ヒュンダイのSUV「JM」2006年モデル、若干の変更

2006.03.07 自動車ニュース

ヒュンダイのSUV「JM」2006年モデル、若干の変更

ヒュンダイ・モーター・ジャパンは、SUV「ヒュンダイJM」の2006年モデルを、2006年3月1日に発売した。

内外装、装備の小変更を受けたJM。アルミホイールのデザインを変え、運転席にランバーサポートを、前席ヘッドレストにチルト機能を追加するなどした。
2リッター&2.7リッターをラインナップ。価格は、174万3000円から267万7500円まで。

(webCG 有吉)

ヒュンダイのSUV「JM」2006年モデル、若干の変更の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ヒュンダイ・サンタフェ2.7GLS(4AT)【ブリーフテスト】 2001.4.4 試乗記 ……245.7万円
    総合評価……★★★




  • ヒュンダイ・サンタフェ 2.7 GLS(4AT)【海外試乗記】 2000.12.14 試乗記 ヒュンダイ・サンタフェ 2.7GLS 4WD(4AT)
    ……223.2万円

    成田からソウルに着いたと思ったら、再び南へ400km余、朝鮮半島の南西、五島列島の北西に位置する、チュジュ(済州)島に向かった。かつては韓国の新婚さんの9割が訪れたという「コリアン・サザン・アイランド」である。
    2000年12月6日からの3日間、男女比においては圧倒的に男性が多数をしめる日本人ジャーナリストグループは、韓国の自動車メーカー「ヒュンダイ(現代)」が主催する「ヒュンダイモータージャパン韓国特別試乗会」に参加した。2001年1月から、日本市場で販売が開始される同社のクルマ---4ドアセダン「エラントラ」、ミニバン「トラジェ」、SUV「サンタフェ」---に乗るためだ。


  • ヒュンダイJM 2.0GLS(4AT)/2.7GLS(4AT)【試乗記】 2004.9.30 試乗記 ヒュンダイJM 2.0GLS(4AT)/2.7GLS(4AT)
    ……187万9500円/255万1500円

    2.7リッターV6が231万円から、2リッター直4なら169万500円からと、まさに“ヒュンダイ流”のプライスで度肝を抜くスモールSUV「JM」。2リッターモデルの「2.0GLS」と、2.7リッターV6を積む「2.7GLS」に、自動車ジャーナリストの生方聡が乗った。


  • ヒュンダイ、新型SUV「JM」をリリース 2004.9.1 自動車ニュース ヒュンダイモータージャパンは、新しいSUV「ヒュンダイJM(ジェイエム)」を、2004年9月1日に発表、9月11日に発売する。2リッターのFF車で169万500円からというバーゲンプライスで、年間1000台の販売を目論む。
  • 日産・無印良品が「MUJI Car 1000」発売 2001.4.23 自動車ニュース 日産自動車と、衣料・雑貨の「無印良品」ブランドを企画・販売する(株)良品計画は、「マーチ」ベースの小型車「MUJI Car 1000」を共同企画、2001年5月11日から発売する。「MUJI Car 1000」は、「簡素で実用的なデザイン、無駄のない機能的な仕様・装備をもつユーザーにとって便利なベーシックカー」(広報資料)というのがコンセプト。ベース車両は、「MUJI Car 1000」の名からもわかるように、マーチの1リッターモデル。専用ボディーカラー「マーブルホワイト」に、専用デザインのラジエーターグリル。無塗装の黒いバンパーがモノトーンでカワイイ。地球にちょっぴり優しいかも。電動格納式のサイドミラーもオシャレにブラック。リアコンビランプもMUJI専用品だ。そして、足元の鉄チンホイールが、質素にキリリ。インテリアにもこだわりました。前席には専用のクロスシート、ヘッドレストはスペシャルな穴あきタイプ。クリーム地の専用メーターが目に優しい。いっぽうリアシートは、ヒトよりモノを載せることが多いことを考慮して、汚れにくいビニール表皮だ。販売台数は1000台限定。無印良品のオンラインショップ「MUJI.NET」(http://www.muji.net)を通じて、2001年4月20日より予約を受け付け中だ。価格は93.0万円。異業種間の合同プロジェクトといえば、トヨタ自動車、アサヒビールなどの共通ブランド「WiLL」が有名。トヨタがWiLLブランドで「Vi」「VS」2台のクルマをデビューさせている。「MUJI Car 1000」は装備の変更モデルに過ぎない。でも、パイクカーなら日産が先輩......。(webCG わたなべ)
ホームへ戻る