スズキ、2007年からWRC参戦決定【ジュネーブショー06】

2006.03.02 自動車ニュース
【ジュネーブショー2006】スズキ、2007年からWRC参戦決定

【ジュネーブショー2006】スズキ、2007年からWRC参戦決定

かねてから噂されていたスズキの世界ラリー選手権(WRC)参戦が、2006年2月28日のプレスデイで開幕した第76回ジュネーブモーターショーで公式に発表された。




【ジュネーブショー2006】スズキ、2007年からWRC参戦決定

「イグニス」(日本名「スイフト」)でジュニア世界ラリー選手権(JWRC)に参戦し、2004年にはドライバーズチャンピオンを獲得するなど、ラリーでの経験を積み重ねてきたスズキが、2007年、いよいよトップカテゴリーのWRCに挑戦する。

実戦で得たノウハウを市販車にフィードバックするというのは自動車メーカーの常套句だが、スズキをワールドブランドとして認知させるための有効な手段として世界選手権のラリーが選ばれた。

マシンはフィアットと共同で開発し、ハンガリーで生産される新型「スズキSX4」ベースで、ジュネーブには試験車両「スズキSX4 WRCコンセプト」がブースに展示された。
「J20」2リッターターボは320ps、65.0kgmを発生。5段シーケンシャルトランスミッションを介し、前後に機械式デファレンシャルギア、センターに電子制御デファレンシャルギアを装着したシステムで四輪を駆動する。

プジョーや三菱、シュコダなどメーカー系ワークスチームが相次いで撤退しさびしい状況にあるWRCだが、スズキの参戦がはずみになるだろうか?

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。