アウディA3スポーツバック/S3スポーツバック/A3セダン/S3セダン」の日本における販売価格を、同日付で改定すると発表した。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2013.11.26 試乗記 3代目となるアウディのコンパクトハッチバック「A3」に試乗。新たな機能を多数盛り込んだという新型の使い勝手、そして走りは?
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る