新型「ルノー・ルーテシア」、189.8万円から

2006.03.03 自動車ニュース

新型「ルノー・ルーテシア」、189.8万円から

ルノー・ジャポンは、ルノーのコンパクトハッチ「ルノー・ルーテシア」(本国名「クリオ」)の新型を、2006年3月1日に発表、3月20日に発売する。




昨2005年10月に欧州でリリースされた3代目「ルーテシア」が海を渡ってくる。スタイリッシュなデザインや輸入コンパクトカー最多という全13色のボディカラー、高品質なインテリア、高い走行安定性、快適性などが商品のアピールポイント。2006年欧州カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した実績の持ち主だ。

ボディサイズはひとまわり拡大され、全長×全幅×全高=3990×1720×1485mm、ホイールベース=2575mm。兄弟車「日産マーチ」よりも大きい。
日本仕様のエンジンは1.6リッター直4(112ps、15.4kgm)のみで、マニュアルモード付き4段ATか5段MTを組み合わせる。3ドア、5ドアのバリエーションがあり、価格は189.8万円から219.8万円まで。

(webCG 有吉)




ルノー・ジャポン:
http://www.renault.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ルノーが「ルーテシアR.S.」をマイナーチェンジ 2017.7.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」にマイナーチェンジを実施した。外装のブラッシュアップに加えて、新たに「シャシーカップ」グレードが設定された。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る