【スペック】全長×全幅×全高=4580×1780×1380mm/ホイールベース=2645mm/車重=1740kg/駆動方式=FF/2.4リッターV6DOHC30バルブ(170ps/6000rpm、23.5kgm/3200rpm)/車両本体価格=598.0万円(テスト車=610.0万円/ウィンドデフレクター+遭難防止装置+BOSEサウンドシステム)

アウディA4カブリオレ(CVT)【試乗記】

新しい赤いアウディ 2002.09.06 試乗記 アウディA4カブリオレ(CVT)……610.0万円2002年9月から、新世代のアウディ・カブリオレの販売が始まった。2.4リッターV6搭載、CVTと組み合わされるモデルである。避暑地で開催されたプレス試乗会に、webCG記者が参加した。


アウディA4カブリオレ(CVT)【試乗記】の画像
画像をクリックしていただくとソフトトップの折りたたまれるさまが見られます。

画像をクリックしていただくとソフトトップの折りたたまれるさまが見られます。

ニューカブリオレ、598.0万円

アウディの赤いカブリオレを前に頭に浮かぶフレーズは、ちょっと古いけれど、「奥様の赤いアウディ」。1998年に設立されたアウディジャパン第一の課題は、かつてヤナセ時代に形成された「旦那様にはメルセデスベンツ、奥様には……」という販売政策上のイメージからの脱却だった、というのはちと言い過ぎか。

アウディは、いうまでもなく「フォルクスワーゲングループ」のプレミアムブランドである。全世界的に自動車メーカーの勢力争いが繰り広げられるなか、アウディはもはやメルセデスのセカンドカーとして見られることは許されない。フォーリングスは、スリーポインテッドスター、バイエルンのエンジンメーカー(BMW)と並び立つ存在でなければならないのだ。

……といった、グローバルに展開されるパワーゲームはともかく、2002年9月4日、アウディA4カブリオレのプレス試乗会が、長野県は軽井沢で開催された。日差しは強いけれど、風は涼やか。道を挟んで並ぶ木々の緑が目に優しい。高級オープンカーのお披露目には、もってこいの場所と気候である。

2枚ドア4シーターのA4カブリオレは、1991年のジュネーブショーでデビューした「アウディ・カブリオレ」以来のブランニューオープン。昨2001年のフランクフルトショーで登場した。本国では、3リッターV6モデルもラインナップされるが、日本に入るのは、2.4リッターV6のみ。「マルチトロニック」と呼ばれるシーケンシャルシフト用ゲートをもつCVTと組み合わされる。
ドイツ車らしい分厚い3層幌の開閉は、トンネルコンソールのボタンを押すだけ。約30秒で動作が終わる。車両本体価格は、メルセデス、BMWといったドイツ勢と、ボルボ、サーブのスウェーデン勢、それぞれのオープンモデルの中間に位置する、598.0万円である。

A4カブリオレには、9色のボディカラー、3種のホロ、4種類のインテリア、そして2種類のウッドパネルが用意される。

A4カブリオレには、9色のボディカラー、3種のホロ、4種類のインテリア、そして2種類のウッドパネルが用意される。
ナビゲーションシステムは標準装備。

ナビゲーションシステムは標準装備。
これは黒革内装。A4は、シート、樹脂類とも、しっとりした“いい黒”が使われる。横転の際には、1000分の1秒でリアシート背後に2本のプロテクトバーが飛び出す。風の巻き込みを防ぐウィンドウディスレクターは、前席バックレストの後ろに装着する。

これは黒革内装。A4は、シート、樹脂類とも、しっとりした“いい黒”が使われる。横転の際には、1000分の1秒でリアシート背後に2本のプロテクトバーが飛び出す。風の巻き込みを防ぐウィンドウディスレクターは、前席バックレストの後ろに装着する。

ヒトに見せたい

「技術による前進(Vorsprung durch Technik)」に加えて、最近アウディが積極的に打ち出しているキーワードが「スポーティ」。実際、ルマン24時間レース3連覇をはじめ着実に実績をあげている。けれども、極東の島国においては強敵BMWの前にかすみがち。むしろ、「クリーンなエクステリア」「できのいいインテリア」といったデザイン面での高い評価が浸透しはじめたように思う。
避暑地の陽光に輝く新しいカブリオレにも、「ハッ」とするほどキレイなラインが使われる。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4580×1780×1380mm。見まがうことない「A4」スタイルながら、フロントまわりをはじめ、専用のボディパネルが用いられる。Aピラーとフロントスクリーン上端のつや消しシルバーがステキだ。注意深いヒトなら、テイルランプが、サルーンと同じ印象を与えながら、より薄い台形になっていることに気がつくだろう。

「アムレットレッド」にペイントされたA4カブリオレに乗る。「アニエスイエロー」の柔らかいパールナッパレザーが、体によく馴染む。ポジションのほか、ランバーサポートとして、腰のあたりを電動で隆起させることも可能だ。細身で上品なウッドリムのステアリングホイール。よく吟味された黒い樹脂類。正確なパーツの取り付け。細部にまで神経が行き届いているのがよくわかる。可能な限り幌を下ろして、ヒトに見せたい室内だ。

webCG取材班、男3人を乗せて、赤いアウディがいく。オープンで。道に平行する清水のせせらぎが目に楽しく、軽い排気音が耳に心地よい。上下に短いフロントスクリーン、長いショルダーラインと、開放感は抜群だ。
停車中の観光バスの脇を徐行して通る際、観光客らしいオジサンが声を上げた。「オッ、いいクルマに乗ってるな!」。
車内の男3人、よろこぶ。外の世界との垣根がないのが、オープンカーの醍醐味である。



「アジャスタブルソフトトップコンパートメント」が備わるトランクルーム。これは、ホロを閉めた状態なら、コンパートメントのレバーを引いて、ホロが収納されていたスペースを荷室として活用できるもの。最大容量は315リッター。ホロを下ろした状態での荷室容量は246リッターだ。



年収1200万円から

A4カブリオレは、全体にスムーズなクルマである。ステアリングは滑らかで、FF(前輪駆動)を感じさせない自然なフィールは、アウディ車の大きな美点だ。前4リンク、後トラペゾイダル式の足まわりもいい。さらに、サルーンの「2.4SE」より150kg重い1740kgの車重(と3人乗車)が、落ち着いた乗り味に貢献しているはずだ。
5バルブの2.4リッターV6は、170ps/6000rpmの最高出力と、23.5kgm/3200rpmの最大トルクを発生する。2リッター直4の「A4 2.0」に乗ったときは、エンジン回転数が上がりがちな無段変速機(CVT)の特性が如実に出て、「無粋なノイズが上質感をスポイルしている」と感じたが、カブリオレでは、3500rpmを超えるあたりからよくチューンされたエグゾーストノートが高まって、いわば“演出”に昇華されている。一方、気になったのが、予想以上に飛び出し気味な発進時のマナー。後日、リゾート地ではなく、ストップ&ゴーの激しい都市部でチェックする必要があると思った。

終わりの見えない平成大不況のなか、伸び悩む輸入車市場にあって、フォーリングスは前年比155.6%と5割増の伸びをみせる。2002年度の予想販売台数は1万800台。97年以来の、悲願の1万台超だ。好調の要因に、アウディジャパンのヨハン・ダ・ネイスン代表取締役社長は「A4シリーズのラインナップ拡充」を挙げる。2001年6月、2リッター直4と3リッターV6で始まったA4サルーンは、1.8Tクワトロ、2.4SEはじめ、アバントことワゴンボディも導入され、A4ファミリーは実に192.4%の販売増を果たした。

しかしアウディの成績は、A4の高い商品力を反映しただけではない。先代A4では、欧州でのトップセラーぶりとはうらはらに、国内では不振にあえいだ苦い経験ある。その原因、「ディーラーのプレミアム度不足」を解消するため、アウディジャパンは2000年末に約240店との販売店契約を終了、アウディ専売店を中心とした販売網の再構築を始めた。現在79店舗になったディーラー網が、次第に力を発揮しはじめたわけだ。
ダ・ネイスン氏は、「店舗あたりの販売台数が5倍になりました」と胸を張り、「スタッフのブランドに対するロイヤリティ(忠誠度)が高まった」うえ、「お客様からのフィードバックが迅速になった」と笑顔を見せる。
−−BMWに対するアウディのアドバンテージは何ですか?
「BMWに乗るヒトは、アグレッシブな『Push、push』タイプです。アウディは、もっと洗練され、知的な要素をもっています」

ネイスン氏にハナシを聞く前に、アウディスタッフはA4カブリオレについてこんな説明をした。
「……メインターゲットは35歳から。年収は1200万円以上です」
「1200万円!」とオドロク会場の雰囲気を察してか、壇上のスタッフは「私の年収ではとうてい無理ですが」と自虐的に笑ったのち、「でも、ご夫婦で合わせてなら、そんなに無理な数字ではありません」と付け加えた。
なるほど。アウディの新しい世代のオープンモデルは、旦那と奥様といった主従関係ではなく、パートナーとしての夫婦のクルマでもあるわけだ。

(文=webCGアオキ/写真=高橋信宏/2002年9月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
ホームへ戻る