【F1 2006】第2戦マレーシアGP、フィジケラV、ルノー史上2回目/24年ぶりの1-2フィニッシュ

2006.03.20 自動車ニュース

【F1 2006】第2戦マレーシアGP、フィジケラV、ルノー史上2回目/24年ぶりの1-2フィニッシュ

F1世界選手権第2戦マレーシアGP決勝が、2006年3月19日、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキット(5.543km)を56周して行われた。気温33度、湿度60%以上の蒸し暑さのなか、ルノーのジャンカルロ・フィジケラがポール・トゥ・ウィンで完勝。自身通算3勝目、2005年開幕戦以来の勝利を手にした。

2位はバーレーンGPウィナーのフェルナンド・アロンソ。ルノーは開幕2連勝を記録したばかりか、コンストラクターとしては1982年フランスGP以来となる1-2フィニッシュを成し遂げた。

3位はホンダのジェンソン・バトン。今年初めての表彰台となったが、レース前には念願の初優勝を意識していただけにこの結果には物足りなさが残ったようだ。

以下、4位でマクラーレン・メルセデスのファン・パブロ・モントーヤがゴール。チームメイトのキミ・ライコネンはオープニングラップで他車に接触されクラッシュ、早々にリタイアした。

5、6位はエンジン交換によりグリッド後方に沈んだフェラーリ勢。フェリッペ・マッサが7回ワールドチャンピオンを取ったミハエル・シューマッハーを抑えてフィニッシュした。
7位に好調BMWザウバーのジャック・ヴィルヌーヴが入り、開幕戦で惨敗したトヨタの1台、ラルフ・シューマッハーが8位で1点を手に入れた。

スーパーアグリ・ホンダの佐藤琢磨は、戦闘力不足のマシンでも抜きつ抜かれつを演じ、14位で2戦連続完走。井出有治はメカニカルトラブルでリタイアした。

■ルノーの総合力

2.4リッターV8新エンジンの耐久性が試された2レース目。フェラーリの2台、ホンダのルーベンス・バリケロ、トヨタのラルフ・シューマッハー、レッドブル・フェラーリのデイヴィッド・クルタードの5台がエンジン交換によるグリッド降格のペナルティを受け、レース中も白煙をあげるマシンが続出した。

開幕戦バーレーンで油圧系トラブルによりリタイアしたフィジケラは、今回、酷暑の予選、決勝を通じて、トラブルに見舞われることもなくパーフェクトな走りを披露。アロンソの陰に隠れがちだったイタリアンは、1週間前に亡くなった友に今季初勝利を捧げ、ウィナーズサークルに復活した。

フィジケラの速さ、強さに加え、アロンソは7番グリッドから2位まで追い上げ、ルノーの総合力の高さが顕著にあらわれたレースだった。
アロンソは、燃料の多い重いマシンにもかかわらず、スタートでフィジケラ、バトンに次ぐ3位まで一気に上昇。タイヤをセーブしながら、後続の燃料搭載量の少ない軽いマシンを抑えきり、残り13周、2度目にして最後のピットインを終えると、バトンをかわし2位の座を得ていた。

信頼性に足を引っ張られたフェラーリ、スピード今ひとつのマクラーレン/モントーヤ、レースペースに難ありのホンダ/バトンらを尻目に、ルノーは2戦2勝、28点でチャンピオンシップをリード。昨年同様、序盤からリードを築きつつある。

次戦はフライアウェイ3連戦の最後、オーストラリアGP。決勝は4月2日だ。

(webCG 有吉)

【F1 2006】第2戦マレーシアGP、フィジケラV、ルノー史上2回目/24年ぶりの1-2フィニッシュの画像

自身3度目のポールポジションを獲得したフィジケラ(中央)。バトン(左)はフロントローから念願の初優勝を狙う。予選3位は20歳のルーキー、ニコ・ロズベルグ(右)。初戦バーレーンGPでのファステストラップにつづく快挙だ。(写真=Honda)

自身3度目のポールポジションを獲得したフィジケラ(中央)。バトン(左)はフロントローから念願の初優勝を狙う。予選3位は20歳のルーキー、ニコ・ロズベルグ(右)。初戦バーレーンGPでのファステストラップにつづく快挙だ。(写真=Honda)

フィジケラが好スタートで首位のまま1コーナーへ。3番グリッドのロズベルグ、5番グリッドのマーク・ウェバー、2台のウィリアムズ・コスワースが牽制しあっているうちに、7番グリッドのアロンソが3位にジャンプアップした。(写真=Ferrari)

フィジケラが好スタートで首位のまま1コーナーへ。3番グリッドのロズベルグ、5番グリッドのマーク・ウェバー、2台のウィリアムズ・コスワースが牽制しあっているうちに、7番グリッドのアロンソが3位にジャンプアップした。(写真=Ferrari)

ルノーで起死回生の1勝、フィジケラは酷暑のコックピットで集中力を維持しつづけ、ポール・トゥ・ウィンを達成した。ルノーは、1982年フランスGP、ルネ・アルヌー、アラン・プロストが達成して以来の1-2フィニッシュにわいた。(写真=Renault)

ルノーで起死回生の1勝、フィジケラは酷暑のコックピットで集中力を維持しつづけ、ポール・トゥ・ウィンを達成した。ルノーは、1982年フランスGP、ルネ・アルヌー、アラン・プロストが達成して以来の1-2フィニッシュにわいた。(写真=Renault)

キャリア100戦を超えて未勝利。フロントローから悲願の初勝利を狙ったホンダのバトン(写真)だが、優勝はおろか2位の座もルノーに奪われてしまった。「表彰台に戻ってくることができて嬉しいよ。でも、思い描いていたのは最上段だったから、その点は少し残念だった。僕らはレースに勝ちたいと思っているし、今日はその力があることを証明したかった。でも、目標を達成するためにはまだまだやることがたくさんあるよ」とはレース後のバトンのコメント。チームメイトのルーベンス・バリケロは、エンジン交換、ピットロードのスピード違反とダブルのペナルティを受け、10位完走。(写真=Honda)

キャリア100戦を超えて未勝利。フロントローから悲願の初勝利を狙ったホンダのバトン(写真)だが、優勝はおろか2位の座もルノーに奪われてしまった。「表彰台に戻ってくることができて嬉しいよ。でも、思い描いていたのは最上段だったから、その点は少し残念だった。僕らはレースに勝ちたいと思っているし、今日はその力があることを証明したかった。でも、目標を達成するためにはまだまだやることがたくさんあるよ」とはレース後のバトンのコメント。チームメイトのルーベンス・バリケロは、エンジン交換、ピットロードのスピード違反とダブルのペナルティを受け、10位完走。(写真=Honda)

2.4リッターV8初年度、これまで圧倒的な信頼性を誇っていたフェラーリにもトラブルが発生した。ミハエル・シューマッハー(左)、フェリッペ・マッサ(右)ともエンジン交換(マッサは2回)。シューマッハーは予選14位から2ストップで、マッサは同21位から1ストップでレースにのぞみ、マッサがシューマッハーを抑えきって5-6フィニッシュ。ポイント獲得で被害を最小限にとどめた。(写真=Ferrari)

2.4リッターV8初年度、これまで圧倒的な信頼性を誇っていたフェラーリにもトラブルが発生した。ミハエル・シューマッハー(左)、フェリッペ・マッサ(右)ともエンジン交換(マッサは2回)。シューマッハーは予選14位から2ストップで、マッサは同21位から1ストップでレースにのぞみ、マッサがシューマッハーを抑えきって5-6フィニッシュ。ポイント獲得で被害を最小限にとどめた。(写真=Ferrari)

原因不明のグリップ不足に悩んだ開幕戦から1週間、トヨタはラルフ・シューマッハー(写真)8位入賞、ヤルノ・トゥルーリ9位完走とまずまずの結果を残せた。しかし、ラルフはエンジン不調でグリッド後方からスタート、トゥルーリも予選でアンダーステアに見舞われ、3パートのうち2パート目までしか進出できなかった。引きつづきのカイゼンが必要とされているようだ。(写真=Toyota)

原因不明のグリップ不足に悩んだ開幕戦から1週間、トヨタはラルフ・シューマッハー(写真)8位入賞、ヤルノ・トゥルーリ9位完走とまずまずの結果を残せた。しかし、ラルフはエンジン不調でグリッド後方からスタート、トゥルーリも予選でアンダーステアに見舞われ、3パートのうち2パート目までしか進出できなかった。引きつづきのカイゼンが必要とされているようだ。(写真=Toyota)

2戦目のスーパーアグリは、佐藤琢磨(写真)17番手、井出有治18番手グリッドからスタート。レース中は型落ちマシンベースの「SA05」にムチを打ち、佐藤はヴィタントニオ・リウッツィ(トロロッソ)と14位をめぐって抜きつ抜かれつを演じ、結果最後尾ながら3周遅れの14位で完走した。井出はしぶとく18位を走りをつづけたが、メカニカルトラブルがひどくなり、34周でマシンを降りた。(写真=Honda)

2戦目のスーパーアグリは、佐藤琢磨(写真)17番手、井出有治18番手グリッドからスタート。レース中は型落ちマシンベースの「SA05」にムチを打ち、佐藤はヴィタントニオ・リウッツィ(トロロッソ)と14位をめぐって抜きつ抜かれつを演じ、結果最後尾ながら3周遅れの14位で完走した。井出はしぶとく18位を走りをつづけたが、メカニカルトラブルがひどくなり、34周でマシンを降りた。(写真=Honda)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。