【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1600mm/ホイールベース=2550mm/重量=900kg/駆動方式=MR/0.66リッター直3DOHC12バルブターボ・インタークーラー付き(64ps/6000rpm、9.6kgm/3000rpm)/価格=149万1000円(テスト車=同じ)

三菱 i G (MR/4AT)【短評(後編)】

欠点を帳消しにできる革命児(後編) 2006.03.11 試乗記 三菱 i G (MR/4AT) ……149万1000円 デザインやパッケージングにこだわった「三菱i」。高速での静かさに感動したリポーターは、そこでさらなる驚きを見つけた。

並はずれた安定感

でもこれで驚くのは早かった。乗り心地が驚異的にフラットなのだ。とにかく揺れが少ない。路面からのショックは、ゆったりしっとりいなす。とんでもなくおとなびている。自分が乗っているクルマの非凡さが、だんだんわかってきた。

直進安定性がまたすばらしい。今回試乗した2WDでは高速でハンドルの遊びが少し気になったが、クルマそのものはレールの上を走っているようにまっすぐ突き進む。確実な操舵感が欲しい人は4WDを選べばいい、というのは試乗会で確認ずみだ。
市街地限定で試したハンドリングも落ち着きはらっていた。ミッドシップだからといって、鋭い身のこなしは追求していない。むしろ切れ味は意識的に鈍くしてあり、おかげで安心して操れる。コーナーの出口でアクセルを踏むと、リアのトラクションに負けて、フロントが外へふくらもうとする。安全第一の性格だ。

それにしても、2名乗車でほぼイーブンになる前後重量配分と、エンジンを45度傾けて置いたことによる重心の低さが生み出す安定感は、並はずれていた。四隅に置かれたタイヤにバランスよく荷重がかかっているのを実感し、腰高感ゼロのロールに身をまかせながらのコーナリングは、キビキビ感とは別の種類の心地よさ。車体全体が沈み込むようなブレーキングも、信頼できるのを通り越して、快感に思えるほどだった。

写真をクリックすると、シートアレンジが見られます。

写真をクリックすると、シートアレンジが見られます。 拡大


三菱 i G (MR/4AT)【短評(後編)】の画像 拡大

欠点は直せばいいこと

ちなみに4WDでは、同じスピードでもフロントはなかなかふくらまず、操舵に合わせてキチッとインを向いてくれる。直進性についてもいえるが、2WDとの走りの差が大きい。しかも4WDが基本に思える。アウディのクワトロに近いものを感じた。
欠点も目につくけれど、それを帳消しにしてあまりあるデザインのすばらしさと、走りの気持ちよさがある。三菱 i は、フランスやイタリアのコンパクトカー、具体的にいえば「プジョー206」や「フィアット・パンダ」あたりを思わせる。
すべてが完璧なほうが、機械としてはいいのだろう。けれどもいっしょに暮らす相手としてみると、味気ないと思ってしまう。少々いたらない部分があって、でもそれを上回るチャームポイントがあって、というほうが愛せるっていうものだ。

それに欠点は、これから直していけばいいこと。トリノ五輪のカーリングチームみたいに、戦いながら強さを身につけていけばいい。未知の分野に果敢に挑戦し、想像以上の結果を出した。まずはそれを評価したい。

(文=森口将之/写真=河野敦樹/2006年3月)

・三菱 i G (MR/4AT)【短評(前編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017932.html

関連キーワード:
アイ三菱試乗記

あなたにおすすめの記事