シトロエン「C3」フェイスリフト、「C2」にはスポーツモデル「VTS」

2006.03.09 自動車ニュース

シトロエン「C3」フェイスリフト、「C2」にはスポーツモデル「VTS」

シトロエン・ジャポンは、シトロエンのコンパクトカー「C3」のフェイスリフト版や、さらに小さい「C2」のスポーツモデル「C2 VTS」などを、2006年3月1日に発売した。

C3においては、フロントマスクなどのフェイスリフトにあわせて、エンジン&トランスミッションとラインナップを変更した。

1.4リッターユニットは、75psのSOHCから90psのDOHCにチェンジ。変速機は4段ATから5段セミオートマ「センソドライブ」となり、「1.4」(194.0万円)として設定された。
1.6リッターエンジン(110ps)は変わらないが、トランスミッションがセンソドライブから4段ATに。「1.6」(211.0万円)と上級「1.6エクスクルーシブ」(224.0万円)を用意する。


「C2 VTS」

C2には内装変更が施されたが、トピックはホットハッチを標榜する「C2 1.6 VTS」の登場だ。

「1.6 VTR」の1.6リッターエンジンを、バルブタイミング変更、新しいエキゾーストシステムなどの採用により15psパワーアップさせ、125ps/6500rpm、14.6kgm/3750rpmというアウトプットとし、5段MTを組み合わせた。

さらに前後足まわりのスプリングのバネレートを変え、ステアリング設定をクイックにするなどした。
1.4リッターモデル「1.4 VTR」は195.0万円、1.6リッター「1.6 VTR」は215.0万円、そして「1.6 VTS」が230.0万円となる。

(webCG 有吉)


シトロエン・ジャポン:
http://www.citroen.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
ホームへ戻る