【F1 2006】富士スピードウェイ、2007年F1日本GP開催決定、鈴鹿は?

2006.03.24 自動車ニュース

【F1 2006】富士スピードウェイ、2007年F1日本GP開催決定、鈴鹿は?

富士スピードウェイは、F1世界選手権の開催権利などを管理するフォーミュラ・ワン・アドミニストレーション(FOA)と、2007年10月にF1日本GPを同サーキットで開催することで合意、2006年3月24日に発表した。

1976、77年と日本初のF1を開催した富士に、30年ぶりにGPが戻ってくる。トヨタの資本が入り、総工費約200億円といわれる大改修を2005年4月に終えた富士スピードウェイ。当然、狙うはF1開催。トヨタF1マシンの勇姿を、首都圏に近い富士で披露する青写真は、2007年に現実のものとなる。

F1界の商業を牛耳るFOAのバーニー・エクレストン代表は、「このたび、名峰“富士山”をのぞむ美しい自然に囲まれた富士スピードウェイで、F1日本GPを開催できることを大変嬉しく思っている。今回の決定が F1の新たな時代の幕開けとなることを期待している」とコメントしている。

なお、1987年から日本GPの舞台として数々の激戦が繰り広げられた三重県・鈴鹿サーキットでのF1開催については不明。日本での1年2レース開催は、1994、95年に岡山県TIサーキット英田と鈴鹿での前例がある。

(webCG 有吉)

【F1 2006】富士スピードウェイ、2007年F1日本GP開催決定、鈴鹿は?の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。