【スペック】全長×全幅×全高=4495×1735×1410mm/ホイールベース=2605mm/車重=1440kg/駆動方式=4WD/1.8リッター直4DOHC20バルブターボ(150ps/5700rpm、21.4kgm/1750から4600rpm)/車両本体価格=399.0万円(テスト車両=同じ)

アウディA4 1.8Tクワトロ(5MT)【ブリーフテスト】

アウディA4 1.8Tクワトロ(5MT) 2001.02.16 試乗記 ……399.0万円総合評価……★★★★

品のいいスポーティセダン

日本市場で一時ラインナップから落とされていたA4の4WDモデル「クワトロ」が、2000年9月に復活した。ヤナセ時代に築かれた「奥様の赤いアウディ」から「スポーティ」へ。フォルクスワーゲンからディーラー網を分離した新生アウディは、新しい販売チャネルと、ブランドイメージの再構築に懸命である。
1980年代前半のラリーマシンの末裔は、スポーツサスペンションと専用ホイールで足もとをキメる。ドライバーズシートに座れば、ホワイトメーターがスポーティ。A4シリーズ中、唯一の5段MTを繰って走り始めると、タコメーターの針が2000rpmを超えるあたりから、やんわりとターボが背中を押す。5バルブユニットは、回せば穏やかにパワーを紡ぐが、しかし「ほとばしる」ようなことはない。「うーん、もう一息!」と思わせるところが、なんともお上品。乗り心地もフラットで、ドライブフィールにかつてのラリーウェポンを思わせる荒々しさは微塵もない。小ぶりなステアリングホイールを握りながら、「活動的な奥様に最適」と思って苦笑い。老舗ヤナセとの復縁を果たしたフォーリングスの今後やいかに?

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
A4シリーズは、1994年10月にデビューしたアウディの屋台骨。セダンとアバント(ワゴン)がある。99年にマイナーチェンジを受け、デザイン、シャシーにリファインを受けた。とはいえ、一時販売台数でBMW3シリーズを凌駕したフォーリングズの名作も、さすがにモデル末期である。2001年モデルとして日本に入るセダンのエンジンラインナップは、1.8リッター直4NA(125ps)とターボ(150ps)、2.4リッターV6(165ps)の3種類。
(グレード概要)
駆動方式とエンジンの組み合わせは、FFが、1.8/2.4リッターのいずれもNA。クワトロは、1.8リッターターボと2.4リッターである。トランスミッションは、1.8Tクワトロのみマニュアルギアボックス。「ノーチラス」という生地のファブリックシートが装着され、前後スライドは手動だが、ランバーサポートは電動で調整可能だ。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
ホワイトメーター。ポップな書体の数字。乗員を囲むように両サイドのドアにつながる、インパネを横切るシルバーのパネル。ボタン類が整理されたセンターコンソール。クールにデザインされたインパネまわりだ。夜間は、オレンジのバックライトが目に暖かい。
(前席)……★★★
グレーという月並みな色ながら、シートに細かい縦織りの入った洒落たファブリックを使うことによって、インテリアを退屈にしていない。最初のあたりは硬いが、クッションが多い、柔らかめの座り心地。ホールド性もよい。
(後席)……★★★
背もたれはえぐられ、上体を軽くはめ込む感じ。着座位置は高めで、キチンとした姿勢で座らされる。おかげで、比較的狭い足もとのスペースが気にならない。足先がもうすこし前席の下に入るとよかった。上下調整可能なヘッドレストが備わる。
(荷室)……★★★
440リッター(VDA方式)の容量を誇るトランク。スクウェアな形状で、使いやすそうだ。リッドは2本のダンパーで支えられ、ヒンジ類が荷室へ干渉することがない。後席バックレストを倒せば(分割可倒式)、さらなる拡大が可能だ。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
可変吸気および吸気側可変バルブタイミング機構をもつ、アウディ自慢の5バルブユニット。全域にわたって薄く過給がかかり、回転は「まろやか」。ターボバンはないので、回しても爆発的な加速はない。上品なスポーティさ。シフトストロークは特に短くないが、操作感は軽い。キノコのような太いシフトノブが男らしい。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
1.8Tクワトロにはスポーツサスが奢られるが、硬さゆえの不快感は皆無。いわゆるフラットライドで、乗り心地はいい。ただ、高速道路の路面によっては、巡航時に長い周期のピッチングが続くことがあり、ほのかに不快。ハンドリングはやや大味。「曲がり」が楽しいといった類の「スポーティ」ではない。

(写真=河野敦樹)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2000年10月31日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:1941km
タイヤ:(前)205/55R16/(後)同じ
オプション装備:-
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(6):山岳路(1)
テスト距離:427.6km
使用燃料:42.0リッター
参考燃費:10.2km/リッター

関連記事
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
ホームへ戻る