【スペック】X:全長×全幅×全高=3395×1475×1620mm/ホイールベース=2360mm/車重=820kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(54ps/6500rpm、6.4kgm/3500rpm)/価格=112万1400円(テスト車=同じ)

スズキMRワゴン T(FF/4AT)/X(FF/4AT)【試乗記】

形だけの女性仕様車はいらない 2006.03.18 試乗記 スズキMRワゴン T(FF/4AT)/X(FF/4AT)……123万1650円/112万1400円数ある女性仕様車の中でも、軽乗用車は最も女性ユーザーへの訴求力が必要とされる。スズキは「アルトラパン」ではカバーできなかった、女性向けハイト軽ワゴン市場に「MRワゴン」を持ち込んだ。

65%の女性ユーザーに向けて

日本自動車工業会(JAMA)調べでは、軽乗用車は女性ユーザーの比率がおよそ65%になるという。普通自動車にも多くの“女性仕様車”があるが、軽乗用車においてはより効果的な販売が期待できることになる。女性仕様車とはおおざっぱに言えば、外観をかわいくし、女性が喜ぶ便利装備を付与したクルマだ。

その市場に「ホンダ・ライフ」「ダイハツ・ムーヴラテ」に先んじられたスズキが、遅ればせながら投入したモデルは「MRワゴン」。「スタイリッシュな軽ワゴン」がコンセプトだったが、実際はあまり差別化ができていなかったという。今回のフルモデルチェンジをうけ、「ママのためのワゴン」に生まれ変わり、キャラクターを明確にした。

今回のモデルも「ワゴンR」の派生車種という扱いは変わらず、現行ワゴンRと骨格を共用する。
グレードはNA(54ps、6.4kgm)の「G」「X」と、ターボエンジン(60ps、8.5kgm)搭載の「T」、それぞれに4WDとFFが用意される。トランスミッションが4段ATとなるところもワゴンRに準じる。

今回は主にターボモデルの「T」に試乗した。

写真をクリックすると、助手席座面を上げると現れるシートアンダーボックスが見られます。

写真をクリックすると、助手席座面を上げると現れるシートアンダーボックスが見られます。
リアシートはリクライン機能が備わる他、左右独立してスライドさせることもできる。

リアシートはリクライン機能が備わる他、左右独立してスライドさせることもできる。

ママと子供に配慮

「ママ向け」という言葉の通り、カワイイデザインの外観と、ソフトな印象のインテリアが与えられる。
便利機能も充実。助手席座面を跳ね上げて荷物を置ける機能に加え、助手席前に化粧台として使える引き出しが登場したり、果てはドリンクホルダーの手前にペットボトルキャップ置き場(!)があったりと、配慮が細かい。匂いを気にする女性のために、消臭天井&シートも備わる。

子持ちのママに対しては、子供が乗り込みやすいように、リアドアには大きなアームレストを配置し、サイドステップを大型化するなどの処置もされている。後部座席に座る子供に風が届きやすい、インパネ上面から上方に風を送るアッパーベントのエアコンも採用された。

しかし肝心な視点が抜けているようにも思う。それはドライビングポジションに関する装備。シートリフターとチルトステアリングは装備されるものの(G以外)、前後調整できるテレスコピックが付かないのは残念。これは軽自動車に限らず、国産の多くのクルマで採用されないが、体型差に幅のある女性にこそ、ポジションは多様に調整できるべきである。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。



乗り心地は感心しない

資料に目を通し装備を一通り確認した後、走り出してみる。日常使いが基本の軽自動車だけに、市街地での試乗会である。
ハイトワゴンの例にもれず、視線が高く視界が広いので、取りまわしがしやすい。「ちょっとした買い物」「子供の送り迎え」など、軽自動車の使われ方を考えるとターボエンジンは必要十分の出力。とはいえエンジンの振動や音が大きいところは、女性も気になるだろう。

乗り心地に関しては、良いところを見つけづらい。
基本的にワゴンRから変更点はないという足まわりは、街乗りの速度でもボディの揺れが大きく、シートから腰に伝わるダンピングしきれていない細かい入力も多い。14インチタイヤに、フロントスタビライザーとローダウンサスペンションを装着するターボモデルは走りを意識しているが、それよりも乗り心地にふったほうが良かったと感じた。13インチのNAモデルにも試乗したが、やはりいくぶんソフトな乗り心地になっていた。パワーは劣るものの、オススメするならNAの「X」になる。

ちなみに前述のJAMAデータによると、女性軽乗用車ユーザーは70%超の人がほとんど毎日使うのだという。クルマの中で毎日化粧ができるよりは、乗り心地が良く、運転しやすいクルマが好まれるのではないのだろうか。

【スペック】
T:全長×全幅×全高=3395×1475×1610mm/ホイールベース=2360mm/車重=850kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブターボインタークーラー付き(60ps/6000rpm、8.5kgm/3000rpm)/価格=123万1650円(テスト車=同じ)

走ることに優先順位を

果たして、「女性仕様」は快適装備のみであり、走りに関する部分での専用装備はなされていない。これは別にMRワゴンに限ったことではないのだが。女性向けに特別に開発するのはコストが……。という話になるかもしれないが、先のデータを信用すれば、女性ユーザーが多数を占めるわけで、もともと女性向けに開発し、男性モデルを派生車種としてもおかしい話ではないだろう。

1980年代初期に『よろしくメカドック』というマンガがあった。作中、チューナーである主人公は、ライバルショップと女性仕様車対決をする。ドレスアップなどでまとめるライバルに対し、足まわりのチューンやブレーキの強化など、「女性が運転しやすいクルマ」にしあげてきた。
現実に、そういう提案をしてくれるメーカーは出てこないものだろうか。やはりクルマは「走ること」に高い優先順位を置くべきだと思う。

(文=webCG本諏訪裕幸/写真=峰昌宏/2006年3月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MRワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る