新型「ルノー・ルーテシア」、189.8万円から

2006.03.03 自動車ニュース

新型「ルノー・ルーテシア」、189.8万円から

ルノー・ジャポンは、ルノーのコンパクトハッチ「ルノー・ルーテシア」(本国名「クリオ」)の新型を、2006年3月1日に発表、3月20日に発売する。




昨2005年10月に欧州でリリースされた3代目「ルーテシア」が海を渡ってくる。スタイリッシュなデザインや輸入コンパクトカー最多という全13色のボディカラー、高品質なインテリア、高い走行安定性、快適性などが商品のアピールポイント。2006年欧州カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した実績の持ち主だ。

ボディサイズはひとまわり拡大され、全長×全幅×全高=3990×1720×1485mm、ホイールベース=2575mm。兄弟車「日産マーチ」よりも大きい。
日本仕様のエンジンは1.6リッター直4(112ps、15.4kgm)のみで、マニュアルモード付き4段ATか5段MTを組み合わせる。3ドア、5ドアのバリエーションがあり、価格は189.8万円から219.8万円まで。

(webCG 有吉)




ルノー・ジャポン:
http://www.renault.jp/

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る