日本における最後の「スマート・ロードスター/ロードスタークーペ」30台限定販売

2006.03.23 自動車ニュース

日本における最後の「スマート・ロードスター/ロードスタークーペ」30台限定販売

ダイムラー・クライスラー日本は、スマートのライトウェイトスポーツカー「ロードスター」と「ロードスタークーペ」の特別仕様車を、2006年3月23日に発売した。日本における最終モデルであり、30台限定で販売される。

2003年9月に日本上陸を果たしたオープン2シーター「スマート・ロードスター」と、ハードトップを載せた「スマート・ロードスタークーペ」。800kg台の軽量ボディに、0.7リッター82psの直3ターボを載せた、200万円台半ば以上のモデルを、新車で手に入れられるのは最後となる。

特別装備として、ダッシュボード上にブースト圧計や水温計、「BRABUSスポーツステアリング(パドルシフト付き)」、センターコンソールにマウントされたDVDナビゲーションシステム、本革シート(シートヒーター付き)を採用。それぞれベース車両の約6万円高、約7万円高のプライスタグを付けた。
限定23台の「ロードスター・リミテッド」は273.9万円、7台のみの「ロードスタークーペ・リミテッド」は298.8万円。

(webCG 有吉)


スマート:
http://www.smart-j.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド/フォーフォー ターボ【試乗記】 2016.9.29 試乗記 第3世代となる現行型のスマートに、ターボエンジン搭載モデルが登場。その走りは、先行デビューした自然吸気モデルとどう違うのか。2シーターオープンと4シーター、それぞれの持ち味をチェックした。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.13 試乗記 「スマート・フォーツー」に限定モデル「カブリオ ターボ リミテッド」が登場。90psと13.8kgmを発生する0.9リッター直3ターボエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて3代目となる現行型スマートのドライブフィールを確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
ホームへ戻る