「フォーカス」のバリエーション「クーペカブリオレ」【ジュネーブショー06】

2006.03.03 自動車ニュース

【ジュネーブショー06】「フォーカス」のバリエーション「クーペカブリオレ」

2006年2月28日のプレスデイで開幕した第76回ジュネーブモーターショー。フォードは、「フォーカス」のバリエーションとして4人乗りオープン「クーペカブリオレ」を発表した。

欧州フォードの中堅主力車「フォーカス」に、遅まきながらCC(クーペカブリオレ)が登場。ピニンファリーナと共同で開発、デザインも同カロッツェリアが手がけた。2006年半ばから、イタリア・トリノ郊外のピニンファリーナのグルリアスコ工場とバイロ工場で生産される。

ヨーロッパのフォード車としては初という電動格納式ハードトップは、ボタン操作ひとつで2ピース構造のルーフが電動で格納され、カブリオレに変身。クーペバージョンでのトランク容量は500リッター以上という。

エンジンは3種類。100psの1.6リッター、145psの2リッター「デュラテック」ガソリンと、136psの2リッター「デュラトルクTDCi」ディーゼルを揃える。

これにより、フォーカスは3ドア、5ドアのハッチバック、4ドアセダン、5ドアワゴンと、このクーペカブリオレ、背高MPVタイプ「C-MAX」、そして高性能「ST」と、バリエーション拡充に向けて前進することになる。

(webCG 有吉)


フォード・ジャパン・リミテッド「フォーカス」:
http://www.ford.co.jp/focus/

「フォーカス」のバリエーション「クーペカブリオレ」【ジュネーブショー06】の画像



「フォーカス」のバリエーション「クーペカブリオレ」【ジュネーブショー06】の画像

関連キーワード:
フォーカスフォードジュネーブモーターショー2006イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 第10回:「フィエスタ日常劇場」にする?
    日常劇場番外編~フィエスタに一週間乗ってみて
    2016.2.3 フォード・フォーカス日常劇場<PR> ちょい乗りのつもりが、結局「フォード・フィエスタ1.0エコブースト スポーツアピアランス」と一週間も過ごしてしまった。小さなボディーならではの、街中での取り回しの良さや小気味いい走りに、すっかり夢中になってしまったからである。
ホームへ戻る