【スペック】パサート2.0:全長×全幅×全高=4785×1820×1490mm/ホイールベース=2710mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2.0リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、20.4kgm/3500rpm)/価格=319万円(テスト車=333万7000円/バイキセノンヘッドランプ=14万7000円)

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0T/パサート2.0/パサートV6 4モーション【試乗速報(後編)】

プレミアムよりクラスレス(後編) 2006.03.24 試乗記 フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0T(FF/6AT)/パサート2.0(FF/6AT)/パサートV6 4モーション(4WD/2ペダル6MT)……428万2500円/333万7000円/439万円フォルクスワーゲン「パサート」には、3種のエンジンが用意されている。新開発の狭角10.6度のV6エンジンを搭載するのが、トップモデルのV6 4モーションで、4WDシステムとDSGが組み合わせられている。

4気筒NAモデルは319万円

先代「パサート」は最初V6とV5が用意され、W8までがラインナップされたあとで直列4気筒エンジンを搭載したモデルが登場した。もともとライバルに比べて競争力のある価格が付けられていたのだが、さらに廉価だということで大いに人気を博した。実用車として考える限り走りに不足はなかったのだから、意義のある選択肢だった。

新パサートでは、初めから4気筒のNAモデルが用意されている。150psの2リッターエンジンを積み、価格はまたも思い切った設定で、319万円である。安くても、基本的な装備は上級モデルと共通だ。キーユニットを押し込むことでエンジンを始動させる「プレス&ドライブ」と呼ばれるイグニッションシステム、オートホールド機能を持った電動パーキングブレーキなど、上級感をにじませる機構は同じように装備される。

走らせてみても、先代と同様、特に不満は感じない。高速道路の合流で加速する時など、エンジン音の高まりが煩わしく感じられることもあるが、スピードに乗ってしまえば安定感のある走りを享受できる。しかし、それを理解しながらも、どこか物足りなく感じたのも事実である。大きく立派になったボディ、高級感を増したインテリアとのマッチングは、少々バランスを欠くように感じられたのだ。全体的に乗り心地には改善の余地があるように思われたが、特に4気筒モデルは粗い路面で時に安っぽい振動が興を削ぐことがあった。

【スペック】
V6 4モーション:全長×全幅×全高=4785×1820×1490mm/ホイールベース=2710mm/車重=1660kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(250ps/6250rpm、33.1kgm/2750rpm)/価格=439万円(テスト車=同じ)



250ps、4WD、DSG

「V6 4モーション」には、最後に乗ることになった。250psの最高出力を誇るエンジンに4WDシステム、2ペダルMTのDSGを組み合わせた、至れり尽くせりの仕様だ。しかも、ダイナミックコーナリングライトを備えたバイキセノンヘッドライトやレザースポーツシートなどが標準でつく。外装もクロームパーツの量が増えていて、少しばかりゴージャスに見える。それでも450万円を大幅に下回る値段なのだから、実はこれがいちばんお買い得なモデルかもしれない。

試乗を始めてしばらくすると、空から雨が落ちてきた。撮影にはハンディとなるが、4モーションを試すにはありがたい状況である。ハルデックスカップリングを用いた4WDシステムはABSやEPSと連動して前後輪のトルク配分をコントロールするという。次第に雨が激しくなってきた宮崎道は高速コーナーが連続するが、ハイペースで飛ばしてもいささかの不安も感じない。高速移動を常とする人にとっては、この安定感はこの上なくありがたい。

高速を降りて霧島連峰へ向かう山道に入ると、DSGを駆使することになる。パドルは付かないのでフロアのレバーで操作するのだが、相変わらずシフトダウンの気持ちよさは健在である。シフトのクイックなことには感心してしまうし、ATでは得られないダイレクト感がスポーティな気分を盛り上げる。「ジェッタ2.0T」ではクイックさが仇となって発進時にEPSが介入するような粗さを見せることもあったが、さすがに4モーションのおかげで振る舞いはジェントルである。





セダンとワゴンの微妙な差

日本の輸入車ミディアムセダン市場で、これまでパサートは大きな存在感を示してはいなかった。3万台と言われるマーケットの中で、ピーク時でも1817台という実績しか残せていない。しかし、ミディアムワゴンとなると話は違って、アウディ、メルセデス・ベンツ、BMW、ボルボとほぼ拮抗しているのだ。このあたり、セダンとワゴンのユーザー意識に微妙な差があることの反映なのだろう。

新しいパサートが、プレミアム方向に舵を切ったのは間違いない。装備や内装の質感も相応のレベルに達しているし、強力なパワートレインもライバルに十分に対抗できるものだ。しかし、それでも無闇にプレミアムを強調しないところに、フォルクスワーゲンというブランドの姿勢がある。VGJの梅野社長が挨拶の中で、フォルクスワーゲンのクルマはまじめで実質本位であり、「クラスレス」であると話していた。

プレミアム指向が瀰漫する中で、ヒエラルキー意識を利用するほうが販売を伸ばすにはわかりやすいし効果もありそうだ。でも、なんでもプレミアムというのも、そろそろ鼻についてきた。フォルクスワーゲンには、現在の絶妙なブランドイメージを維持してほしいと思う。パサートは確かに高級感を高めたけれど、尊大な印象を与えることはない。価格面も含め、今どき貴重なキャラクターには好感が持てるではないか。

(文=NAVI鈴木真人/写真=高橋信宏/2006年3月)

・フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0T/パサート2.0/パサートV6 4モーション【試乗速報(前編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017967.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る