トヨタ、販売チャネルのキャラ分けを促進

2006.03.24 自動車ニュース

トヨタ、販売チャネルのキャラ分けを促進

トヨタ自動車は、国内販売系列チャネルのアイデンティティを明確化し、「トヨタ店」「トヨペット店」「カローラ店」には新しいVI(ヴィジュアル・アイデンティティ)を導入、「ネッツ店」を含めて、各チャネルの性格に応じた店舗づくりを行うと、2006年3月23日に発表した。

自動車メーカーの国内ディーラー網が曲がり角を迎えているいま、トヨタは、競争環境の厳しい日本において、顧客の価値観の変化やマーケットの構造変化に的確に対応することを目的に、ブランド・チャネルを再構築する新「商品・流通政策」を推進しているという。

このなかで、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店では、チャネルロゴの刷新、店舗看板への各チャネル専用カラー・素材の採用などを実施、キャラ立てをはっきりとさせる。
つまり、トヨタ店は「高級車を中心としたチャネル」、トヨペット店は「ミディアムカーを中心としたチャネル」、カローラ店は「コンパクトカーを中心としたチャネル」、そしてネッツ店は「個性的で存在感のある車種を中心としたチャネル」という位置付け。トヨタブランドではないものの、2005年夏に開業したレクサスは、別格の高級車ブランドというポジションとなろう。

(webCG 有吉)

トヨタ、販売チャネルのキャラ分けを促進の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。