【F1 2006】スーパー・アグリ始動、「開幕戦のグリッドには間違いなく並ぶ」

2006.03.06 自動車ニュース

【F1 2006】スーパー・アグリ始動、「開幕戦のグリッドには間違いなく並ぶ」

2006年3月12日のF1開幕戦バーレーンGPを間近に控えた3月4日、新興チーム「スーパー・アグリ・フォーミュラワン」は都内で記者会見を開き、チーム代表の鈴木亜久里、ドライバーの佐藤琢磨、井出有治らが来るべきシーズンへの抱負を語った。

■前半戦はきついレースに

わずか4ヶ月でF1チームをいちからつくった、という前代未聞の“偉業”を成し遂げたスーパー・アグリ。鈴木代表は、「開幕戦のグリッドには間違いなく並ぶ」と力強く宣言した。

とはいえ、すべてがあまりに急ごしらえなため、準備はほとんどされていないといっていい。
2002年型のアロウズの旧マシンをもとに、ホンダの新型2.4リッターV8エンジン、ブリヂストンタイヤを付けた「SA05」は、2月半ばに英国の飛行場を使ってシェイクダウンされたものの、基本的には“ぶっつけ本番”の状態。悪天候にも足を引っ張られた。

「前半戦はきついレースになることはわかっています。いま置かれている状況のなかで、どうパフォーマンスを見せていくのかということです」と鈴木代表。何とかシーズン後半には恥ずかしくないパフォーマンスを、という願いは、シーズン早めの投入を目指すニューマシン「SA06」と、ホンダの後押しにかかっている。

大資本を持つ自動車メーカー系のチームが大半を占めている昨今のGPシーンにあって、ホンダがバックにいるとはいえ、スーパー・アグリはインディペンデントなチームとして頂点カテゴリーに挑もうとしている。困難覚悟の船出、鈴木代表の顔には晴れやかさと緊張感が見てとれた。

(webCG 有吉)

【F1 2006】スーパー・アグリ始動、「開幕戦のグリッドには間違いなく並ぶ」の画像

英国F3タイトルを勝ちとり、2002年にジョーダン・ホンダからF1デビューした佐藤琢磨。2003年にはBARホンダのサードドライバーとして終盤にスポット参戦する機会を得、2004、2005年と同チームのステアリングを握った。
できたてチーム、スーパー・アグリのけん引役であることは間違いなく、「僕の経験でチームをサポートしていきたい。チームとともに一歩ずつ、シーズン後半にはトップ10完走、ポイント獲得を目指せるようにしたい」と意欲を示した。

英国F3タイトルを勝ちとり、2002年にジョーダン・ホンダからF1デビューした佐藤琢磨。2003年にはBARホンダのサードドライバーとして終盤にスポット参戦する機会を得、2004、2005年と同チームのステアリングを握った。できたてチーム、スーパー・アグリのけん引役であることは間違いなく、「僕の経験でチームをサポートしていきたい。チームとともに一歩ずつ、シーズン後半にはトップ10完走、ポイント獲得を目指せるようにしたい」と意欲を示した。

2005年のフォーミュラ・ニッポンでランキング2位の座についた井出有治は、31歳でGPデビューを飾る。鈴木亜久里による若手ドライバー育成プログラム「ARTA」のメンバーだった彼には、「日本のトップドライバーが世界でどれだけ通用するか」という鈴木代表の思いが託されている。
「F1マシンはパワーもダウンフォースもすべてが高いレベルにありやり甲斐がある。F1でレースするという大きな機会を与えてくれた人たちのためにがんばりたい」

2005年のフォーミュラ・ニッポンでランキング2位の座についた井出有治は、31歳でGPデビューを飾る。鈴木亜久里による若手ドライバー育成プログラム「ARTA」のメンバーだった彼には、「日本のトップドライバーが世界でどれだけ通用するか」という鈴木代表の思いが託されている。「F1マシンはパワーもダウンフォースもすべてが高いレベルにありやり甲斐がある。F1でレースするという大きな機会を与えてくれた人たちのためにがんばりたい」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。