「フォード・フィエスタ」改良、急ブレーキで自動ハザード

2006.03.23 自動車ニュース

「フォード・フィエスタ」改良、急ブレーキで自動ハザード

フォード・ジャパン・リミテッドは、フォードのコンパクトカー「フィエスタ」の装備、デザインを改良し、2006年3月23日に発売した。

エクステリアでは、ヘッドランプ、フロントグリル、前後バンパーなどを、インテリアでは、インストルメントパネルやメータークラスター、シート素材などをお化粧直しした。

さらにフルオートエアコンやキーレスエントリー連動ドアミラー、96km/h以上で走行している時に急ブレーキをかけると自動的にハザードランプを点滅させる「オートハザードランプ」を標準設定するなどした。

ボディカラーに新色「ヴィオラメタリック」を追加し、内装色も「アボカドベージュ」と「ブラック」の2色を用意した。

グレード体系を見直し、最上級グレードの5ドア「GHIA」に絞った。1.6リッター+4段ATで、価格は196.0万円。
なお今後は、2005年5月に限定販売された高性能モデル、3ドア「フィエスタST」のリリースが予定されているという。

(webCG 有吉)

フォード・ジャパン・リミテッド「フィエスタ」:
http://www.ford.co.jp/fiesta/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。