アウディ A4【特集/小林彰太郎】

意外な強敵-新型アウディA4の第一印象- 2001.12.29 試乗記 アウディ A4
……362.0〜533.0万円

日本のモータージャーナリズムの草分け的存在、小林彰太郎。今回は、北海道は女満別に飛び、ニューアウディA4のローンチに立ち会った。3リッターV6と2リッター直4の2本立てとなった新型は、どうだったのか? ファーストインプレッションを報告する。


アウディ A4【特集/小林彰太郎】の画像
A4 2.0SE:全長×全幅×全高=4555×1765×1430mm/ホイールベース=2645mm/車重=1470kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC20バルブ(130ps/5700rpm、19.9kgm/3300rpm)/車両本体価格=399.0万円

A4 2.0SE:全長×全幅×全高=4555×1765×1430mm/ホイールベース=2645mm/車重=1470kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC20バルブ(130ps/5700rpm、19.9kgm/3300rpm)/車両本体価格=399.0万円

アウディ販売の65%

結論から先に述べるなら、新型アウディA4は、メルセデスC240やBMW330iに匹敵するだけでなく、部分的にはそれを超えたコンパクトな高級ファミリーサルーンに進化した。1972年にデビューしたアウディ80から数えれば、ニューA4は6世代目にあたる。
初期の80は、ボディを除けば事実上フォルクスワーゲンそのものだった。それが、画期的なクワトロが登場した80年代から、アウディはVWとは別の路線を歩み始める。「技術による前進」をモットーに、クワトロは国際ラリーで目覚しい活躍を示し、世界の注目を集めた。
だが日本市場におけるアウディは、メルセデスやBMWの陰に隠れて、そのブランド知名度はいまだに低いと言わざるを得ない。

そこでアウディジャパンは、新A4の発売を機に、日本市場の販売体制を全面的に強化し、近い将来アウディ専売拠点を100店に増やすという。同時に、A4を全アウディ販売の65%に当たる、中核的な車種に育てる方針を発表した。

A4は、大きく分ければ前輪駆動の4気筒2.0+マルチトロニック(CVT)と、V6 3.0+クワトロ+ティプトロニック(5AT)の2車種になる。さらに前者には、トリムレベルの違いで、“ただの”「2.0」(362.0万円)と高級仕様の「2.0SE」(399.0万円)がある。いっぽうV6は、足まわりのセッティングによって、ノーマル「3.0q」(515.0万円)とスポーツ「3.0q Sport」(533.0万円)の2仕様に分かれる。本州から来ると、ウソのように空いた北海道の路上でテストした印象を記す。

大いに損している

A4各モデルに共有する美点は、(1) 無類に剛性高く、造りのよいボディ(2)ゆたかなホイールストロークと、的確なダンピングによる理想的な操縦性/乗り心地(3)あらゆる条件下での強力なトラクション、以上の3点である。特にボディの剛性は、従来型より約45%向上しているといい、実に印象的だった。乗用車の実力は、車体設計で決まるというのはまさに真理である。

前輪駆動の「2.0SE」マルチトロニックから試してみよう。この変速機は、アウディ独自の無段変速CVTである。レバーを左列にセットし、前後に軽く押すことにより、予め設定された前進6段の"ギア"をマニュアルシフトできる。CVTの常で、静止状態からスロットルを踏み込むと、まずエンジン回転だけが上がり、次第に車速がそれに追いつく。
残念なことに、新設計の軽量構造アルミブロック4気筒130psは、吸気音と思しきノイズが、3000-4000程度の回転域でも相当高まる。これは全体の高級感にそぐわないので大いに損している。早急な改善を望みたい。4気筒としては全域でスムーズなのだから。





A4 3.0q Sport:全長×全幅×全高=4555×1765×1410mm/ホイールベース=2645mm/車重=1660kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC30バルブ(220ps/6300rpm、30.6kgm/3200rpm)/車両本体価格=533.0万円

絶大な武器

これに対して、V6 3.0クワトロ +ティプトロニックの方は、エンジントルクも充分であるし、ふつうの5段ATなので、ほとんど常時「D」のままで用が足りる。ワインディングロードや登坂でも、「S(スポーツ)」をセレクトすれば、スロットルの加減ひとつですべての状況に対応できる。非常にスムーズで静粛なことも、大きな美点である。

因みに、テストしたV6モデルは、スポーツ仕様の「3.0q Sport」だった。バネ、ダンパーが若干硬く、タイアがノーマルの215/55R16コンチネンタルに対し、235/45R17ダンロップなのが相違点である。乗り心地は別に問題ないが、おそらくワイドなタイアのため、ステアリングフィールが少々デッドであり、また路面の縦溝に干渉されて方向性を多少乱される傾向があった。
実際にテストするチャンスはなかったが、215/55R16ミシュランを履いたノーマル仕様のV6 3.0クワトロが、想像するに日本仕様A4のなかでベストだろうと思う。価格は515.0万円である。

最大のライバルと目されるメルセデスC240とBMW330iに対しては、路面を選ばない全綸駆動性が絶大な武器となろう。この意味では、アウディA4にとって真の強敵は、意外にも「トラクション4」と名づけられた4WDシステムをもつジャガーXタイプなのかもしれない。

(文=小林彰太郎/写真=アウディ・ジャパン/2001年6月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る