メルセデス「Cクラス」一部改良、「C 55 AMG」大幅値下げ

2006.03.02 自動車ニュース
 

メルセデス「Cクラス」一部改良、「C 55 AMG」大幅値下げ

ダイムラー・クライスラー日本は、「メルセデス・ベンツCクラス」のセダンとステーションワゴンの一部を改良し、2006年3月1日に発売した。

 

これまでの、スーパーチャージャー付き1.8リッター直4搭載「C180コンプレッサー」は、装備を充実させ、引きつづきエントリーグレード「C180コンプレッサー・アバンギャルド」として販売する。
クローム付きのハイグロスブラックフロントグリルやフロントスポイラー、本革巻きステアリングホイールやブラックバードアイメープルウッドのインテリアトリムなど、アバンギャルド仕様で飾られ、バイキセノンヘッドランプやコーナリングライトなど装備が盛り込まれた。

そのほかのセダン、ワゴン各モデル(C200コンプレッサー、C230アバンギャルド、C280アバンギャルド、C280 4MATICアバンギャルド)にも、バイキセノンヘッドランプ、駐車場や狭い場所での運転操作をサポートする「パークトロニック」などを追加。
さらにセダンには電動ブラインド(リアウィンドウ)を、ワゴンにはプライバシーガラス(後席左右・ラゲッジルーム)を標準装備し、機能性・快適性の向上を図った。

価格は、C180コンプレッサー・アバンギャルドを従来比10.5万円高、409.5万円とし、そのほかは据え置き。高性能版「C 55 AMG」は73.5万円も値下げされ、セダンが892.5万円、ワゴンは913.5万円のプライスタグを付ける。

(webCG 有吉)

 


メルセデス・ベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る