新型ポルシェ「911ターボ」1816.0万円から、「911 GT3」は1575.0万円

2006.03.07 自動車ニュース

新型ポルシェ「911ターボ」1816.0万円から、「911 GT3」は1575.0万円

ポルシェ・ジャパンは、ジュネーブモーターショーで2月28日にワールドプレミアとなった新型「911ターボ」「911 GT3」の受注を、2006年3月4日にスタートさせた。

ポルシェ911のトップモデル「911ターボ」の997型は、60psパワーアップ、6.1kgmトルクを太くした480ps、63.2kgmを発生させる強心臓3.6リッター水平対向エンジン+ターボを搭載。0-100km/h加速3.7秒(ティプトロニックS)、最高速310km/hの高性能さを誇る。
日本での価格は、6段マニュアル仕様が1816.0万円、ティプトロニックS版は1879.0万円だ。


「911 GT3」

いっぽう、415psの3.6リッターフラットシックスを搭載する「911 GT3」。0-100km/h加速=4.3秒、最高速=310km/hというパフォーマンスを手に入れたければ、車両だけで1575.0万円が必要となる。

なお、ハンドル位置は、911ターボのティプトロニックS仕様でのみ左右が選べ、ほかは左のみとなる。

(webCG 有吉)

ポルシェジャパン:
http://www.porsche.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 A Life with PORSCHE CAYMAN<PR> 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
ホームへ戻る