フェラーリ“最強のベルリネッタ”「599GTBフィオラノ」【ジュネーブショー06】

2006.03.02 自動車ニュース

【ジュネーブショー06】フェラーリ“最強のベルリネッタ”「599GTBフィオラノ」

2006年2月28日のプレスデイで開幕した第76回ジュネーブモーターショーで、フェラーリは、「550マラネロ」とその発展版「575Mマラネロ」の後継となる2シータークーペ「599GTBフィオラノ」を発表した。

599=エンジン排気量5999cc、GTB=Gran Turismo Berlinettaに、跳ね馬専用のテストコースの名前を添えた「フェラーリ599GTBフィオラノ」。スーパーモデル「エンツォ」を除けば最強という12気筒ベルリネッタとしてジュネーブに登場した。

エンツォ由来、65度バンクの6リッターV12は、575Mマラネロの5.75リッターユニットを105ps引き離す、620ps/7600rpmを発生。1リッターあたり103psというアウトプットは、同排気量の量産NAエンジン初、とフェラーリは胸を張る。最大トルクは、62.0kgm/5600rpmだ。

ピニンファリーナが手がけたフォルムを纏うボディはCd値0.336。全長×全幅×全高=4666×1960×1336mm、ホイールベース=2750mmで、「F430」や「612スカリエッティ」など近年のフェラーリ同様、オールアルミのボディで軽量化を図った。乾燥重量は約1580kg、パワー・トゥ・ウェイト・レシオは2.6kg/psと立派な数字だ。

パフォーマンスは、0-100km/h加速が3.7秒、最高速は330km/hとこれまたスーパーである。

トランスミッションは、6段マニュアルと、パドルシフトのセミオートマチック。「F1 SuperFast」と命名された「F1」の進化版セミATは、シフトタイミング0.1秒という早業をこなす。

より簡単にスムーズなドライビングを楽しめるという「F1トラック」も採用。システムが走行状況を把握、計算し、パワーを調整しながらトラクションを最適化、最大のグリップを得られるようにしたトラコンである。
さらに、電制マグネティックダンパー「SCM」や、ステアリングホイール上に備えられるスイッチで走行モードを選択できる「MANETTINO(マネッティーノ)」などハイテク装備も満載する。

(webCG 有吉)

 
フェラーリ“最強のベルリネッタ”「599GTBフィオラノ」【ジュネーブショー06】の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【レビュー】 2017.7.26 試乗記 さらなるパワーと洗練を得て「ランボルギーニ・アヴェンタドール」が「アヴェンタドールS」に進化した。その実力を試す舞台に選ばれたのは鈴鹿サーキットだったが、ご覧のとおりの悪天候。このコンディションだと、いかに「S」といえども……。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る