【スペック】全長×全幅×全高=4060×1765×1340mm/ホイールベース=2425mm/車重=1300kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(180ps/5500rpm、24.0kgm/1950から5000rpm)/車両本体価格=390.0万円(テスト車=410.0万円)

アウディTTクーペ1.8T(5MT)【ブリーフテスト】

アウディTTクーペ1.8T(5MT) 2001.01.22 試乗記 ……390.0万円総合評価……★★★

着やすいディフュージョンライン

クワトロモデルに遅れること約3カ月。新たに日本に導入されたFF版TTクーペは、4WDモデルより45psパワーダウンして180psになり、リアサスペンションはダブルウィッシュボーンから簡便なトーションビーム式に変更された……、てなことは外観からはわからないから、クルマにもスタイルを求めるオシャレさんには、90万円安の車両本体価格390.0万円也は、グッドニュース。ギアが1枚減って5段になったことは? シフトミスしにくくなって、いいじゃないですか。
アルカンタラのシートに座れば、グラスエリア少なく、閉所感高し。車両感覚の掴みにくさは、伊達のやせ我慢で目をつぶろう。目をつぶったままだと、走れませんが。
タービンが小径化された5バルブユニットは、自然に吹け上がり、それでも軽い過給感あり。パワーにも操縦性にも、クワトロモデルの「油断ならない」ところはなくなったが、じゅぶん速い。尖ったところがなくなって、着やすくなったディフュージョンラインとでもいいましょうか。MTモデルしかないのも、やたらと数が増えなくていいかもしれない。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
アウディTTは、1998年9月にデビューした、A3ベースのスペシャルティモデル。フリーマン・トーマスの手になる斬新なボディスタイルが話題になった。翌年、ロードスターが市販化。搭載される1.8リッター5バルブターボは、180psと225ps、2種類のチューンがある。トランスミッションは、前者が5MT、後者が6MTである。駆動方式は、「クワトロ」こと4WDのほか、FFもある。
(グレード概要)
TTクーペのFFモデルは、欧州ではデビュー当初から用意されていたが、日本では、2001年1月10日から発売が開始された。1.8リッターターボは過給タービンを小径化、225psから180psにデチューンされる。組み合わされるギアボックスも、コンベンショナルな5段MTと、ギアが1枚少ない。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
上下で濃淡に分けられたインテリア。全体に、樹脂類の質感がいまひとつ。特に薄いグレーの部分。スケッチから抜け出たかのような「リング」に執着したインパネまわりは、わかりやすいデザインコンシャス。エアコン吹き出し口の開閉を、シルバーのリングを回して行うなど、機能との融合も図られる。
(前席)……★★★
アルカンタラを使った凝ったシート。たっぶりした座面長をもち、適度に硬い座り心地。調整はすべて手動。ハイトコントロールも備わるが、ヒザ裏付近を支点に座面が動くので、ヒザ下が短いドライバーは、なかなか好みのポジションが見つけられない。ドライバーにも、クルマに見合ったプロポーションが要求される。
(後席)……★
いうまでもなく、エマージェンシーまたは小さな子供用。前席バックレストを倒した狭い開口部から乗り込むので、大人は必ず天井に頭をブツける。3点式シートベルトは、拷問の具。
(荷室)……★★★★
スタイル優先の「遊びグルマ」との先入観があったせいか、床面幅93cm、奥行き85cmと予想外に広いラゲッジルームに驚く。プロペラシャフト、デファレンシャルといった4WDシステムが床下にないため、パーセルシェルフまでの高さが50cmと、天地もじゅうぶん。TTクワトロよりグッと実用的。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
クワトロモデルの225psから、180psにデチューンされた5バルブターボ。離陸するか、と思うばかりの圧倒的な加速感は失われたが、タコメーターの上昇は段付きなくスムーズ。それでいてターボの過給感があって、3000rpm以上に保って走ると、わずかなスロットル操作でも吸い込まれるかのように前進する。ヨンクより140kg軽いのもウレシイ。
コンベンショナルな5段MTは、テスト車の走行距離が短いためか、ややシブい。1速で約60km/h、2速で約100km/hまでをカバー、5速での100km/h巡航のエンジン回転数は約2750rpm。4WDモデルより大きくパフォーマンスを落とさない配慮か、エンジン出力のわりに低く設定されたギア比だ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★
デビュー当初のハンドリング問題に対処したためだろう、足まわりは硬く、ゴツゴツする。継ぎ目の多い道路では、路面からの突き上げに、少々辟易する。速度を上げると若干緩和されるが、総じて乗り心地は悪い。ハンドリングは、クワトロ版より「わかりやすく」なったが、運転操作に対するボディの挙動が鈍い、大味なところはよく似ている。

(写真=阿部ちひろ)

【テストデータ】

報告者:web CG 青木禎之
テスト日:2001年1月18日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:1678km
タイヤ:(前)225/45R17 91Y/(後)同じ(いずれもMichelin Pilot SX)
オプション装備:鍛造アルミホイール(タイヤサイズは225/45R17)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(7)
テスト距離:348.8km
使用燃料:43.3リッター
参考燃費:8.1km/リッター

関連記事
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る