新型「ルノー・ルーテシア」、189.8万円から

2006.03.03 自動車ニュース

新型「ルノー・ルーテシア」、189.8万円から

ルノー・ジャポンは、ルノーのコンパクトハッチ「ルノー・ルーテシア」(本国名「クリオ」)の新型を、2006年3月1日に発表、3月20日に発売する。




昨2005年10月に欧州でリリースされた3代目「ルーテシア」が海を渡ってくる。スタイリッシュなデザインや輸入コンパクトカー最多という全13色のボディカラー、高品質なインテリア、高い走行安定性、快適性などが商品のアピールポイント。2006年欧州カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した実績の持ち主だ。

ボディサイズはひとまわり拡大され、全長×全幅×全高=3990×1720×1485mm、ホイールベース=2575mm。兄弟車「日産マーチ」よりも大きい。
日本仕様のエンジンは1.6リッター直4(112ps、15.4kgm)のみで、マニュアルモード付き4段ATか5段MTを組み合わせる。3ドア、5ドアのバリエーションがあり、価格は189.8万円から219.8万円まで。

(webCG 有吉)




ルノー・ジャポン:
http://www.renault.jp/

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン 2.0 TSI 4MOTION(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.10.27 試乗記 フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップモデル「アルテオン」。流麗な5ドアクーペのスタイリングをまとったニューカマーの実力を、アウトバーンを中心にドイツの一般道で試した。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)/ジュリア スー... 2017.11.20 試乗記