スバル北米工場で「トヨタ・カムリ」生産、トヨタのハイブリッド技術をスバルに提供

2006.03.14 自動車ニュース

スバル北米工場で「トヨタ・カムリ」生産、トヨタのハイブリッド技術をスバルに提供

トヨタ自動車と富士重工業は、2006年3月13日、両社が合意した業務提携内容について発表した。トヨタ車を富士重の北米工場で生産することや、トヨタのハイブリッド技術をスバルに提供することなどの計画が明らかにされた。

トヨタと富士重は、2005年10月、ゼネラルモーターズのカナダ子会社保有の富士重の発行済株式8.7%をトヨタが取得、業務提携することに合意していた。

今回発表された内容では、富士重の北米工場Subaru of Indiana Automotive, Inc.(SIA)で、トヨタの主力車種「カムリ」が生産されることが明らかにされた。

現在、同工場の2ラインを使って「レガシィ」「アウトバック」「バハ」「B9トライベッカ」がラインオフしているが、これらモデルを1ラインに統合し、もう1本を改造し、「トヨタの生産技術・生産方式を導入して」(両社のプレスリリース)、2007年春頃から年間10万台のカムリを生産する。世界一への階段をのぼるトヨタにとっては加勢となるだろう。

これに加えて、トヨタのシステムをベースとした富士重のハイブリッド車開発の検討を進めていくことについても合意。富士重ハイブリッド車の早期具体化に向け、トヨタからのハイブリッド技術の提供や人材交流などを含め検討していくという。
富士重は、独自のハイブリッド技術「ターボ・パラレル・ハイブリッド(TPH)」の研究開発に着手していたが、これによりオリジナル路線は絶たれたといえよう。

(webCG 有吉)

スバル北米工場で「トヨタ・カムリ」生産、トヨタのハイブリッド技術をスバルに提供の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。