クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4710×1815×1490mm/ホイールベース=2755mm/車重=1720kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付(300ps/5500rpm、40.8kgm/1950-5250rpm)/価格=729万円(テスト車=772万7000円)

ボルボV70R(4WD/6AT)【試乗記】

四駆だからこその「熱い走り」 2006.03.14 試乗記 ボルボV70R(4WD/6AT)……772万7000円驚異のスペックを誇る「V70R」は、700万円超という立派な価格を持つモデルでもある。ボルボの四駆システムが支える走りは、確かに熱く、鋭いものだった。

「このボルボ、速いの?」

300ps/400Nm(40.8kgm)を発揮する直列5気筒2.5リッターインタークーラーターボ。1720kgという車重ではあるが、パワーウェイトレシオは5.7kg/psという驚異のスペック。数字だけを追いかければ700万円超級の価格にふさわしい内容と思われるが、実際はどうか。少し身構えながら「V70R」に乗り込んだ。

鮮やかなタンカラーのオプション内装に気圧されながら、チルトステアリングを合わせる。立体感に溢れるシートのシェイプ。ドアパネルのポケットにまで張り込まれるレザー。齢34歳、こういう演出に簡単にメロメロにされながら繰り出した第一印象は、肩すかしを食らうほどマイルドな普通のボルボであった。

「ところでこのボルボ、速いの?」というカメラマン氏の素朴な質問に、「きっと速いですよ」と答えながらアクセルを踏み込んでみる。瞬時に過給が立ち上がるハイプレッシャーターボは、平日のまったりとした高速道路の流れの中から、いとも簡単に我々を最前列へ押し出した。ただそれは“トルクの化け物”という感じではない。V6でも直6でも直4でもないフィールはまさに5気筒ターボとしか言いようがないもので、結構鋭い加速感を投げつけてくる。



ボルボV70R(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大
写真をクリックするとシートか倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートか倒れるさまが見られます。 拡大

自動車ライター生命が危うくなる

ここで6段ATのマニュアルモードをフルに使って駆け抜ければ、このボディサイズからは考えられないマジな走りができる。実際3段階に分けられるダンパーの「ADVANCED」モードを選べば、「ちょっとシュア過ぎない?」と思うほど鋭いターンインを見せる。代わりにその乗り心地もカートに乗っているかのようで、路面のアンジュレーションも大胆に拾うのだが。ちなみに制御が一番緩い「COMFORT」は、大人3人と荷物が少々載った程度ではダイアゴナルな挙動が顕著で、あまりコンフォートとは言えない。多分これは、この広いラゲッジを荷物で満載にしたときにこそ、ベストな乗り心地を発揮するのだろう。とにかくベストは真ん中の「SPORT」だ。

そんな熱い走りが可能になるのも、前述の1秒間に500回の頻度でセッティングを最適化するという可変制御ダンパー(オーリンズ/モンローが共同開発)と、4輪のトルク配分をフレキシブルに制御するAWDシステムのおかげ。現代の主流駆動方式となりつつあるAWDは、前後重量配分の偏りさえも超越するほどのスタビリティを実現させてしまう。もはやコーナーでのアンダー/オーバーを論じる必要性はほとんどない。今後僕たちは、その先に見えるライフスタイルの引き出しを持たない限り、自動車ライター生命が危うくなるだろう。



拡大
【テスト車のオプション装備】
メタリックペイント=10万8000円/セキュリティー・パッケージ=8万1000円/R専用エクスクルーシブ・ナチュラルハイド(シート素材)=21万5000円/アクティブ・キャビン・フィルター=1万8000円/レインセンサー=1万5000円)

拡大

ハイトの高いタイヤが選べれば……

ただしこのV70R、ピュアな走りというには少しフィールが雑な部分も多い。これだけ緻密に制御されているダンパーも、その路面からステアリングに伝わる感触はザラつき感が残るし、エンジンにおいてもトルクは充分なはずなのに厚み感が足りない。ゆえに実際はその体躯のとおりに、パワーを活かして盤石な姿勢でクルージングするのがふさわしいはずなのだが、そうしても上質感がうまく感じられないのだ。

その理由のひとつはシャシーの旧さにあると思う。シャシー自体のレベルが極端に低いとは感じないのだが、235/40R18というタイヤが、微妙にその限界を伝えている気がする。もう少しハイトの高いタイヤが選べれば、自然と走りに余裕が生まれると思うのだが、適切なサイズのタイヤを、市場は許してくれないのだろうか?

そしてこのV70R、僕の場合、どう考えを巡らしても最後に行き着くのは729万円というプライスへの抵抗感だ。確かに価格に対する価値判断はそれぞれの生活に照らし合わせられるべきで、表参道ヒルズの住民にボクがいくらサミットでキャベツが安いことを教えても彼らは青山の紀ノ国屋へ行くだろう。つまりこの価格でV70Rをよしとする人がいるから、V70Rはカタログモデルにまでなったのだ。その希少性と人気が、この価格で均衡できるのである。確かに、それだけV70Rの見た目は抜群なのだが……。

(文=山田弘樹/写真=高橋信宏/2006年3月)