「X4」復活!「ダイハツ・ブーン」にスポーツ仕様が加わる

2006.03.10 自動車ニュース

「X4」復活!「ダイハツ・ブーン」にスポーツ仕様が加わる

ダイハツ工業は、コンパクトカー「ブーン」のモータースポーツ参加用ベース車両「X4(クロス・フォー)」を、2006年3月10日に発売した。




「X4」といえば、かつてブーンの前任「ストーリア」にも設定された、モータースポーツへの参加を念頭につくられたモデル。ターボエンジン、マニュアルトランスミッション、4WDという構成は「ストーリアX4」と同じである。

「ブーンX4」の心臓は、新開発という936ccツインカム4気筒インタークーラー付きターボ「KJ- VET型」で、最高出力133ps/7200rpm、最大トルク13.5kgm/3600rpmを発生。「インタークーラーウォータースプレー」という、インタークーラーのフィンを冷却し、吸気温度を下げることでエンジン性能を引き出す機構が付く。




変速機はクロスレシオの5段MT、駆動方式はフルタイム4WD。前後スタビライザーやスポーツサスペンションでコンペティションに備える。

ベーシックグレードに加え、装備を充実させた「ハイグレードパック」 も用意。MOMO製の革巻きステアリングホイール、14インチアルミホイール、キーレスエントリー、エアコン、電動格納式カラードドアミラーなどなど、上級かつ快適装備が装着される。

価格は、X4が183万7500円、X4ハイグレードパックは204万7500円。

(webCG 有吉)


DRS(ダイハツ・レーシング・サービス)のスペシャルパーツ装着車の一例

ダイハツ工業「ブーン」:
http://www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/boon/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
ホームへ戻る