「フォーカス」のバリエーション「クーペカブリオレ」【ジュネーブショー06】

2006.03.03 自動車ニュース

【ジュネーブショー06】「フォーカス」のバリエーション「クーペカブリオレ」

2006年2月28日のプレスデイで開幕した第76回ジュネーブモーターショー。フォードは、「フォーカス」のバリエーションとして4人乗りオープン「クーペカブリオレ」を発表した。

欧州フォードの中堅主力車「フォーカス」に、遅まきながらCC(クーペカブリオレ)が登場。ピニンファリーナと共同で開発、デザインも同カロッツェリアが手がけた。2006年半ばから、イタリア・トリノ郊外のピニンファリーナのグルリアスコ工場とバイロ工場で生産される。

ヨーロッパのフォード車としては初という電動格納式ハードトップは、ボタン操作ひとつで2ピース構造のルーフが電動で格納され、カブリオレに変身。クーペバージョンでのトランク容量は500リッター以上という。

エンジンは3種類。100psの1.6リッター、145psの2リッター「デュラテック」ガソリンと、136psの2リッター「デュラトルクTDCi」ディーゼルを揃える。

これにより、フォーカスは3ドア、5ドアのハッチバック、4ドアセダン、5ドアワゴンと、このクーペカブリオレ、背高MPVタイプ「C-MAX」、そして高性能「ST」と、バリエーション拡充に向けて前進することになる。

(webCG 有吉)


フォード・ジャパン・リミテッド「フォーカス」:
http://www.ford.co.jp/focus/

「フォーカス」のバリエーション「クーペカブリオレ」【ジュネーブショー06】の画像



「フォーカス」のバリエーション「クーペカブリオレ」【ジュネーブショー06】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
ホームへ戻る