シトロエン「C3」フェイスリフト、「C2」にはスポーツモデル「VTS」

2006.03.09 自動車ニュース

シトロエン「C3」フェイスリフト、「C2」にはスポーツモデル「VTS」

シトロエン・ジャポンは、シトロエンのコンパクトカー「C3」のフェイスリフト版や、さらに小さい「C2」のスポーツモデル「C2 VTS」などを、2006年3月1日に発売した。

C3においては、フロントマスクなどのフェイスリフトにあわせて、エンジン&トランスミッションとラインナップを変更した。

1.4リッターユニットは、75psのSOHCから90psのDOHCにチェンジ。変速機は4段ATから5段セミオートマ「センソドライブ」となり、「1.4」(194.0万円)として設定された。
1.6リッターエンジン(110ps)は変わらないが、トランスミッションがセンソドライブから4段ATに。「1.6」(211.0万円)と上級「1.6エクスクルーシブ」(224.0万円)を用意する。


「C2 VTS」

C2には内装変更が施されたが、トピックはホットハッチを標榜する「C2 1.6 VTS」の登場だ。

「1.6 VTR」の1.6リッターエンジンを、バルブタイミング変更、新しいエキゾーストシステムなどの採用により15psパワーアップさせ、125ps/6500rpm、14.6kgm/3750rpmというアウトプットとし、5段MTを組み合わせた。

さらに前後足まわりのスプリングのバネレートを変え、ステアリング設定をクイックにするなどした。
1.4リッターモデル「1.4 VTR」は195.0万円、1.6リッター「1.6 VTR」は215.0万円、そして「1.6 VTS」が230.0万円となる。

(webCG 有吉)


シトロエン・ジャポン:
http://www.citroen.co.jp/

関連キーワード:
C3C2シトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエン、「C3」に装備追加し価格をアップ 2018.3.22 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年3月22日、コンパクトハッチバック「シトロエンC3」の標準装備を強化し、販売を開始した。価格は「フィール」が従来から3万円アップの219万円、「シャイン」が同じく4万円アップの243万円。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
ホームへ戻る