レクサスにハイブリッド「GS450h」登場、680.0万円から

2006.03.16 自動車ニュース

レクサスにハイブリッド「GS450h」登場、680.0万円から

トヨタ自動車は、「レクサスGS」のハイブリッドモデル「GS450h」を、2006年3月16日に発売した。

■「4.5リッター車並」で「2リッター車並」

2005年8月の華々しい国内ローンチから、一転苦戦が伝えられるレクサス。「GS」(元「アリスト」)、「SC」(「ソアラ」のブランド間平行移動)「IS」(元「アルテッツァ」)のラインナップに、ようやく新バリエーションが加わった。

世界初を謳うFRハイブリッド乗用車「GS450h」。「GS350」と同型の直噴3.5リッターV6「2GR-FSE」ユニットをベースに、モーター用変速機構を付けた「2段変速式リダクション機構付きTHSII」なるハイブリッドシステムを開発した。

車名とエンジン排気量が合致しないのは、「4.5リッター車並の動力性能を持つ」という点をアピールしたいから。これに「2リッター車並の低燃費」(10・15モードで14.2km/リッター)といった環境性能を加え、高級ハイブリッド車を仕立てた。

さらに、進路上の障害物のみならず、ドライバーの顔の向きを読み取り、衝突被害軽減を図る「ドライバーモニター付きプリクラッシュセーフティシステム」を採用したこともニュースだ。
トランスミッションは無段変速機CVT、駆動方式はFRのみという構成となる。

価格は、ベーシックな「GS450h」が680.0万円、上級装備や上記のドライバーモニター付きプリクラッシュセーフティシステムを盛り込んだ「GS450h “version L”」は770.0万円。GS350比で160.0万円高、4.3リッターV8搭載「GS430」と比べ50.0万円高い。
目標販売台数は150台/月。日本におけるレクサス、やはり夏頃登場が噂される「LS」頼みなのだろう。

■モーター+2つの減速比で効率アップ

ディメンションはノーマルGSと変わらず、全長×全幅×全高=4830×1820×1425mm、ホイールベース=2850mm。見かけも大きな変更はなく、専用エンブレム&18インチアルミホイールなどが識別点となる。
ハイブリッドシステムぶん、車重はGS350から250kg増え1890kg、「セルシオ」以上のヘビー級だ。
装備面では、4.3リッターのGS430並に充実しているが、GS450hでは標準シートがファブリックで、レザーはオプションか「version L」を選ぶしかない。700万弱の高級車にしては珍しい。

ハイブリッドシステムの目玉は「2段変速式リダクション機構」だ。専用チューンされた3.5リッターV6(296ps/6400rpm、37.5kgm/4800rpm)には、コンパクトかつ軽量という「ハイブリッドトランスミッション」がドッキングされるが、このなかの一部にモーター変速機構が組み込まれる。低速域のローギアと高速域のハイギア、2つの減速比を備えることにより、モーターの力を効率よく使え、発進・加速時と高速走行時、双方でのパフォーマンスの両立が図れるというわけだ。

■0-100km/h加速で6秒かからない

プリウスなどでお馴染み「THSII(トヨタ・ハイブリッド・システムII)」ゆえ、一連の流れは同じ。すなわち発進時など低回転域で効率が悪い内燃機関のエンジンを電気モーターがアシストするというものだ。
モーターは、パワーコントロールユニットの可変電圧システムによって650Vまで高電圧化し、200psものパワーを出力。ハイブリッドシステム用バッテリーは、高出力化、小型・軽量化されたというニッケル水素バッテリーで、後席下後方にマウントされる。
エンジン、モーター(バッテリーパワーに依存する)を合わせたシステムとしての最高出力は、345psという。

これら技術の結果、0-100km/h加速で6秒かからないというダッシュ力と、1リッターで14.2km走る「平成22年度燃費基準+20%」以上の燃費、NOx(窒素酸化物)、NMHC(非メタン炭化水素)を低減し「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」認定を取得したエコ性能を両立させたセダンができあがった。

■ドライバーの顔を検知、衝突危険をお知らせ

もうひとつの技術的ハイライトが、「ドライバーモニター付きプリクラッシュセーフティシステム」だ。
ミリ波レーダーによる進路上の車両、障害物検知に加え、ステアリングコラム上の「ドライバーモニターカメラ」が運転者の顔の向きをセンシング。顔が正面を向いておらず、衝突の可能性が高いとコンピューターが判断すると、通常より早いタイミングで警報ブザーと表示で衝突回避を促すというアクティブセーフティ機能だ。

そのほか、カーナビゲーションの情報にもとづきショックアブソーバーの減衰力を制御する「NAVI・AI-AVS」を標準装備。さらに上下Gセンサーで段差を感知、記録して、次回同じ道を通ったときに最適な制御を行うという。

(webCG 有吉)

レクサス:
http://lexus.jp/

レクサスにハイブリッド「GS450h」登場、680.0万円からの画像

「GS350」から19ps、0.9kgmダウンした直噴「D-4S」3.5リッターV6。エンジンの始動、停止を頻繁に繰り返すハイブリッドシステムの特性にあわせ、吸入バルブの開閉タイミングを最適化するなどした。

「GS350」から19ps、0.9kgmダウンした直噴「D-4S」3.5リッターV6。エンジンの始動、停止を頻繁に繰り返すハイブリッドシステムの特性にあわせ、吸入バルブの開閉タイミングを最適化するなどした。

ハイブリッドシステムの働きは、(a)発進・低中速走行時には、エンジンを止め、モーターのみで走行、(b)通常走行時は、エンジンが車輪を回すと同時にモーターも回転させ、発電しバッテリーを充電。(c)全開、急加速時は、エンジンとバッテリーの電力で回るモーターを駆動しパワーアップ、(d)減速、ブレーキ時は、車輪がモーターを駆動して発電、電力をバッテリーに貯蔵(回生ブレーキ)、(e)停車時は、エンジンを自動的に停止(アイドリングストップ)、(f)バッテリー充電量が少なくなると、エンジンが発電機を駆動して発電、というもの。

ハイブリッドシステムの働きは、(a)発進・低中速走行時には、エンジンを止め、モーターのみで走行、(b)通常走行時は、エンジンが車輪を回すと同時にモーターも回転させ、発電しバッテリーを充電。(c)全開、急加速時は、エンジンとバッテリーの電力で回るモーターを駆動しパワーアップ、(d)減速、ブレーキ時は、車輪がモーターを駆動して発電、電力をバッテリーに貯蔵(回生ブレーキ)、(e)停車時は、エンジンを自動的に停止(アイドリングストップ)、(f)バッテリー充電量が少なくなると、エンジンが発電機を駆動して発電、というもの。

他のGSの6段ATと同等サイズという「ハイブリッドトランスミッション」。前(左)から、ジェネレーター、動力分割機構(エンジンからの動力を車軸とジェネレーターに分割)、モーター、そして2段変速式リダクション機構という構成だ。
新開発の2段変速式リダクション機構。高回転になるにつれてトルクが減少するモーターの弱点をカバーするために考え出された仕組みだ。

他のGSの6段ATと同等サイズという「ハイブリッドトランスミッション」。前(左)から、ジェネレーター、動力分割機構(エンジンからの動力を車軸とジェネレーターに分割)、モーター、そして2段変速式リダクション機構という構成だ。新開発の2段変速式リダクション機構。高回転になるにつれてトルクが減少するモーターの弱点をカバーするために考え出された仕組みだ。

タコメーターにかわり、低燃費走行の目安を表示する「ハイブリッドシステムインジケーター」が備わる。手前の6点の光が、「ドライバーモニター付きプリクラッシュセーフティシステム」の「ドライバーモニターカメラ」。

タコメーターにかわり、低燃費走行の目安を表示する「ハイブリッドシステムインジケーター」が備わる。手前の6点の光が、「ドライバーモニター付きプリクラッシュセーフティシステム」の「ドライバーモニターカメラ」。

無段変速機には、意図的に6段をつくりだし、マニュアル感覚のシフトができるようにした「シーケンシャルシフト」を採用。走行状況にあわせ、ドライバーが「ノーマルモード」「パワーモード」「スノーモード」を選べる「モードセレクト」(写真)もある。

無段変速機には、意図的に6段をつくりだし、マニュアル感覚のシフトができるようにした「シーケンシャルシフト」を採用。走行状況にあわせ、ドライバーが「ノーマルモード」「パワーモード」「スノーモード」を選べる「モードセレクト」(写真)もある。



レクサスにハイブリッド「GS450h」登場、680.0万円からの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る